ルスランとリュドミーラ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

異国の侵略者からロシアを守った男の幻想的な冒険綺譚を描く。監督・脚本はアレクサンドル・プトゥシコ、原作はアレクサンドル・プーシキンの詩集(「プーシキン全集1」河出書房新社刊)、撮影はイーゴリ・ゲレインとV・ザハーロフ、音楽はチーホン・フレンニコフが各々担当。出演はワレリー・コージネツ、ナターリヤ・ペトローワ、ウラジミール・フョードロフなど。

あらすじ

古代キエフ公国の全盛時代。ルスラン(ワレリー・コージネツ)は、異民族の襲撃よりロシアの古都キエフを守った。この民族的英雄のルスランは、その勲功を大公より称えられ、王位継承者に選ばれ、そして娘リュドミーラ(ナターリヤ・ペトローワ)の婿となった。そしてその婚礼の夜、リュドミーラは魔法使いチェルノモール(ウラジミール・フョードロフ)にさらわれる。大公は悲嘆にくれ、ルスランらに娘を捜すように命じた。たが彼らの行く手をふさぐ障害の数々--。やがてルスランはリュドミーラをさらったのがチェルノモールであることを知り、リュドミーラと再会する。そして、折しもキエフを包囲していた異民族と戦っていたキエフ国の軍隊も、ルスランの帰還で俄かに活動でき、敵を打ち破り、再び平和が訪れるのであった。

1972年製作/ソ連
原題:Ruslan and Lyudmila
配給:東映洋画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く