リンカーン 秘密の書のレビュー・感想・評価

リンカーン 秘密の書

劇場公開日 2012年11月1日
42件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

二刀流?

昼は大統領、夜はバンパイアハンターだったという(二刀流の?)リンカーンを描く、ティム・バートン製作のアクション。

内容は歴史を絡めただけの、ただの吸血鬼モノ。南北戦争の頃の歴史はあんまし詳しくないので、そのへんを知ってれば、もうちょい楽しめたかも…

リンカーン役のベンジャミン・ウォーカーが、全然リンカーンっぽくなかったんだけど、特殊メイクでどんどんリンカーンっぽくなっていくあたりはお見事(^^)b

ってゆーか、メアリー・エリザベス・ウィンステッドが、相変わらず変な髪型だわ…

n.yamada
n.yamadaさん / 2018年5月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大統領がヴァンパイアハンター

リンカーン大統領がヴァンパイアハンターとしてヴァンパイア達と戦います。
内容はいたって普通のアクション映画って感じで少しグロさだったり驚かされる演出もあります
自分がそうゆう演出とかアクションが好きではないので正直面白いとは感じませんでしたけど、飽きずには見ることが出来ました。

uk
ukさん / 2017年5月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

荒削りなホラー仕立ての大河ドラマ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ロシア人監督のベクマンベトフの映像センスには注目すべき点(特に馬の暴走シーン)はあるものの、ホラー映画としては怖さの微塵も感じられなかったバンパイア・ハンターもの。
エイブラハム・リンカーンは、実はバンパイア・ハンターだったと言う設定は確かに面白かったけど、バンパイアと闘う以外の大統領としての軌跡を忠実に描こうとするが故に荒唐無稽さに欠けてしまったのが残念。
また南北戦争で劣勢に立たされていた北軍の切り札(バンパイアたちの弱点が銀であること)を、すっかり忘れていたリンカーンのうっかりミスには思わずツッコミたくなる。
あゝ早く思い出していればあれほど戦死者を出さずに済んだのに。

2017年4月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっと題材を活かしてほしかった

リンカーン×ヴァンパイアというとても斬新な題材にもかかわらず、うまく活かしきれていないように思いました。

リンカーンを幼少期から描いているせいか展開が早く、ヴァンパイアハンターが本業?と思えるほどリンカーンの人間らしさを描いている場面の印象が薄く感じました。
対するヴァンパイア側も、何千年も生きていて無数にいるように描かれていましたが、ちょっとあっけないような…。

ショッキングな表現にこだわりすぎず、欲を言えばもっと登場キャラクターにスポットを当てほしかったかなという思いです。

あるぱか
あるぱかさん / 2017年2月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スタイリッシュ

多少グロく、心臓がドキッとするような演出も少しありましたが、それを除けば満足でした。

斧のアクションがめちゃカッコ良かったです。
あれが普通の銃なら、ありがちなバンパイアハンター映画だったかな。

終わり方も、私はなかなか好きでした。

ガブ
ガブさん / 2016年11月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

二部構成なら化けた

リンカーンがバンパイアハンターだったという設定だけだと無茶苦茶な話だが実際見てみると普通に面白い

ただ時間経過をすっ飛ばしていたり掘り下げるべき所を浅くしてあるのでアクションを抜くと薄っぺらくなってしまった様に感じる

その辺りを濃くするには時間も足りないから二部で撮れたら化けたと思うぐらいなんか惜しい

夢見る希望
夢見る希望さん / 2016年2月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像綺麗

アクション派手でよかったです

ゆた147
ゆた147さん / 2015年2月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予想通り

やっぱりつまらなかった。
途中から流し見でした。
ヴァンパイアと戦うシーン以外をもっと作りこんでほしい。内容が薄い。
ただ中世のような町並みの雰囲気は綺麗でよかった。

赤垣
赤垣さん / 2014年12月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ユニークな題材だけが面白い映画

ヴァンパイアに母を殺されたエイブラハム・リンカーン。ヴァンパイア・ハンターとなり、復讐を誓う…!

第16代アメリカ大統領リンカーンはヴァンパイア・ハンターだった!…というユニークな設定のアクション。
日本で言ったら、伊藤博文が妖怪ハンターだった!…みたいなものか。
大統領をアクションヒーローにしちゃう辺り、いかにもアメリカらしい。
斧を振り回して戦うリンカーンの姿は、強いアメリカの体現である。

でもこの映画の面白い所は、そのユニークな題材だけ。
そもそも、リンカーンである必要性も…?
若き日から始まり、大統領となって奴隷制度を廃止させる一通りの生涯も描かれているが、それとヴァンパイア・ハンターのどちらを焦点に絞りたいのかぼやけ気味。
それに、奴隷制度を廃止させるまでの苦悩の時期にヴァンパイア・ハンターまでしてたというのがどうも無理がある。
それならいっそ、ヴァンパイア・ハンターは若き日の知られざる逸話とした方が良かったかも?
原作批判で恐縮だが…。

監督ティムール・ベクマンベトフのビジュアル・アクションも特に目新しいものではなく。
製作のティム・バートン色も薄く。

近大
近大さん / 2014年9月25日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バンパイア映画もオプションが必要か?

