プロメテウス(ネタバレ)のレビュー・感想・評価 (2)

メニュー

プロメテウス

劇場公開日 2012年8月24日
72件中、21~40件目を表示 映画レビューを書く

もっといいエピソード0あるって!! ネタバレ

筋肉モリモリマッチョマンの変態がイカ墨を飲んで奈落の底に落ちてったオープニングから意味がわかりませんでした。

その後うすしお味のキャラがぞろぞろ出てきてのりしお味みたいなデザインの船で探索したり戻ったり探索したり戻ったりちょっと体の中に入られたり全体に軽く火が通る程度に炙られたりします。

出てくるヘビとイカとダイオウイカのデザインはなんとかならなかったんでしょうか…B級感がハンパなかったです。

要するにエイリアン誕生秘話だったんですね。ナルホドー。
そこまでが長い。

別物のモンスターパニックとして楽しめたらいいんですけど、いかんせん白マッチョとの確執がほとんどなので飽きてきます。

本家の監督が撮った前日譚なのに面白くないとかあっていいんでしょうか…
スターウォーズのルーカスは頑張ってたんですね。

やっぱりリドリー・スコットは小奇麗なSFより雑然とした世界の方が合ってると思います。

ゼリグ
ゼリグさん / 2013年5月3日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アンドロイドは電気執事の夢を見るか? ネタバレ

僕らのリドリー・スコットがSFに帰って来た!
『エイリアン』(79)『ブレードランナー』(82)で、宇宙観、未来観を作り上げ、僕らに一つの指針を示した巨匠=神が、30年振りにSF映画を撮ったのだ。ワクワクしない訳がない!!
更に3Dという新しいオモチャで、70歳にもなったリドリーが遊んでくれた!
まず驚くのは、20世紀FOXロゴの後、あの油彩画アニメのScottFreeのロゴが、3Dでむにむに動くのだ!はっきり言って、ちょっと気持ち悪いぞww

本編だが、実に多くの謎を楽しめる作品だった。
さて、宣伝で煽った最大の謎とか言う人類の起源とやらは、あっさり冒頭で明かされてしまう。白塗りの暗黒舞踏家のようなムキムキの人が、いきなり種の起源してしまいます。
この辺からして、テーマはその先にあるんだよーっていってるんですよね。
そして出てくるのは、超かっけー宇宙船。みんなが寝てる中、1人起きてるアンドロイドくん。毎日映画見たり、バスケしたり、自転車のったり、寝てる人の夢を覗き見したり、楽しそうな自宅警備員生活してるんですよね。お気に入りの映画は『アラビアのロレンス』。
(なんで?って監督のコメントが「ロレンスはアンドロイドみたいだろ?」って、巨匠!言うことがスゴイなぁ。人には言えない事をサラリと言ってのける。そこに痺れる憧れるぅ!)
やっぱり出てくるアンドロイド君!みんなの忠実な執事を演じてます。
でもデビッドくんは、自分の事を良く解ってるし、自分がどう見られてるかもよく分かってて、心ない言葉に傷付いたりもする。多分、恋もしてるんだよね、あの人に。だから、ちょっとした好奇心で実験とかしちゃうんだけど、どうなるかも予測した上で、対象を誰にするかも最初から決めてるんだよね。んで、小さなことが大事に至っちゃう。

