情無用のならず者

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マリオ・ディ・ナルドの原作をルイ・バヨナスが脚色、ヌンチオ・マラソンマが監督したイタリア西部劇。撮影はステルヴィオ・マッシ、音楽はフランチェスコ・デ・マージが担当。出演は「さすらいの一匹狼」のクレイグ・ヒル、ジョージ・マーティンなど。イーストマンカラー、クロモスコープ。

1967年製作/イタリア・スペイン合作
原題:Dirty Fifteen
配給:NCC

ストーリー

年頃の娘二人と暮らしていた未亡人の一家がみな殺しになるという事件が起った。疑いは、その頃村人を恐れさせていた、ビルとカッセルひきいる二組の山賊団にかかった。村では彼らをとらえリンチにかけようと、殺された娘のフィアンセであったスティーブをリーダーに迫手を組織した。だが、二組の山賊たちにとってはこんどばかりは無実の罪だった。かといって弁明がとおるわけもなく、そこで二組十五人が力を合せて逃げることになり、牧師の妻バーバラとバーテンとを人質に、砦に逃げこんだ。迫手は、砦を包囲し、妻を人質にされた牧師が、危害を加えないことを約束に、話し合いをよびかけた。山賊たちもそれに応じ、姿をあらわしたが、その時、迫手の中にいたダニーというならず者が突然発砲し、山賊の二人を殺した。話し合いのチャンスは絶えた。山賊たちは必死の抵抗を試みた。戦いは連日連夜続けられた。人質となったバーバラは、その間に山賊たちがこの事件では無実であることを信じるようになった。一方、迫手側では長期戦で食糧が不足となり、スティーブとダニーが、食糧をとりに帰ることになった。その途中、スティーブはダニーこそが、未亡人一家殺しの犯人であることを発見した。だが、そしらぬ顔でスティーブとダニーが砦に引きかえした時、追手側は総攻撃を開始していた。山賊たちは次々と殺され、ついにはビルとカッセルを残すのみとなった。二人は、捕えられてリンチをうけるより、互いに殺し合おうと決心していた。一方スティーブの口からダニーが真犯人であることを知らされた保安官は、ダニーを話し合いのため砦に向わせた。ビルの銃に残っていた最後の弾丸が、ダニーを倒した。村には再び平和がおとずれた。ビルとカッセルは二度と悪事を働かぬことを約束、いずこともなく立ち去った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る