ティムバートン制作の割りには内容がお粗末。リンカーン役のベンジャミンもオーラ不足だし銃が苦手な割りには斧が銃になってるし戦いの時やたら落とすしバンパイアは銀に弱い事かなりの長い間忘れてるし。バンパイア映画もオプションが無いとそろそろアメリカ人は食い付かないのかな?結局リンカーンじゃなくても良かったんじゃないのかな?
ちなみにバンパイア映画で疑問に思うんだが
バンパイアに噛まれた奴が人によって死んだり化け物になったりバンパイアになったのに人間の感情があるバンパイアになったりこの差は何だろ?ゾンビ映画みたいに統一して欲しい(笑)
結論的にはつまらなくはないが心に残るシーンは無いですね。

エイジ
エイジさん / 2014年5月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

脚本は面白いけど…

全体的にストーリー進むの早すぎて内容が薄い。
でも洋画苦手な人は見やすいかも!

S.I
S.Iさん / 2014年2月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

荒々しく粗々しい。

リンカーンの生涯や人間性との結びつきを、もう少しうまく見せられるはず。アクションにとどまらない人間ドラマで、映画にもう一歩説得力を!

ゆうていみやおう
ゆうていみやおうさん / 2014年1月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヴァンパイア?それともゾンビ? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

リンカーン大統領は実はヴァンパイア・ハンターだった!というかなり大胆な歴史改変(?)もの。
幼少時に母親をヴァンパイアに殺されたエイブラハムが復讐の為ヴァンパイア・ハンターとなる前半と政治家となり大統領上り詰めた彼が再び南軍のヴァンパイア兵士と戦う後半にざっくり分けられる。

これを楽しめるかどうかは、大統領がヴァンパイア・ハンターだったという設定を面白がれるかどうかなんだろうが、正直これを面白いとは思えなかった。それでも、キャストが魅力的で感情移入出来れば良かったのだが、全体的にキャストが弱い。
特に、リンカーン役のベンジャミン・ウォーカー。彼は若い頃のリーアム・ニーソンに似ている言われていて(確かにそう言われれば似てはいるのだが)、スピルバーグは『リンカーン』に彼を想定していたという話を聞けば、このキャスティングもミスキャストではないのかもしれないが、申し訳ないが、まったく輝きを感じられなかった。
3D上映を意識したアクション・シーンも大袈裟に感じられた。

とは言え、ラスト近く、ヴァンパイアのヘンリーがリンカーンに永遠の命を与えたいと申し出るシーンで、彼が何処に向かっていて彼を何が待ち受けているのか分かっているので、余韻のあるいいシーンだったと思う。

ここでは、ヴァンパイアは昼間も出歩けて人間の社会に巧みに紛れ込んでいる設定になっているが、これでは、一見して人間と見分けがつかないゾンビみたいで、個人的には、ヴァンパイアものは、ヴァンパイアもののお約束をきっちり守っている作品が好きです。

arakazu
arakazuさん / 2013年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

設定負け

せっかく設定は面白いのに内容が雑で時代の流れが分かりづらかった。

ヴァンパイアハンターに重きを置いているのか、大統領に至るまでに重きを置いているのか、どちらも中途半端になっていて結局どちらも印象に残らない残念な作品。

nana
nanaさん / 2013年9月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歴史は戦いを記憶し、流した血を忘れる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「リンカーン 秘密の書」
(ティムール・ベクマンベトフ監督)から。
邦題に惑わされて、リンカーンに関する作品と勘違い。
原題の「Abraham Lincoln: Vampire Hunter」だったら、
吸血鬼大嫌いの私は、観ることがなかっただろう。(汗)
おそるおそる観ていたにしては、メモは多く残り、
作品中、何度か流れるフレーズを、頷きながらメモをした。
「歴史は、人そのものより伝説を好む。
残虐さより気高さを好み、人知れぬ行為より、声高な演説を好む。
歴史は戦いを記憶し、流した血を忘れる」
このフレーズは、ヴァンパイヤも形を変えて口にする。
「歴史はお前を人ではなく、魔物として記憶する」と。
さらにラストシーンで、リンカーンが演説する時、
「歴史が私について、何か記憶するとしても、
それらは真実の断片にすぎない」と「歴史の記憶」について
要所要所に散りばめられている気がした。
今まで長い歴史の中で、何度となく繰り返されてきた戦いは、
歴史の教科書に、文字として記憶されている。
その戦いで失った、幾万もの命については、統計の一部として、
「〜万人戦死」という数字と文字に化けるだけだ。
歴史は、試験のための暗記ではなく、それが起きた時代背景や、
どんな人物が、どんな場面で関わって、どんな負傷をおったなど、
もう少し、血なまぐさい「歴史博物館」があると、
また違った角度から、歴史を考察できる気がしている。

