「三吉彩花さん最高!」旅立ちの島唄 十五の春 星織音さんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

旅立ちの島唄 十五の春

劇場公開日 2013年5月18日
全7件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

三吉彩花さん最高! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

旅立ちの島唄 ~十五の春~

今日、観た映画は、なんと、800円で観れました。

少し前に公開された映画で地方巡りをしているようです。

最初に上映された映画館が少なくて、隣の大分県まで行こうかと思ったのですが、諦めていたら、

今回、映画がやって来ました。

南大東島の中学生が、島に高校が無いため、那覇市の高校に進学するまでの話です。

五人家族だったんですが、子供達が進学する度、那覇市に行ったっきり、那覇市に住みついて戻って来ません。

お母さんまで、お姉ちゃんと一緒に那覇市に住みついて、お父さんの元へは戻って来ません。

高校の面接の時に、お父さん役の小林薫さんと、主人公の三吉彩花さんが高校を眺めます。

この高校のOBでもある、お父さんが言う、
「お父さんも、この高校に通っている時、南大東島出身は、一人だけだったから、みんなから、南大東くんと呼ばれていた」という話には、主人公である娘も大ウケしていると同時に、凄く動揺していました。

自分には、そんな家族と離れ離れになる悲しみは、ちょっと難しかったんですが、

主人公と普段、手紙で付き合っている隣島に住むボーイフレンドは可愛いそうでした。

彼には、体の具合の悪いお父さんと沢山の弟や妹がいました。

最初は、彼女と同じ高校に進学すると言っていたんですが、お父さんの具合がさらに悪くなり、中学を卒業したら漁師になると言い出しました。

そして、驚いてやって来た彼女に、
「もう会えなくなると思う」と言います。

すると、彼女は、
「なんで、そんな事言うの?」と言います。

それならとばかりに、彼は、彼女を抱きしめようとします。

すると、彼女は、
「今は、まだ嫌!」と拒否します。

次に、彼は彼女を押し倒します。

だけど、彼は泣いて、何もしません。

彼に感動しました。

たぶん、彼の、これからの将来は暗いけど、自分の運命を受け入れようとしています。

この映画では、彼は、彼女の単なる踏台のように感じました。

彼女は、那覇市の高校に行って、立派に成長する事を願います。

最後に、三吉彩花さんの可愛さに、5☆です。

星織音
さん / 2013年12月2日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報