ツンデレで生意気な妹のドラミ…じゃなくって、メレディスが、ファザコンで大変です。人間かアンドロイドかを曖昧に振舞っていますが、皺くちゃのウェイランド社長をパパって呼ぶ辺りが、もう人間の父娘の関係じゃないのですよ。でも、アンドロイドのくせに生存願望とかあってかわいいのです。
そのアンドロイド兄妹の価値観の違いが本当に面白い。妹は自分の父を慕い、兄は父の種族の創造主を夢見る。
人間は、勝手な夢心地で、創造主に聞いてみたいこといっぱい抱えて欲望むきだしてワクワクです。
そんな身勝手な欲望を抱えて、船には神の名を付けて、いい気になったご一行が、神様に会いにきました!会いに来た私たちは偉いです!褒めて下さい!ご褒美下さい!って行っちゃうんです。そんなにぎやかご一行様に、目覚ましかけて寝てたのに、無理やり起こされた神様は…。
そりゃ、怒るよ。うん、怒るよね。創造したモノが、重力の足枷から抜け出して、神の言葉を話す人形までこしらえて、神の領域にまで来たんだから!んで失敗作の始末を付けに行くんですよ。作ったんだから、作った者の責任があるんだよ。失敗作が、天まで登って来たら、一刻も早く、無に帰さなくっちゃ!だから創造主は慌ててスペースジョッキーを起動して、船を動かすんですよ。もう、このシーンが神々しくって思わずひれ伏した!
ここまで書いたら解ったんだけど、これはやっぱり神話なんだ!愚かにも神に挑んだ人間を、人間が作ったモノの眼を通して客観視した神話なんだね。
人間は勝手にまだ見ぬモノに期待する。見えないモノのに期待する。そして、思ってない展開になり失望する。あぁ、なんて人間って勝手なんだろう。それこそが、巨匠リドリー・スコットが描きたいモノなんだなぁ。今回は人間だけでなく、アンドロイドまで罰せられちゃいます。いい気になって神に近づいたからね。
つまりこれは失望の物語だ。人は勝手な期待に胸を踊らせ、違う結果を見て失望する。失望は、己の身勝手さが生むものなのだ。
それなのに、なぜかこの映画に対して、何故か批判が多い。騙された!などの批判だ。だが私は、そう思った人も、ある意味羨ましくさえ思う。なぜなら、彼らは、この映画のテーマである「失望」を体験したからだ。映画を観て、同じテーマを体験する事は素晴らしい事だ。でも、心配する事はない。彼のSF作品は、公開当時に評価する者は、いつも少ないものなのだ。だが、『プレードランナー』がそうであるように、後に時代がついて来て、やがて伝説になるのだ。
そう言えば、まだ見ぬ新大陸に夢を馳せて裏切られて挫折する映画あったな 。『1492:コロンブス』これもリドリー師匠の普遍のテーマなのだろうな。(見直したくって、探してるんだけど、廃盤な上、レンタルしてないって、どうしたらいいの!?)

さて、早速『プロメテウス』の続編の話題が舞い込んだ。何でもタイトルが“Paradise”とか。『1492:コロンブス』の原題が“1492:Conquest of Paradise”楽園の征服…。
何やら関係を想像しない訳にはいかないですな。
続編では、今回、散りばめたたくさんの謎の幾つかを解いてくれるハズ!特に、デビッドくんが、創造主に何を訪ねたのか?その問いに答えてくれると期待します!!
って、勝手に期待するのは罪なのでしょうか?さて、次は天国で、どんな「失望」が待ってるのか!?

まじさん
まじさんさん / 2013年4月12日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これが、エイリアンの原点じゃい!!そんなに、グロいのが嫌なら観るなよ(--;) ネタバレ

まず、皆さまも書かれてるとおり、
今作は『エイリアン』の前を描く作品であります。

いわば、エイリアン0ですね。

これは、1作目の監督でもある、巨匠リドリー・スコットが『エイリアン5』の構想を練るうちに、思いついたプロジェクトなんです。

シネマ雑誌でも、このプロジェクトには、数年前から数々の憶測が飛び交いましたが…

結局、『別物として描かれる』って書かれていたので、

ファンは、

なーんだぁ…。

と思っておりました。

んがっ!!

しかし!!

予告が解禁された時!!

言葉を失いましたね…。

こ、これは!!

エイリアンじゃねぇーかぁーッ!!

と。

(言葉になってますね。笑)

ファンの方々は、あの予告で気づいたことでしょう。

さすが、リドリー!!

わかってるね!!

と言わんばかりの、あの壮大な映像ですよ。

ラストも、かなり衝撃でした!!

エイリアンは、レイプ映画。

どす黒いチ〇コが白人女性を追いかけ、ネバネバした液体を…。

そう言った意味で、エイリアンVSプレデターなどで邪魔が入ってしまったシリーズに

リドリーが新たなる謎を吹きかけてくれた今作で

より深いものになりましたねぇ。

もちろん、つぎも期待してます!!