P.S.
「記憶」と「記録」・・この使い方にも関心が残った形となったが、
たぶん「歴史の記録」という単語はなかったと思う。

shimo
shimoさん / 2013年8月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さすが奇才ティムバートン ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

正直、その設定のムチャクチャぶりからあまり期待はしていなかっただけに良い意味で裏切られましたww
多分この映画がお気に召さない方々はこの設定の無茶ぶりから「くだらない」の一言で片してしまうのだろう。
とりあえず「ありえない」とかそういう常識は脇に置いて
その映像美と世界観にどっぷりハマってみると良いと思う
冒頭の馬の大群のシーンやラストの列車のアクションももちろん好きですが、ボスの姿がイラストから実写に変わるとか
エンドロールの血が合衆国になったり、最後リンカーンが去って行くシーンからヘリが着陸してきて現代に移ったりといった描写はただただ感心するばかり。質のよいだまし絵を見ているようで面白いですよ(^ ^)‥ということで鑑賞の際は歴史観とか常識はとりあえず忘れて、純粋にエンターテイメントを楽しむつもりでハマってみればきっと楽しめると思いますよ

純米酒
純米酒さん / 2013年8月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あり得ない裏歴史、面白い。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

リンカーンは実はバンパイアハンターだった。
このプロット実に面白い。
あの有名なリンカーンがバンパイアをばったばったと倒してゆく。
しかも、武器は斧。
南北戦争も、バンパイアの侵略を防ぐ戦い。

これだけ歴史を捻じ曲げて想像解釈すると
見る側も入ってしまいますね。

奇才、ティム・バートンの作りこみも良い。
特に、馬の群れの戦い。
なんせ、歴史が歴史だけに、スピード感ある
映像にはうってつけのシチュエーション。
脚本が全ての作品化と思ったけど
映像や、音楽、俳優もなかなかグッド。

ただし、最大の敵であるアダムの死に様はあっけなさすぎ。
手下のバンパイアの方が強いのでは?
また、ひっかかる点がもう一つ。
そもそも吸血鬼って銀で倒せたっけ?
あれは狼男ではなかったの?
やっぱり、十字架、聖水、白杭でないといけません。
でもばったばったと倒すにはそうしないと
倒せませんからね。
まあ、ストーリーが面白かったので良しとする。

とにかくこの作品、真面目に観たらいけないけど
この世界にはまってアクションを楽しむ作品です。

としぱぱ
としぱぱさん / 2013年7月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実にくだらない映画

斧でバンパイアをぶったぎる!!!
なんかあまりにあり得な過ぎてなんだかつまらなかったな~。
暇つぶしに観るのにはちょうどいいけどね。

_M
_Mさん / 2013年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

命ある限りぶった切ろうとしてくる作品

CMやBDのジャケット、あらすじなどを見るに単なるイロモノ馬鹿映画かと思っていたのですが、そうではありませんでした。
確かにイロモノで馬鹿げた設定のように見えるのです。ただ、そこに復讐・人種あるいは種族を超えた友情といった王道少年漫画的ストーリーやこだわり抜いたアクションを上手く肉付けし、実在の人物像や時代背景と巧みに噛み合わせて見せる。
そうした化学反応から生まれたとても熱気のある作品に、がっちり心臓を掴まれてしまいました。
BDの映像特典であるメイキングから伝わってくる、スタッフ・キャストの映画馬鹿ぶりには、いとおしさすら感じます。
ただ、造り手の情熱をぶつけ過ぎたあまり、観客(の中でものめり込みづらかった人々)を置いてきぼりにしてしまった部分もあるかもしれません。
ので、その部分は少しばかりマイナス評価でしょうか。

chidoriP
chidoriPさん / 2013年5月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

永遠とは ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 とにかくアクションがかっこいい! 美しい手さばきで斧を振り回すエイブラハムの姿が好きです。ストーリー展開は駆け足ですが、私はこういったスピード感のある映画が好きなのでとても楽しめました。駆け足ながらに修行シーンをちゃんと描いているのもよかった!

 斧という武器、夜な夜なヴァンパイアを狩るエイブの姿、そんなエイブの周囲に集う仲間達、ヘンリーがエイブに手渡した銀時計など、ツボな設定やシーンがたくさんありました。大切な人を奪われた悲しみや憎しみを力に変える、友のピンチに駆けつけるなど、全体を通して感じられる友情・努力・勝利のような少年誌っぽさがとても好きです。クライマックスの列車上でのバトルは最高にアツい!

 また、エイブラハムのストイックな純粋さが光っていました。そのまっすぐさ故かエイブは少々頑固になりがちで、忠告を重ねるヘンリーともめる場面も多々ありましたが、最後はきちんと和解し「人間」と「ヴァンパイア」として絆を結ぶのがすばらしいです。種をこえた友情によって、復讐という修羅の道も未来を切り開く力に変わるということが感じられて本当によかった。

 エイブがヘンリーに向けた「ヴァンパイアだけが永遠じゃない」という言葉は、夜明けの空のような希望とせつなさで満ちていると感じました。血が熱くなる、いい映画だと思います。

ebi
ebiさん / 2013年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

42件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi