42 世界を変えた男のレビュー・感想・評価

42 世界を変えた男

劇場公開日 2013年11月1日
87件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

唯一のメジャー全球団で永久欠番「42」 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

黒人初のメジャーリーガー、ジャッキーロビンソンを題材にしたもの。
「世界を変えた男」というか「変えた人たち」かなぁ、ジャッキーはもちろんジャッキーの回りも素晴らしい。
相手監督に抗議したりみんなで42番着ようって言ったり。

せんにちこー
せんにちこーさん / 2019年1月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

野球版アメリカ史

中盤で監督が相手チームの軽率な監督に対して言った
「文句があるなら立場の弱い人間ではなく、言い合える者に言え」という言葉が、身に染みた。
立場の弱い者になら何とでも言えるのは、野球でも人種でも会社でも何に対しても当てはまる事だし、
心理だと思う。

主演のチャドウィックボーズマンのファンから入った本作だが、野球を少しかじった自分でも黒人初の大リーガーは知らなかった。
恐らく戦後、ナチス問題から人種問題へとシフトしている最中で、ジャッキーロビンソンの苦悩及び、オーナーのリッキーの本当の選球眼が垣間見れる本作だった。
観ていて心苦しい部分はたくさんあったが、これが史実でもあるしとても考えさせられる作品だった。

DK
DKさん / 2019年1月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

内角攻め

 黒人初のメジャー選手。デビューした1947年にはその年に初めて制定された新人賞を受賞、盗塁王も取っている。リーグ優勝への大きな原動力となるほどだった。その後には1949年に首位打者をとり、引退後には野球殿堂入り、死後にはジャッキー・ロビンソン・デーが設けられるなど、メジャーでは忘れてはならない人物のようだ(知らなかった・・・)。
 リッキーが契約時に、喧嘩をしないようにとか約束させるが、その意味がわかるのは3Aのオリオールズに参加したときから・・・とにかく人種差別主義者たちのブーイングが飛び、その怒号に打ち勝たねばならなかったのだ。彼の反撃する気持ちを抑えつけるのが最初の試練だった。悔しくてもやじに勝たねばならないこと。それが彼の精神をますます強くしてゆく。

 リッキー(フォード)の言葉に、「同情(sympathy)はギリシア語では苦しみを表す言葉だった」というのがなぜか印象に残る。苦しみを分かち合うことで同情が生まれるのだと・・・いいとこどりのリッキー(笑)。

 映像ではビーンボールを受けるとき、内角攻めをされるときの球筋!これがまた3Dでもないのに恐ろしかった。

kossykossy
kossykossyさん / 2018年11月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう一超え ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

面白いけども、もっとリアルを追求しても良かったと思う。

実際はもっとエグい差別や迫害を受けていただおろうから、そのあたりを見たかった。

宮西瀬名
宮西瀬名さん / 2018年10月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

めっちゃ泣きました

こういう映画、大好きなんです!
完全にツボでした。
唯一、ハリソン・フォードが、ハリソン・フォード感が強すぎて
どう見てもハリソンにしか見えなかったのが難点だったけど
ハリソンも好きだからOK!
人種差別とか、日本人には馴染みがあまりない話かもしれないけど
いじめとか、差別はあると思うので、人間として何が正しいのかを知らないといけないなと思いました。

Ariel
Arielさん / 2018年10月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動の実話

差別について考えさせられる映画
子どもたちに伝えていくべき素晴らしい映画

ロス
ロスさん / 2018年8月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロビンソンよりもブランク・リッチーが魅力的

テーマが人種差別だけに胸が痛むシーンが多い。
しかし徐々に受け入れられているロビンソンの姿がなんとも感動的。

ブランク・リッチーの見せ場が多く、彼の言葉や言動には惹かれてしまった。

cure0101
cure0101さん / 2018年4月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