サー、リドリー・スコット先生!!

Takapy
Takapyさん / 2013年2月9日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像はすごい!しかし内容が… ネタバレ

自分の好きな
リドリースコット監督とSFとゆうこともあって
期待していたんですが脚本が
そこらへんの金ばかりかけたSFの内容と似通っててショーック__D_F999__
あと結局[人類の起源]という本作のテーマが語られぬまま(エイリアン誕生__D_F8F4__)という感じで終わったのはモヤモヤ感100%である

それともうひとつ
剛力彩芽に声優やらせんなよ__D_F9CA__
しかも主演の声で
聞いてて嫌だったわー__D_F9AA__
もう芸能人声優やらせないで__D_F8F6__
ヘタ過ぎです__D_F999__

話が少しずれましたが__D_F8A5__
続編制作決まったんで次作に期待しましょう__D_F9CC__

Mr.K
Mr.Kさん / 2012年10月17日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

予想通り ネタバレ

公開前から絶対面白くないと思っていたけど、予想通りだった。
中盤までハラハラさせるのに終盤になると眠くなる展開。
映像や世界観はすごいけど、ストーリーが...。
駄目なSF映画によくありがちな展開。

こういう映画に「なぜ?」と疑問を持つのは野暮かもしれないが、
さすがにデイビッドが科学者を殺した意味は曖昧でもいいから教えて欲しかった。大体背景が分かりにくい、説明不足の感が否めない。

観終わって思ったのがエンジニアの宇宙船がスター・ウォーズのミレニアム・ファルコンに似ていた ということのみでした。

balbalbal
balbalbalさん / 2012年9月27日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さすが、リドリースコット!! ネタバレ

ラストは、「エイリアン」シリーズにつながる展開で、ニヤニヤしてました。ちゃんと、前日譚になってましたねぇ~。あそこは、何かの研究所だったんでしょうね。で、最終的に寄生型の生物が生まれてしまったわけだ。その寄生生物は、寄生した生物の遺伝子まで取り込み、進化成長する特性を持っていた。ノオミ・ラパスの腹から取り出された生物がエンジニアの体内に入り込み、ラストで出てきた時には、見慣れたエイリアンにそっくりの生物が出てきたわです。

結局、ガイ・ピアースは、特殊メイクでよれよれのじいさんになった姿でしか登場しなかったな。当初は、若い頃のシーンとかあったのかな?

 面白かったんですが、ただ、色々と抜け落ちている部分があるんですよ。だから、DVD・BD化される時には、いつものようにディレクターズカット版がリリースされる可能性が大きいですね。ハリウッドの問題点は、最終編集権が監督にないことです。

pinkcrow
pinkcrowさん / 2012年9月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

だまされました ネタバレ

これはエイリアン映画です。タイトルは、エイリアンの前の作品という意味で「エイリアン0」がよかったと思います。映画としてはまあまあの出来映えです。ただ、リドリースコット監督としては駄作ではないでしょうか。何カ所か腑に落ちない点がありました。アンドロイドがエイリアンの卵?を飲ませた理由。ただ一人の生き残りの「人」は最後は宇宙船の操縦席にいなければならなかったのではないでしょうか。もちろん、主人公が手術直後にあんなに動き回れるはずがない。でも、続編があったらみてみたい。

ジョニーデブ
ジョニーデブさん / 2012年9月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リドリーから熱烈なファンへ ネタバレ

