劇場公開日 2012年2月25日

  • 予告編を見る

英雄の証明のレビュー・感想・評価

3.16
13%
26%
52%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全6件を表示

3.0哲学の撃鉄

DWK9さん
2020年2月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

現代戦のリアリティ皆無、セリフの冗長。
「なんちゅう詰まらん映画だ」と思ったが、観終わって間もなく考え直した。
これは斬新な映像表現のレトリックかもしれない。

怒り、慈しみ、憤り、悲しみといった人間たちの感情が際立っている気がしなくもない。
古代を乱暴に現代へ当てはめるという制作過程が、結果的にあらゆる表現を記号化しているからだ。
目指したのは、戦争ひいては人社会のデフォルメというべきか。

ゆえに「役者の演技や舞台セットなどは最低ラインを超えていれば良い」という意図まで透けて見える。
場合によっては、製作者はシェイクスピアである必要性は無いとまで考えてるかもしれない。
演技もカメラの構図も音楽も、最低ラインさえ超えていればそれで良いや、と。

奇妙さが、物事への思考を巡らすきっかけとなる。
気づけば「戦闘とは、いやいや戦争とは、そもそも人とは……」と考えていた。

劇的すぎる。
その違和感が思考の雷管を叩き、不知の知に至る。

この、映画を娯楽と思ってないかもしれない監督の頭脳は、
曇りがかった頭脳の持ち主である私には計り知れない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
DWK9

4.0シンドラーのリストのアーモン・ゲート再び

カメさん
2019年5月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.8
シェイクスピアの作品を、現代の舞台で描く為、まるで戯曲を3D化した様な感覚になる作品。それによって違和感のあるシーンは多々あり、もう少し現代風にアレンジした演出や脚本でもよかったのではと感じる。
また撮影場所が、あまりにも低予算を感じずにはいられない背景なので、やや世界観の品位が落ちてしまうのは残念。
しかしながら、主人公であるコリオレイナスは、氷の刃のような青い瞳のレイフ・ファインズにうってつけな役柄であり、「シンドラーのリスト」のアーモン・ゲートさながらなキレッキレな演技。自身で監督主演したのも首肯ける。
母と妻にバネッサ・レッドグレーブとジェシカ・チャステインを迎え、脇も完璧な布陣である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カメ

3.0シェークスピア

kossyさん
2018年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 あらすじだけ読むと、まるで古代ローマ時代の映画かと思ってしまうが、現代に置き換えて作られた作品だ。

 冒頭では食糧不足などで暴動が起きるほど内部事情の悪い大国ローマがニュース報道によって描かれている。斬新だ・・・とも思ってみたが、ヴォルサイとの現代的戦闘シーンの後、オーフィディアス(バトラー)と直接対決となるマーシアス(ファインズ)はいきなり銃を捨て、ナイフだけでの対決。なんなんだ、この展開?銃撃戦のクライマックスをカンフーで戦う展開と一緒じゃないか(笑)。

 まぁ、その不自然な点は置いといて、最初の見せ場である、執政官へと推挙された直後の民衆の変わり身の速さには驚いてしまう。民衆を見下したような目と台詞、積もり積もっていた人々だったが、マーシアスを憎んでいた議員たちが一言煽ると次々と同調していく様子。政治家の傲慢さもさることながら、民衆も流されやすいことがわかる。最初は死刑を宣告されたが、友人でもあるメニーニアス議員(ブライアン・コックス)や母親(レッドグルーヴ)の忠告によって穏やかに対処し、追放という罪に収まった。そこからは放浪の旅。スキンヘッドだったマーシアスが長髪になるまでの期間歩き続け、敵国であるヴォルサイにたどり着き、ライバルのオーフィディアスに会う。そして、ローマ国に復讐のためヴォルサイの仲間になったのだ。誰もが恐れおののく軍人が敵国に下った。やがて彼らはローマに侵攻する・・・

 人間の心までも失った生粋の軍人マーシアスは元戦友の説得もメニーニアスの説得も受けない。おかげでメニーニアスは自殺。そして母親、妻(ジェシカ・チャスティン)、息子がローマを炎で焼き尽くさないでと説得に来て、心を動かされた。ついに和平交渉により講和条約を結ぶが、ヴォルサイでの権力者となってしまった彼はオーフィディアスによって処刑される・・・

 やはり現代劇では不自然さが目についてしまい、戦争の迫力は足りない。また、腐敗した政治家や、民衆の苦しみというサブテーマもどこかへ行ってしまい、普通の悲劇となってしまっている(シェークスピア劇なんだからしょうがないけど)。だからこんな変な邦題がつけられてしまったのか・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.5フワフワとした空気の悲劇

小二郎さん
2013年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

シェイクスピアが約400年前に書いた戯曲を現代に置き換えて映画化。

なんというか、お話が全然古びてない。正に今の時代の話じゃないかと思う。
いや、いつの時代に置き換えても通用する話なんだと思う。

邦題が「英雄の証明」となっているが、この映画のテーマは「英雄」ではないと、私は思う。

この話の中で強いのは、英雄よりもむしろ民衆だ。

民衆の情緒を基盤とした場の空気が政治を左右していく。
それに翻弄される将軍の哀れなことよ。
国を動かすのは民衆の人気や情緒や空気…一言で云ってしまえば衆愚政治の悲劇を描いている。
我こそ正義と信じて疑わず声高々に叫ぶ群衆の哀しきことよ。

