「王道なんだけど」白雪姫と鏡の女王 ましろさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

白雪姫と鏡の女王

劇場公開日 2012年9月14日
全50件中、37件目を表示
  •  
映画レビューを書く

王道なんだけど

あぁ、現代がつくるファンタジーだな、という感触。
繊細な映像美であるのだが、どうも視覚ばかりに意識がいってしまう。

ストーリーとしては王道。
なのだが、期待していたファンタジーさが薄い。
どうも「鏡」の存在が薄く、人対人のどろどろしさが目立っていた。
詰め込みたいことが多かったのか、整理できておらずバランスが良くない。
テンポ感は悪くなかっただけに、勿体無い。

ただ衣装はすごくすてき。衣装の為にもう一度観てもいいくらいだ。
それと小人たちのキャラクターは良かった。

昼下がりにお茶でも飲みながら観る分には十分楽しめるかな。

しかし、エンディングのインドっぽさは何なんだろう。
と、何人の方も言っておられるだろう一言で締めます。

ましろ
さん / 2013年4月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報