 一つ言えるのはエイリアン・サーガのファンなら間違いなく満足できる、ということだ。正直この作品は続編があること前提と言える。それに数々の引用や、エイリアン・シリーズとの関連性の暗示に気づくことができれば十分だ。
 実際、私はそれなりに満足した。序盤、漆黒の宇宙に浮かぶ惑星や、その地表面など美しい映像がこれでもかと映し出される。ここ最近映画館で「宇宙もの」を見ていなかったせいか余計に感動してしまった。エイリアン・サーガらしくグロテスク(といってもシリーズを知るなら言うほどでもないが)で、美しさとのコントラストが余計に残酷さを際立たせている。「エイリアン」を彷彿とさせるシーンが多いのも嬉しい。
 その後の乗組員の紹介場面は面白くない。「エイリアン」でこの場面が記憶に残っている理由は、その独特の生活感や最先端の技術を普通に扱っている点が上手く描かれていたからだ。今回はその辺は適当に、早々と探索に出かけてしまう。個人的にうんざりしたのはこの探索シーン。幾度となく出かけて「何かを見つける→大喜びする→異変に気がつく→脱出」の繰り返しで、ワンパターンだからだ。しかも初めの方は犠牲者が出るわけでもないから、さらにだれる。
 未知の生命体が登場した後もいまいちテンションが上がらない。「エイリアン」の時のように宇宙船という密室空間でいきなり襲われるわけでもなく、「エイリアン2」のように大群で押し寄せても来ない。この登場人物たちは自分で自分の首を絞めてるに過ぎないのだ。だからどのキャラクターも、どういうわけか感情移入できず「自業自得」といった感じが漂う。
 だがそのキャラクターの中でも唯一素晴らしいのが、マイケル・ファスベンダー演じるアンドロイド、デヴィッドだ。「アラビアのロレンス」の台詞を口ずさみながら、髪の毛をロレンスのように整える。誰もいない薄暗いプロメテウス号の中を整然と歩く彼の姿は、不気味でいてどこか哀愁漂う。任務を遂行するための純粋な行動なのか、それとも悪意があっての行動なのか、かなり微妙なのも魅力の一つだ。従来のアンドロイド像を覆すまでには至っていないが、彼は新しい形を提示することには成功した。
 結論として「人類の起源」は結局は明かされない。でもSFが好きなら、そのストーリーには心が躍るだろうし、宇宙船の造形や近未来風の武器・乗り物も楽しめるだろう。久々に「宇宙もの」で満足できた。是非とも次回作が見たい。

 ちなみに「エイリアンの起源」にはかなり迫っている。なにしろ創造主がリドリー・スコットだからね。
(2012年9月17日鑑賞)

キューブ
キューブさん / 2012年9月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ぐろい ネタバレ

何も検索せずにSF大作と思って行ったら大間違い。。

ほぼエイリアンのビギンズって感じのホラー映画でした。

しかし、色々伏線(デビットのねらいとかシャロンの役の意味とか)あったのに、なんにもわからないまま、ただエイリアンのドロドロしいとこばかりでかなり残念。

デビットのアンドロイド的なところがすごく良かったので、そちらの視点だけで描いた方が個人的にはよかったんじゃないかと。

だって、エリザベスのお腹にできたエイリアンってシガニーともろかぶってるし。

3Dでみたので映像が素敵な場面もあっただけに残念。

chiru
chiruさん / 2012年9月21日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気分が悪くなりました。 ネタバレ

CMの「人類の起源」を検索してはいけないという文句は、公式サイトへ誘う、うたい文句でさらに映画への魅力を引きつけようとしてしてるんだと勝ってに思い込み検索せずに行きました。しかも初のiMAXシアターでみてみることに。出だし、なんか嫌な予感。。。途中、エイリアンの幼虫みたいなのが出てきた瞬間から、主人公が手術のマシンで取り出すところで限界、気分がわるくなり、外にでました。iMaxシアターでみるとさらに迫力ある3Dでみれてしまうので、グロさもMAXでした。ホラーが好きな人にはたまらないんでしょうが、人類の起源を楽しみにして行くとショックとグロさで嫌悪感が残ります。初めて評価を書きますが、これからは、評価を観ていくことにします。

ぶひ。
ぶひ。さん / 2012年9月20日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

やっぱりノオミ。 ネタバレ

「エイリアン」は当時確かに凄い作品だと思ったけれど(でも苦手^^;)
ナニ?今作って、それの焼き直し…?と観紛うような出来だった。
なんかこれつまんないと思った(ゴメンねファンの皆さん)私の横で、
大ファン(だと思う)友人は、いや面白かったよー!とおっしゃる^^;
が、あれだと所々ツジツマが合わない、と言っていた。なるほど~。

