ルース乗り出す

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ヘンリー・W・サヴェジ氏の演出によって知る人ぞ知る、原作はフランスの舞台喜劇でホールマン・ディ氏が改作したもの。脚色はウィニフレッド・ダン女史が担当し「少年ロビンソン」「滑稽恋愛三代記」等と同じくエドワード・クライン氏が監督したもので、主役は「恋盗人」「焼き餅禁物」等主演のヴァイオラ・ダナ嬢で相手役は「猛犬は裁く」「処女時代」等出演のレイモンド・マッキー氏でタリー・マーシャル氏、ウォルター・ハイアース氏、ヴィクター・ポーテル氏等が助演している。

1924年製作/アメリカ
原題:Along Came Ruth

ストーリー

気紛れ者のルース・アンプローズは気紛れにメイン州アクションという小さい町に訪れて来た。汽車の中で見識り合った青年弁護士アラン・ハバードの助言によってアランの伯父の家具店に部屋を借りることとなった。伯父は古風な男で店は少しも繁盛しないのを主人が集金に行った留守ルースは店の男と協力して店を掃除し陳列を整えて特売したので大勢のお客を呼び思わぬ金を儲けた。それを機として町の改革運動が起こり市長選挙の式などが行われることになった。ルースはアランと相愛の仲となり、アナベルという金持ちの娘やブラッドフォードという町の有力者が水を差そうと試みまた伯父の反対もあったが、若い者達の熱情は総ての障壁を破ってしまった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く