劇場公開日 2013年11月1日

  • 予告編を見る

42 世界を変えた男のレビュー・感想・評価

3.9103
25%
62%
12%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全103件中、1~20件目を表示

4.0至上初の黒人メジャーリーガーとして、幾多の差別や偏見を乗り越え活躍...

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

至上初の黒人メジャーリーガーとして、幾多の差別や偏見を乗り越え活躍したジャッキー・ロビンソンの実話を基に描かれた映画。
野球がしたい、野球を愛する気持ちは人種など関係ない。
純粋に野球を愛した気持ちが人々の気持ちを変え、野球界の価値観を変えていったのだろう。
そうした想いを持ったブランチ・リッキーとジャッキー・ロビンソン、彼らの勇気が世界を変えたことは偉大。
そんなブランチ・リッキーを演じたハリソン・フォードは貫禄があってよかったし、ラストは気持ちが晴れやかになるような余韻が残り、それと共に色々考えさせられ素晴らしい映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

5.0全ての差別主義の被害者必見

HILOさん
2022年6月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

黒人を人種差別する発端となった黒人奴隷制度(1640-1865の225年間)。日本列島は江戸幕府初期で徳川家康が天下統一した時期で所謂天下泰平の江戸時代。日本列島には黒人差別はなかったが士農工商に基づく武士の傍若無人な態度が目立つ人種差別があった(切捨御免)。
最後に背番号42番はMLBでは永久欠番だがプロ野球は永久欠番ではないので、
外国人助っ人にはエースナンバー。

•西武のカブレラ
•ベイスターズのブランコ
•巨人のボウカー
•中日のブラッドリー
•カープのバリントン
•阪神のコンラッド
•日ハムのアブレイユ
•ホークスのパディーヤ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HILO

1.0伝記映画だから仕方ない。

マサシさん
2022年6月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

伝記映画だから仕方ない。
これから、20年経ってやっと公民権法だから、かなりの先駆者であることは間違いないが。
アンクル・トムの話。

最後にJAZZぽい歌が流れるので、調べたら、カウント・ベイシーだった。『私を野球に連れて行って』をジャッキー・ロビンソンにかけて作曲された歌のようだ。曲調はおどけた馬鹿にしたような曲に聞こえる。
やはり、ジャッキー・ロビンソンを使ったコミッショナーの本音は、野球を興行としてとらえて、そこに黒人を登用することで、奇をてらった面白さがあると直感したのだと思う。つまり、『世界を変える』と言った大義名分では無く、『黒人のジャズ』で儲ける白人興行主と同じ発想なのではないかと思う。残念ながら、この映画は、事実に基づく、フィクションだと思う。

日本では差別用語になっていないのかも知れませんが『ニガー』『ベトコン』『北朝鮮』は明らかな侮蔑言葉だと、日本人は知るべきです。『ブラック』『南ベトナム解放民族戦線』『朝鮮民主主義人民共和国』が正式です。しかし、表現するのは自由ですから、強要されるものではありませんが、それが侮蔑な言葉と知らないで使うと、自分の恥をさらすと言う事です。僕もそう言ったことには気をつけています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサシ

5.0Real(真・現実)な十倍返し。 好きが世界を変える。

2022年6月16日
PCから投稿

泣ける

幸せ

萌える

とにかく見るべき映画です。
人間の底力を信じさせてくれる、爽快な良質の映画です。
ディズニーのファンタジーでなく史実というのが嬉しい。

差別とかは比較的あっさり書かれてます。本当はこんなものではなかったでしょう。展開も人の善の部分がクローズアップされており、ご都合主義と言えなくもない。でもだからこそ、誰にでも―子どもでも見ることができるように仕上がっています。
 (差別する側の卑劣な行為は、子どもに見せたくないような気もしますが、ロビンソン氏に同化することによって、その言葉がどんなに傷つくのかを理解することができる。そして、その傷を跳ね返す方法が秀逸。自分のやるべきことをすることで、周りに自分を認めさせることができるということを体験できるかなと思います)