人類の起源。っていう触れ込みだった気がするんだけど、
これ、エイリアンの起源。なんじゃないの?どう考えたって。
あれだけ大宣伝(しかもリドリー御大)しておいて、何で公開前から
有料公開してんのかなー?とは思っていたのだ。
もちろん、いち早く観たがるファンの為…もあったでしょうが^^;
いや~ちょっとこれ、おかしいよな。と思って観たら、案の定…。
いえ、ファンには納得のいく出来なんでしょう。これは其々だから。

しかしあのキャスト。
なんで主人公にノオミなんだろう?と思っていたんだけど、
これは正解!?かも。彼女が巧いとか似合っているとかではなくて、
インパクトのある役をやらせるためのキャスティング。なんでしょう。
なんせタテガミ頭で凄かったもんね~、ドラゴンタトゥーの女では。
脱ぐわ走るわブッ刺すわ、おおよその美人女優が嫌がる凄惨演技を
狩野英孝ばりの男面で、彼女はガンガンやってくれましたからね~。
やっぱりねぇ、このくらい脱ぎ捨て感がキマル人がいいですよね。
まぁ冒頭は、、、なにあんな真っ白い顔に(化粧)塗りたくって、キモ~
(ゴメンね、ノオミ)と思ったけど、あとは野獣でしたから。OK!です。
まぁリプリー姐には…叶わないでしょうが(まだまだ)

あのアンドロイド、彼は良かったなぁー。いい顔してたし^^;
C・セロンも相変らず綺麗だったけど、印象に残るのはこの3人くらい。
え、G・ピアース?どこ?って思うくらい(爆)アレどうなの。
気持ち悪い映像と世界観、今コイツが襲われたから、次コイツだな、と
予測可能な安定した展開と安定した恐怖、新しい作品を観せられたとは
私には思えなかったけど、うぇ~っとはなったので効果はあったのね。

(弟・トニーの自殺もかなりショックだったけど、今作にもショックだわ)

ハチコ
ハチコさん / 2012年9月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

及第点 ネタバレ

面白い!最高とはいかないまでも素晴らしかった。

隣のお客さんの反応や酷評してる人もいますが、宣伝方法に疑問が…。

映画好きやエイリアンが好きな人にはプリクエルという情報を分かっていたようでしたが、テレビ予告では人類の起源を押し出しそこには触れていない気がしました。(勘違いかも)

内容は結局エイリアンでしたが、人類の起源については伏線をふっておき次回作へと言う事でしょう。

それでも宗教、アンドロイドの人間へのコンプレックス、生死感と深い部分もありました。

特に宗教性が強かった気が。

映像の迫力は3Dで見れなかったのが残念でしたが、2Dでも充分でした。

hiro
hiroさん / 2012年9月15日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

甘かった。 ネタバレ

前宣伝などで『エイリアン』の前史的な話だということは予想していたつもりだった。
だが、甘かったとしか言いようがない。
冒頭、原始の惑星を去る超巨大宇宙船に、『エイリアン』を踏み台にどんな壮大な物語が語られるのかと期待に胸を膨らませたものだったが。
そんな期待感は話が進むに連れ行き場をなくして途方に暮れる。

いや、まんま『エイリアン』ですぜ、これ。

確かにエイリアンの起源やスペース・ジョッキーの正体にも一歩踏み込んではいる。
だがそれは過去の『エイリアン』それぞれに施された『味付け』の域を出るものとは言い難い。
なんせ、話の作りや展開が過去のシリーズそのまんまだ。
極論すれば、リドリー・スコット監督の第1作のセルフリメイクと考えてしまう事も出来るかも知れない。

CGをふんだんに使った映像は確かに一見すると目を惹く。
しかし考えてみるとそこにはさほどの目新しさはない。
登場人物達にも魅力が希薄だ。
そもそも、初めにシチュエーション有りきでそこから逆算して人物を動かしている為、その行動の動機付けや整合性がどうにもしっくり来ない。
活きたキャラクターとは言い難く、魅力の感じようがある筈もない。
ぶっちゃけると自分はノオミ・ラパスに魅力を感じないのであるが、これはそれ以前の問題である。
唯一、アンドロイド・デヴィッドは実に勿体無かった様に思う。
もう少し使いようはあったろうにと。