自分の真の思いが民衆に全く理解されない将軍の怒りをレイフ・ファインズが渾身の演技で魅せる。
この戯曲を21世紀にチョイスした監督としてのレイフ・ファインズの胆力も、もっと評価されて良いと思う。
撮影が「ハート・ロッカー」のバリー・アクロイドという点も作品にとても合っていた。

そして、時代を超えて、社会とは何ぞやと観客に問いかけるシェイクスピアが、なにより凄い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
小二郎

4.5シェイクスピアと迷彩服とマスコミと

cmaさん
2012年6月12日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

知的

「英雄」で「証明」?! さっさとソフト化されるB級ハリウッド・アクションみたいな邦題だけなら、危うくスルーしていたかもしれない。名優レイフ・ファインズ初監督作品、そしてシェイクスピアの翻案、という前情報だけで観た本作。これが久しぶりの大収穫、得難い拾い物!だった。これだから、つくづく映画はやめられない。
正直、シェイクスピア翻案というだけなら、さほど食指は動かなかった。はるか昔にシェイクスピアが生み出した物語は、幾多の時を越え今もなお息づいている…という点に異論はない。けれども、なぜか翻案ものの多くは、「置き換え」の技巧が先立ち、生き生きと躍動するはずの物語はどこか硬直する。あえて視覚的・物理的な置き換えなくても、受け手が頭の中で日々の出来事を重ね、想像をふくらませれば十分…という気がしてしまうのだ。
それが、どうだろう。本作は、シェイクスピア翻案の私的ベストワン!と言いたい。ニュース映像をふんだんに取り交ぜ映し出される、とある国の紛争と政治。直情的な大衆と日和る政治家、もてはやしとバッシング。流麗な台詞回しがなければシェイクスピア劇だということを忘れてしまいそうな、「どこかで、幾度となく見た風景」が繰り広げられるのだ。
物語に引き込まれるうち、いつの間にか、迷彩服でマシンガンを乱射する兵士たちに、一枚布を纏い盾に剣、弓矢を手に戦う姿が被る。シュプレヒコールを上げ、デモンストレーションに没頭する群衆も同様。(ある意味、風呂に集う「テルマエ・ロマエ」の人々よりリアルに…。)マスコミ(テレビ番組)を利用した陽動作戦さえ、すでにローマの時代から使われていたテクニックであることを実感させられる。
絶望した男を救うのは男気溢れる敵にして同士…と思いきや。アジア圏の任侠ものやマフィアもののような男たちのドラマは脇に置かれ、無限に根を広げ絡み付くような血族(特に母子)劇が戦場で展開する。子に対峙し揺らがぬ軍母を演じたバネッサ・レッドグレーブが圧巻。最近では「ジュリエットからの手紙」など、思慮深く、心やさしくチャーミング、という役柄の彼女ばかりを観てきたので特に新鮮だった。軍服を着こなすその気迫ときたら! 男たちがかすむほどだ。
独裁政治が否定され、社会主義が崩れ、消去法的に民主政治(時として衆愚政治)が選択されている現代。例えば裁判員制度に時として見られ得るように、一握りの賢者の判断より、凡人の集まりである大衆の声が優先される。たとえ口先だけの政治家や愚かな大衆が闊歩しているとしても、味わいある台詞回しのわずかな片鱗を、時には耳にしたいものだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cma

3.5生き方

FUMITさん
2012年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

単純

信念を貫いて生きる....男としてはもちろん、人として憧れる生き方だよね。
でも、現実的には様々なシガラミや人間関係の中で、必ずしも貫き通せるものでは無いということは、俺自身40年以上生きてきて、イヤという程に実感してきたことだよ。
でも、だからこそ、揺ぎない信念を貫き通した人の姿にはある種の畏敬の念を抱かずにはいられない。例えそれが「不器用な生き方」だという側面があるにしても。

原題「Coriolanus-コリオレイナス」。シェイクスピアの戯曲を現代に置き換えて解釈し直した人間ドラマだ。
いや、シェイクスピアのそれと同様「悲劇」に分類されてもいい作品だったな。
結末の無情感は悲劇そのものだと思ったよ。

至ってシンプルな構図。
自分の信念を貫き、己に正直に生きる男。コリオレイナス。
決して自らが望んだわけではない権力の座を巡って仕組まれる謀略。
耐え難い屈辱の後に復讐の鬼となる彼。
そして、復讐の果てのほんの一滴の情が、彼を悲劇の結末へと導く。

彼が一体何をした?
誰に対しても正々堂々と、ただその信念を貫いただけではないか。
ただ純粋に生きただけじゃないのか。

哀しい物語だと感じたよ。

ただ、おそらく、コリオレイナス本人には悔いはないのかも知れない。
なぜなら、その最期まで信念を貫き通すことができたのだから。

主演はレイフ・ファインズ。あのハリーポッターで【ヴォルデモード卿】を演じた怪優。今回も坊主頭での出演だったよ(笑) 確かにあの頭は見覚えがあったね(笑)
無骨で短気な軍人を上手に演じていたように感じたな。うん。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
FUMIT
「英雄の証明」の作品トップへ