美しき虹のかけら

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ヤン・ハルドフ、ベン・フォルスランド、スティグ・クラウソンの共同になるシナリオを、ヤン・ハルドフが監督した青春もの。撮影はグンナール・フィッシャーとペーター・フィッシャー、音楽はクラウス・アフ・ジェイエルスタンが担当している。出演はモデル出身のモニカ・エクマン、目下スウェーデンでもっとも人気のあるポピュラー・グループ“オーラとジャングラーズ”のリーダーのオーラ・ハカンソン、他に、ベント・エケロート、トマス・ヤンソン、ラルス・ハンソンなど。

1967年製作/スウェーデン
原題:Ola & Julia
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

スウェーデンきっての人気をもつグループサウンズ“オーラとジャングラーズ”のリーダーであるオーラ(O・ハカンソン)と旅まわりをしながら前衛劇を続ける小劇団の女優ユリア(M・エクマン)は、ふとしたきっかけで知り合った。二人の巡業先が偶然にも一致していたということも手伝い、二人はたがいに好意を持つようになり、仕事の合い間にこっそりと逢うようになった。そのうちオーラは、ユリアに同じ劇団にはたらく恋人がいることを知ったが軽いくちづけを交して以来、日に日にユリアへの恋は燃えあがってゆくばかりであった。だが、二人がデートを重ねるにしたがい、劇団やグループの連中は仕事に支障をきたすようになり、二人の恋に対して批判的となっていった。そしてマネジャーや団長から、二人はそれぞれデートを禁止された。そのむしゃくしゃした気持が、二人をつまらない原因から喧嘩させてしまった。が、いざ会わないでいると毎日が耐えられず、オーラはやもたてもたまらず、ユリアに電話、二人はニーナシェムという巡行先で会うことにきめた。ところが、その町に向う途中、オーラたちの乗った車は思わぬ自動車事故を起した。一刻も早くユリアに会いたいナーラは、救援車が乗るまで待てというマネージャーの言葉をふりきり、仲間との絶交を覚悟で、一人ニーナシェムに向った。暗く人気のない公演会場で、ユリアは一人で待っていた。オーラの無事な姿に、ユリアの瞳には大粒の涙があふれた。走り寄り、無言のまま二人は抱きあうのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く