してみると、この作品は1作で完結することを端から念頭に置いていないのかも知れない。
そういう『甘え』があればこそ、こういった作品に収まってしまった事を許容出来るというものだろうか。

でるひなす
でるひなすさん / 2012年9月11日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

残念な吹き替え ネタバレ

吹き替え版3Dで見てきました。
前から期待はしていました。

さて、内容ですが映像的には良かったのですが、
結局何もわからずに終了してしまいました。
宣伝で風呂敷広げすぎです。
当然、秘密が最後に明らかになるだろうと期待していましたが・・・。
秘密があばかれなかったので-1。

映画導入部から主役の女の吹き替えがひどい声優だと思っていたら、
剛力彩芽でした。
剛力彩芽自体は嫌いではないのですが、下手すぎです。ゆえに-1。
近所の映画館は3Dは吹き替えのみだったため、
仕方なく吹き替えを見ましたがやめたほうがいいです。
気分を害します。(有名人使うのやめてもらいたい。)

3Dで見ましたが、特に驚きはないです。
2Dでいいです。

KYON
KYONさん / 2012年9月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

最悪。評価もしたくない ネタバレ

人類の起源は何か?
起源を探しに宇宙に行くのかと思いきや、ただのエイリアンもの。
宇宙船も古臭いし、考え方も古い。
米国映画のお約束のパニックも見ていて不快!
結局伏線も回収できないまま終了。
人類を作った人達は人類を殺そうとしていましたはい終わり。

(゚Д゚)ハァ?

マジで馬鹿にしてんの?

期待して本当に損した!!

megane-日常
megane-日常さん / 2012年9月8日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

結局エイリアン? ネタバレ

まず、CM及び他映画の予告を観て人類の起源等、今までにない様な、物語なのかと期待してIMAXの3D劇場で観ました。

ネット等事前に、物語の内容等を確認していなかったので、多分同じように思われた方が居ると思います。

映像等は、綺麗で3Dで飛び出して見えるので、それなりに迫力があり、前半は一体どんな物語なのか期待して観ていたのですが、あるシーンから何処かで観たようなシーン?! もしや!

え! エイリアン映画? まるっきり、エイリアンが出る様なお話しは事前に聞いていなかったので、なんだか騙された様な気分。

その後の展開も、まさに今までのエイリアンと同様な展開。 一応、エイリアンシリーズ全部観ていましたが、期待もしていなかったエイリアン映画を知らないで観ているのは、何だか… しかも、エイリアン映画の起源的作品とは…

結局、最後迄観て、人類の起源の詳しい内容は何だったのか分からずじまい。
そもそも、エイリアンもどうやって作られたのか…

全てが、中途半端な様に思えてしかも、真新しさが全くない内容。 観る前には、事前に調べて置いた方が良いです。

ブルース
ブルースさん / 2012年9月6日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

彼女も映像美にうっとりしちゃいますよ! ネタバレ

皆さんの酷評もありますが、この映画は観たあとの満足感が
ものすごいあります!
比べられる作品か解らないですが韓国産SFパニック映画の「第7鉱区」見ましたけど、プロメテウスが5点なら第7鉱区はテレビドラマの延長な感じで点数つけるなら1点いかないと思いました。
ただ、この映画の冒頭のエンジニアが、何かを飲んで、滝に落ちていくシーンが物語にどういう意味を与えているのか解らなかったです。
が、それも観ている人の想像力に
任せるというのなら納得できます。

映像と、ストーリー、総合的にみると傑作に近いんじゃないでしょうか!
もうすぐバイオハザード5が公開になりますが、そちらとどっちが面白いか見比べるのもすごく楽しそうです。

この映画を観ている間は3Dで観たほうが良いと思います。
迫力があって日常を忘れさせてくれますよ。

ウリャ
ウリャさん / 2012年9月6日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

映像も斬新さに欠けるが、脚本が決定的にだめ。 ネタバレ

SF映画ファンにとって、プロメテウスへの関心が高かったのは、これがブレードランナー以来のリドリー・スコットによるSF作品であること、そして、それがエイリアンの前章、もしくはそれに関連する作品であるというこの2つによるものだった。