「世界を変えた男たち」だな

最後まで頑張ったロビンソン。リッキーも最後まで支え続けた。歴史は一人では変えられない。勇気と希望の話。今では考えられないけど、昔は当たり前だった。歴史が証明するのだ。昔の道徳は今の道徳ではない。教訓としても観るべき映画でした。どうもありがとう。

Kentaro
Kentaroさん / 2018年3月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人種差別

この時代の大変さはよくわかりました。

kumakuma
kumakumaさん / 2018年3月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こういう雰囲気の映画好き

1945年終戦時からの話で、この時代の土臭い感じが好き。
演技もその時代っぽい雰囲気と、俳優さんが自然でよかったなー。

aoironomegane
aoironomeganeさん / 2018年1月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

野球愛 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

慣習やしきたりを変えるのは容易じゃない。

白人のみの世界へ飛び込んだJackie。彼の忍耐力と勇気は勿論ですが、野球という舞台が大好きだからこそ、(神の前でも胸を張れるような)誇らしく新しい世界に変えていきたいというRickeyの強い願いも同等に素晴らしいと思いました。Rickeyがチャンスを与えなければ、改革は何年も先伸ばしになったでしょう。有能な人材をより大きな母集団から選別したほうが良いに決まっています。そんな先見の明があるRickeyを、Harrison Fordが低音で話して熱演していました。

Dodgersの多くのチームメイトも、Jackieがヤジを飛ばされ、不当な扱いを受ける度に、人種差別がどんなものか身をもって経験したのではないでしょうか。

未だにアメリカがひとつになるのはまだまだ先のようですが…、どこの国でも歴史を乗り越えるのは簡単ではありませんね。

映画内では、Jackieが意外とスムーズにどんどん登りつめて行きますので、こまめにはさまれる奥さんとのやり取りを削って、もう少し野球シーンを増やしたほうが感動したかなと思います。

"I want a player who's got the guts NOT to fight back."

everglaze
everglazeさん / 2017年9月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

カラーラインを破った男の物語

予告編の映像が素晴らしすぎて、本編が少し残念であった。
何が残念かというと、黒人選手の苦労や苦難が予告編のほうが伝わったという点だ。
キング牧師の登場や、公民権運動のさらに20年近く前の話である事実を踏まえれば、もっと過酷で罵倒されたことは容易に想像できる。
とは、言いつつも、ジャッキーロビンソンにだけ焦点を当てるのではなく、その家族や、実際にメジャー契約をしたブランチリッキーにライトを当て、よりリアルに描いていたことは素晴らしい。
カラーラインを破った男ではあるが、ここからが始まりなのだということも伝わった。
ベーブ ルースはベースボールを変えた。
ジャッキー ロビンソンはアメリカを変えた。
この男がいなければ、オバマ大統領は誕生していなかったかもしれない。
邦題に加えられた「世界を変えた男」には、創作物以上のリアルがあることを感じさせてくれた。

ちゃーはん
ちゃーはんさん / 2017年9月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカの黒人差別がいかにひどいものだったのかがよくわかる。それが...

アメリカの黒人差別がいかにひどいものだったのかがよくわかる。それがどれだけ悪いことなのか、しっかり反省しなさいという映画。

残念ながら現実見ると、今もなお根強く残る有色人差別、アメリカ人よ、本当に反省してるの?

この映画、終始それ一色で、伴わない現実を鑑みると手放しで喜べぬ気になりました。
形だけの反省や感動はいらぬ。なぜか高評価をつけたくない自分がありました。そう、私はへしぼれなのです。もう少し、野球そのものの素晴らしさ等、人種差別以外の要素もあっていいのかなと思えました。そう、私はへしぼれなのです(笑)
ところで、へしぼれって方言になるのかな?なんとなくのニュアンスでわかって下さいね(笑)

はむひろみ
はむひろみさん / 2017年4月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

価値観の共有

世界を変えたとあるが、アメリカに新たな価値観を植えつけた人なんだろうと思う。そのプレーの再現以上の揺り動かす何かがそこにあったのだろう。しかし、その時代特有の熱量を共有するに至るには難しさも感じる。長嶋のプレーをビデオで見せられても、昭和の日本人と同じ感覚は共有できない。その当時の古い価値観を一度共有し、そのなかで湧き上がってくる新たな合意を感じれないと、本当の意味での再現にはなりづらい。少年の目を通し語られる場面もあったが、そのような域まで到達したかというと残念ながらそうではなかった。
ハリソンフォードが熱演。

Kj
Kjさん / 2017年4月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

尊敬。 新たな道を切り開く勇気、我慢する勇気。 そして、活躍できる...