機内で日本語吹き替え版を鑑賞しました。
野球解らないし好きじゃないからと、感情ポルノなんだろうなと、スキップしようとしていた映画。スキップしなくてよかった。観てよかった。

アメリカ・カナダで野球映画史上最高のオープニング記録を打ち立てたそうです。 後からじわじわきます。

野球ファンなら誰でもご存じのジャッキー・ロビンソン氏を描いた映画です。まだ黒人差別が顕著だった頃にメジャーリーグに入団、その実力・態度によって周りの白人に認められていき、黒人選手(有色選手=イチローとかも)が活躍する道を切り開いた人です。

奇をてらうような演出はありません。
どんな嫌がらせを受けてもひたすら「野球をしろ、結果を残せ、そして紳士であれ」を貫き通しました。
元々キレやすい人だったのに「勝つためにここにいるんだ」「ユニフォームが着られるならそれでいい」と(多分自分に)言い聞かせ、がんばります。こんなに好きに打ち込めるんだ。
  ㊟映画では「元々キレやすい」と表現されていますが、実際の人物は温厚だったとか。否、それって、当時の差別の中で慣らされて怒ることを忘れさせられていただけじゃないか、それだけ差別が浸透していたのでは?とは、私の邪推。

リッチー氏によって見いだされ、差別の渦中に放り込まれる。リッチー氏の英断がなければ実現しなかった偉業。
 でも、そのリッチー氏の期待に、忍耐に次ぐ忍耐で、応えていったロビンソン氏。どんなに、才能あふれて、成績を残したとて、もしロビンソン氏がキレまくって暴力事件等を起こしていたら、人々の共感は得られなかった。才能よりも何よりも、その精神力に驚嘆し、敬意を捧げます。
 そして、そのロビンソン氏を支える人々の輪が少しずつ増えていく。

この映画がオープニング記録を打ち立てる、それだけでもどれだけジャッキー・ロビンソン氏が人々から敬愛されているかを示しているのだと思います。

盗塁、ヒットやホームランを打つ場面では声をあげそうになりました。

打席に立った時に頭めがけてボールを投げられる、そんなことが続いても、出塁したチャンスを盗塁という形で活かしてお返しをする。そんな切り替えの強さ、撃たれ強さ、見習いたいです。
 それでもやっぱり落ち込む、そんな時にサポーターから言われた言葉「白人の子どもが君のまねをしている」。子どもはいつでも良いものを見抜く力を持っているんですね。

真の十倍返しってこういうのを言うのですね。でも言うは易く行うは難し。ジャッキーの偉大さと本当に野球が好きだったんだなとしみじみとくる。

出る杭撃たれた、そんな気分になった時、野球ファンでなくとも思い出したい映画です。

追記:
主演のボーズマン氏。伸びやかな演技。これからを楽しみにしていたのに。もっと観ていたかった。惜しいです。合掌。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とみいじょん

5.0野球ファン必視作品

越後屋さん
2022年1月15日
PCから投稿

オープニング「42」のタイトルバックだけで泣きそうです。
映画としてどうの、という評価はどうでもよろしい。
およそ野球を愛する者は必ず観なくてはいけません。
アメリカ社会史においても野球史においても極めて有名なお話なのに、なぜかやっと映像化された、ってとこです。
苦悩する栄光のJB、重厚且つ一徹なBR、共に42番を語るに相応しい名演技です。満点でない理由なし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
越後屋