かつてエイリアン、ブレードランナーという2作によってその後のSF映画のルックを決定付け、未だにほとんどのSF映画がその2本のビジュアルの影響下にあるという偉業を成し遂げた監督が、自ら自分の原点の映画の一つであるエイリアンに関連する作品を作る。ひょっとして、そこには私達が未だ見たことのない、新たなSFのエポックメイキングとなりえるビジュアルが展開されるのではないか。そのことから来る期待感が多くの映画ファンにはあったはずである。

結論から言うと、その期待は完全に裏切られている。

ロケーションこそすばらしいものの、これが何か新しい世界観を提示出来た映画かというと、リドリースコット自身が過去に自分の作り出したイメージを超えられていないし、超える気もなく、職人的に与えられた脚本をこなした感がいなめない。過去のインタビューやメイキング映像、書籍などを通して、彼の作品へのこだわりを知るものにとって、このこだわりのなさは、リドリースコットに最早作家性は望めないのか、という気さえしてくる。これが70歳を超える巨匠の作品ではなく、最近のSFX工房上がりの新人監督が撮った映画だと誰かに言われても、前情報さえなければ信じてしまうだろう。

まず、一番大きな問題点は、これがエイリアンの前章か、独立した物語か、あいまいなままにしている、そして恐らく、それをあいまいなままにしておこう、という判断だ。そのために、はっきり言って、「じゃあ素直にエイリアンの前章を作れよ!」という気になる。なぜエイリアンに似せた生物をエイリアンに似せた設定で、「別のSF映画」としてオリジナルの作品を作った作家がやる必要があるのか?理解に苦しむ。

プロメテウスに無くてエイリアンにあるもの。それは、想像力の働く余地である。

エイリアンの一作目が怖いのは、エイリアンがほとんど全体像で登場しないという事。それは当時の技術的な問題ではなく、演出である。観客が自分のイマジネーションによって、恐怖感を高める演出がエイリアンにはあった。プロメテウスでは、CGによって全てを表現してしまうこと,あるいはクリーチャーを明るい船内で見せてしまう事で、観客のイマジネーションが失われてしまった。スペースジョッキーの一作目の存在感も、そこにかつて何かがあったことを想像する事でより高まった。それが起源を掘り起こし解釈が決定してしまったことで、元々のイメージの象徴性やイマジネーションが奪われる形になってしまったと思う。

はっきり言ってこの作品で優れている美術は、過去のギーガーのデザインによる、エイリアンの美術のパートである。
あの巨人のデザインにしても、元のギーガーのデザインがすばらしいのだから、そのまま生かしてエイリアンや巨神兵のような外骨格のある宇宙人とすれば良かった。
中途半端な解釈や新しいクリーチャーのデザインを入れるぐらいなら、HRギーガーの画集をそのまま再現するぐらい、惑星の世界観を巨大でおどろおどろしいものに統一した方がよかったかもしれない。
各プロダクトや美術のデザインは洗練されていても、プロメテウスには、かつてのリドリースコットのSFにあったような一つのコンセプチュアルな統一された世界観がない。

プロメテウスは、プロットに関して言うと穴だらけだ(もしくは私が見逃しただけで、ただわかりにくいだけなのか?)。オリジナリティは低いにしろ、映像のクオリティがA級なだけに、B級のプロットとのギャップが際立つ。

例えば、なぜ強酸で顔の溶けた地質学者の乗組員がゾンビになるのか?録画された立体映像で巨人の宇宙人たちが逃げ込もうとしているのが、なぜ自分達がコントロール不能になった危険な生物兵器のある部屋の中なのか?評論家の町山さんが話していたように、縦に転がってくる巨大なものがあったら、横に逃げるのが普通の考えだ・・。

更に、一番不可解だったのは各キャラクターの動機。

例えば、序盤で地質学者が主人公が気に入らなくて怒り出し別行動を取るが、そこまで気に入らない理由がよくわからず唐突に感じる。目の前で起こっている事が人類で始めて体験することばかりなのに、自分の分野でないという理由から全く関心がないのは不自然だ。

社長やデビッドは、何人も船員が殺されている状況を見聞きしていて、宇宙人が生物兵器を持ったまま地球に来る予定だったのを知りながら、なぜ、まだのんきに「巨人の宇宙人は善玉」と信じているのか?しかもその巨人が人間の延命治療を施せるかどうかというのは、巨人と話せる事と別問題。巨人が「んな事できねえよ。」と言えば終わりである。その為にあんなよぼよぼの社長が一緒に現場に来る必要はあるのか?宇宙船で待機するか、地球で報告を冷凍されたまま待てばよいのではないか?