尊敬。
新たな道を切り開く勇気、我慢する勇気。
そして、活躍できることがすごい。

ロニー
ロニーさん / 2017年3月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハリソンフォードに泣かされるとは…

鳥肌とはまた違い、凄まじく感情を揺さぶられた。
何と言ってもハリソンフォードが凄すぎる。
こんなハリソンフォード見たことない。
1度ジャッキーがキレるシーンは監督が見ている人もあまりにも辛いからキレるシーンを入れたそうで、実際は1度たりともキレなかったそうです。
本当に見て良かった、そして誰もが見るべき作品だと思います。
彼がどれだけ多くの人に勇気や希望を与えたか。
そして、最後にあの少年が…
ネタバレなので言えませんが、
彼の偉大さを決定的なものにしましたね。
毎年4/15はこれを見ようかな。

youth
youthさん / 2017年3月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

"右頬を打たれたら、左頬を出す勇気を"

スポーツ映画が好きなので鑑賞したが、黒人差別をテーマにした映画の中で一番好きな映画かもしれないと思った。実在した背番号42のジャッキー・ロビンソンの生き様を丁寧にかつ感動的に描いている。ガンジーの非暴力非服従の精神を持ち、自分を抑えても差別撤廃を訴える姿に感動した。本当に世界を変えた男だった。

ジンジャー・ベイカー
ジンジャー・ベイカーさん / 2017年3月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

よかった

野球が好きなので面白かったのだが、期待が大きかったせいか多少の物足りなさが‥
いい映画ですけど

うんこたれぞう
うんこたれぞうさん / 2016年11月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

記録より記憶に残る偉大な野球選手の物語

冒頭、ナイター設備もない粗悪な野球場でプレーをするニグロリーグの黒人選手たちが映し出され、人種差別との壮絶な闘いに身を投じることになるジャッキー・ロビンソンの物語は、静かな滑り出しを見せます。
今までロビンソンを詳しく知らなかった人も、この真実に基づいた物語に胸を締め付けられ、最後には惜しみない拍手を送ることになるでしょう。
当時「カラーライン」と呼ばれる有色人種への差別が色濃く残っていた時代に、有色人種排除の方針を貫いていたMLBにおいて、アフリカ系アメリカ人がプレーする事が如何に 大変だったのかがよく伝わって来ます。
欲を言えば、試合のシーンがもっとあっても良かったんだけどね。
ロビンソンには超人的な身体能力がありましたが、やはり差別に負けない精神力と忍耐力の強さが、人一倍凄かったんだなと思いました。相手の挑発に軽々しく乗らなかった勇気こそが、ロビンソン最大の武器だったのではないだろうか❓
彼の紳士的な振る舞いと気骨あるプレースタイルが、やがてチームメイトの心を突き動かし、ファンや敵チームの彼を見る目まで変えて行く過程に素直に感動を覚えました。
心底怒りを感じ、そして涙した野球映画に出合ったのは、これが初めてかもしれません。

2016年2月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ロビンソンの壮絶な選手生活 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

バスケ好きな僕がこの映画を観たいと思ったのは、黒人のスポーツ界進出という点に興味を持ったから。
映画を観て、以前まで名前すら知らなかったロビンソンに尊敬の心を少し持った。

個人的には『やり返さない勇気』という言葉がすごく頭に残り、それ以降日常でもたまに思い出すことがある。

実話だからこその、ありきたりなエンディングにならないあたり良かった。

Ryo
Ryoさん / 2016年2月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

87件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報