5.0俺がどん人間か見てもらいたいんだ。

2021年8月17日
Androidアプリから投稿

泣ける

楽しい

興奮

ジャッキー・ロビンソンは、確かに世界を変えたな。
隔離政策こんなひどいとはわかっていたけど。もっとひどいだろうな。

フィリーズ戦、チームメイトが歩みより、今日は家族がきている、自分がどんな人間か見てもらいたいんだ。セカンド付近で抱き合う二人。

涙があふれた。ここがピークだった。

世界を変えたのは、ジャッキーであり、オーナー!?のリッチーだった。
右頬を打たれたら左頬をだせばいい。キリスト教からの言葉深いな。
リッチー、がやり返さない勇気を持てと最初にいう。覚悟が最初から、にじみ出ていた。
フィリーズのオーナーが試合放棄する電話をかけてきたが、死んだときに神の前で審判を受けるときに、黒人だったから、フィリーズは出なかったと言えるのか!!と言い放つ迫力。最高だった。
また、白人の子供がジャッキーのしぐさを真似していた話をしたがこれも世界を変えた象徴的なシーンだ。

また、彼が、ジャッキーに、最後に黒人の親しい友人を守れなかったことが原動力だったことを告白する。最高によく出来た映画だ。

森喜朗が、聖火ランナーには、純水な日本人にやって、ほしかったとオリンピックのさなかにいった。

元総理がいうんだから、日本人は、この程度の人権意識だ。

島国根性ここまできたら、もう人間失格である。

まあ、それは別としても、野球映画では、フィールドオブドリームスも良いが、こちらも良い。ただドリームではなく、こちらは、リアルな現実で、かなり、ささった。

野球シーンが本当によくできていた。
みんな本格的な野球の技術があるのは、一目瞭然だし、速球の臨場感もつたわる。

何をとっても、ツッコミどころがないくらい精密にできた映画だった。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 4 件)
れいすけ(休眠中)

4.0悲しみと感動で何度も涙した

emさん
2021年8月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
em

3.5チームの力

2021年8月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー

5.042世界を変えた男

m@_@mさん
2021年8月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい事実

でも世の中は変わる

いや、

一部の間違った行動で

静かに生きる人が迷惑する

形が変われど

この方程式は変わらないだろう

悲しけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
m@_@m

4.0ハリソン抜きでは成立しない

2021年3月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

内容は文句なし。素晴らしい映画です。

ま、野球に興味のない人には響かないでしょうね。

それにしても、ハリソン・フォードがかつて、インディ・ジョーンズや、ハン・ソロを演じていたことが信じられなくなるくらいに、今作でのハリソンは芸風を変えているように感じます。

近作での、ニュース番組のアンカー役、カウボーイの親玉役、製薬会社とやりあう学者役あたりから、頑固で信念を貫き通す老人のキャラクターがパターン化していますが、今作には、さらに言葉の力や情念みたいなものが宿っているようです。

主役のチャドウィック・ボーズマンは完全に食われてますね。
ハリソン抜きにこの映画は成立しません。

「ジャンゴ 繋がれざる者」で、クリストフ・ヴァルツがオスカーを取りましたが、ちょっと役どころ似ていますね。

2014.7.8

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

3.5いいものを観た。

2021年1月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

初の黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの物語。
人種差別の激しい時代、冒頭のシーンでオーナーから君が成功する方法は2つしかない。
立派な紳士であり、偉大な選手だと示す事だ。
を様々な嫌がらせを乗り越え実践していく展開

周りの環境にイラついても仕方ない。努力して認められることで環境は変えられると教えてくれた映画。
一緒にシャワーを浴びようぜ、変な意味じゃないぞ 笑 もチームメイトから受け入れてもらえた事がわかるいいシーンだった。やっぱり男は裸の付き合い大事だよね。正月からいいものを観た。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
movie freaks

4.0信じ続ければ、世界は変わる。

としさん
2020年9月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年9月17日

映画 #42~世界を変えた男~ (2013年)鑑賞

アフリカ系アメリカ人初のメジャーリーガーとなった #ジャッキー・ロビンソン の伝記映画
42番はアメリカ・カナダの全野球チームで永久欠番

#チャドウィック・ボーズマン 亡くなっちゅったね。#デンゼル・ワシントン の後継者だったのに😭💦

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とし

5.0世界を変える、ということ。

2020年9月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、VOD

泣ける

 Amazonプライム・ビデオでレンタルして2回目の鑑賞。

 メジャーリーグ初の黒人選手、ジャッキー・ロビンソンの半生を描いた伝記映画。黒人差別がまだまだ色濃い時代に、このような出来事があっただなんて…。成し遂げられた偉業に、初見時も今回も涙が止まりませんでした…。