また、キャプテンが自分のクルーと自分の命を「人類の為」とあの一瞬で判断して捨てる事が出来るのはなぜなのだろうか?彼らがそんなに選りすぐりの強い精神性を持つ乗組員という描写はどこにもなかったと思うのだが・・。

そしてやっぱり極めつけは主人公。次から次に起こる出来事に「私達は間違っていた・・。」と泣きながら言い、しかもあんな事やこんな事を体験した後、「あいつらの住んでる惑星に行こうと思う」って・・。どう考えても「なぜ?」とたずねるデビッドの方が普通の人間の感覚である。

一つ思うのは過去の映画のキャラクターのステレオタイプのイメージに頼りすぎなのだろう。描写をせずに、こういうキャラクターなら、ヒロインにつっかかりそうだとか、キャプテンなら勇敢に命をかけられるだろうとか、最後まで作りこまずに観客に投げてしまっている。そのためにキャラクターの感情の流れに一本筋が通っていないと観客は感じてしまう。

なんでこんな事になったのかと考えれば、それは脚本家の力不足というしかないと思う。

プロメテウスの脚本家デイモン・リンデロフはカウボーイ&エイリアンも担当していたようだ。あの映画も非常にムラのあるプロットだった。(カウボーイ&エイリアンに関して言うと、そもそも普通ならありえない、ばかばかしい設定を、ゴーストバスターズやMIBのように、自嘲的ユーモアで笑い飛ばせる要素がたくさんあるのに、シリアスに書いている時点でセンスがない。)

LOSTの脚本を担当したという事で、この脚本家を評価している人もいるのだろうか。だが、はっきり言ってテレビシリーズの「次から次に謎が出てきて、次回の展開が気になる」という作りは、物語を終わらせる責任をとらなくてよい。普通の映画の「話に整合性を持たせて、2時間で物語を収束させ謎を回収する」という技術とは別だと思う。JJエイブラムスはともかく、この人はそれが出来ていない。

moviebuff
moviebuffさん / 2012年9月5日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 8 件)

エイリアンファンは観るべき! ネタバレ

エイリアンのプロローグという位置付けで始まった企画の割に、CMは人類誕生の秘密という点ばかりに焦点を当てたものだったので、期待した内容と違うかもしれないと、期待半分不安半分で観てきました。

結果としては、観て良かった!
エイリアン冒頭に登場する謎のエイリアンの意味がはっきり理解できたし、それが人類誕生に係った課程を知るのは感動的、そしてさらにそれが人類絶滅を企む意図は不明なものの、そのために作った生物兵器が結果的にああなったとは……。

とにかく、映像が素晴らしい!仕方なく3Dで観たのですが、天体図のシーンなど数カ所は3Dで観て良かった!と思えるハイクオリティさ。

主役の女性には全く感情移入できませんでしたので第2のリプリーにはなりえないと思いますが、あの後の続編が是非見てみたい作品でした。

たかC
たかCさん / 2012年9月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うすうすは気づいていたんですがね~。 ネタバレ

うすうすはエイリアン関連だとは思っていたんですが。。。。

最後のあのエイリアンはないでしょ・・・・。円谷プロの方がいんじゃないですかね。

解釈がよく分からないんですが自分なりに思ったのが

人間もエイリアンと同じでエンジニアによって作られたもので、エイリアンと同じ兵器みたいな感じ?

あまりに人間は強いんで、あるいはこいつらまずいと思ってエイリアンを作った?

あ~~~間違った見方をしていると思うんでで誰か分かりやすい解釈教えてください。

おにっち弐号
おにっち弐号さん / 2012年9月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

72件中、21~40件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi