「南大東島からの進学」旅立ちの島唄 十五の春 Cape Godさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

旅立ちの島唄 十五の春

劇場公開日 2013年5月18日
全7件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

南大東島からの進学

総合:65点 ( ストーリー:65点|キャスト:65点|演出:65点|ビジュアル:70点|音楽:75点 )

 南大東島といえば、台風接近のときにこの島からどの方向の何キロ沖合いを進んでいます、という天気予報で聞くくらい。だがその島の中学生にとって、進学とは人生の岐路にもなる大きな出来事なんだという島独自の事情がわかる。想いを込めた島唄の調べと歌詞が印象に残った。
 その反面、色んなことが詰め込まれているわりにそれらの出来事については淡々と話が進むし、大きな流れや主題という点では心に残りにくかった。もっと物語構成や演出に工夫があっても良かった。

 自分には縁のない島だと思っていたが、こうやって観てしまうと今後は台風接近のたびに思い出して気にかかるようになりそうだ。

Cape God
さん / 2015年9月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報