 ロビンソンの不屈の精神は、初めは懐疑的だったチームメイトの心を動かし、多くの理解者を生み出して、周囲の意識を変えていきました。“不屈の精神”と云っても、度重なる差別や理不尽な迫害で挫けそうになる瞬間が何度もありました。その度に再び立ち上がることが出来たのは、家族やリッチーなどの心強い味方が支え続けてくれたから…。だからこそ成し得た偉業だったのかもしれないなと思いました。

 パイオニアの物語には、必ず胸を熱くさせられます。
 世界を変えることは容易でないからこそ、その偉大さ・尊さは永遠に語り継がれ、誰からも称えられる存在となる。
 勇気を持って、最後まで諦めなければ、どんな困難にも立ち向かえるし、どんなことだって成し遂げられるのかも…。

――

 追悼、チャドウィック・ボーズマンさん―。
 今では「ブラックパンサー」でのティ・チャラ/ブラックパンサー役の印象が強いですが、初めて彼を知ったのは本作を観たときでした。本作と云い、「ブラックパンサー」と云い、彼の出演作は強いテーマ性を持っていて、観る者に語り掛けて来る作品が殆どだったなと改めて思いました。それらは確実に、世界を変えるための一助となったはず…。
 心よりご冥福をお祈り申し上げます。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 7 件)
しゅうへい

3.0そういう人がいました、という話

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

見る側に予備知識や体感や経験などをシコタマ要求する映画でした。

しかしアメリカ人でもない私が、米国ではないところで観てしまった場合、そういう人がいたんですね、そりゃ米国は大変ですね、と思うだけ。

そういうわけで、ハマる人はハマる映画なのでしょうけど、私には「べつに~」って感じだけでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

4.0涙腺が緩み放しでした。

刺繍屋さん
2020年7月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
刺繍屋

3.5道を開く苦労!

2019年11月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

黒人初のメジャーリガーのジャッキーロビンソンの話。
ブルックリンドジャースに入った。
GMには、ハリソンフォード。
まだまだ人種差別の激しいアメリカ
やはり、仕事で実力を魅せるのがプロだね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
大阪ぶたまん

4.0自立したアフリカンアメリカンの勇姿。

2019年10月25日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ネイモア

4.0MLBでは選べない「42」

2019年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

何故大リーグで「42」番が永久欠番なのか、
何故来日するアメリカ系の選手が好んで「42」を付けるのか、
という事が分かる史実。
フロンティアとなったジャッキーロビンソンも偉いが、
彼を入団させたチームオーナーも偉い。
以前から、何故ジャッキーを入団させたのか疑問だったが、
動機は少し薄いかな・・・。

史実なので脚色は少なく、話の起伏もさほどない。
しかし、態度が変わっていくチームメイトには感動。
「オレもただ野球がやりたいだけなんだ」
そじて、最後まで変わらないヤツがいるのも事実だったのだろう。
パイレーツの見る目が変わったw。

同じ大リーグ映画なら、マネーボールの方が面白い。
こっちはホントのいい話。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
クリストフ

4.5チャドウィック・ボーズマン出世作

NOBUさん
2019年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

幸せ

黒人初の大リーガーになった男が実力で周囲の差別意識を突破していく姿に感嘆した。彼を支える妻の姿も含めて、爽快感も半端ない。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 9 件)
NOBU

3.5唯一のメジャー全球団で永久欠番「42」

2019年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
せんにちこー
「42 世界を変えた男」の作品トップへ