トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2のレビュー・感想・評価

トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2

劇場公開日 2012年12月28日
20件を表示 映画レビューを書く

過去鑑賞

漸く最後まで観終えました。

いや〜長かった。

ヴァンパイアや人狼は好きなテーマなんですけど…残念ながら結局このシリーズは最後までのめり込めなかったです。

やっぱり原因は主人公であるべラに全く共感出来なかったのが一番大きかったかと思います。

女性だったら、また違っていたかもしれないですね。

刺繍屋
刺繍屋さん / 2019年1月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レネズミを嫁にください

最後まで激アツの映画でした。
Part2が一番見応えがありました。

レオン
レオンさん / 2018年12月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

平和が訪れた。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 未来を予知できる(と言うか、自然に見えてしまう?)、
 アリス(アシュリー・グリーン)から、
 最悪の未来を見せられて、最悪の決断を変えたアロ(マイケル・シーン)。
 結果、平和が訪れた。

 ・・・束の間の平和、じゃなければいいけどネ。(>人<;)

たまき
たまきさん / 2017年9月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トワイライトの最終章!

ヴァンパイアものでは私の中では上位に来る作品。

アリスが相変わらず、とても可愛い♪

ヴォルトゥーリとの対決、アクションよかったです。
あっと驚く展開もありましたが綺麗にまとまった終わり方ではないかと思います。

終わってみるともう少し続きをみてみたいですね。

ガブ
ガブさん / 2017年1月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大好きな映画

最初から最後まで落ち度のない作品だと思います!!
ヴァンパイアの話だからあまり親近感はわかないかもしれませんが、ヴァンパイアだからこそのアクションシーンはとてもかっこよかったです!
1番辛い思いをしていたジェイコブも報われてほっとしました!

ナ ナ
ナ ナさん / 2016年7月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美人、美形がいっぱい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

洋画の恋愛大好きなので満足です!

最後のアクションもアリスの頭の中だけど迫力あったし、まぢで死んじゃう!ってドキドキしました!

とにかく女性陣が美しい!
見ごたえありました!

アクションシーンでベラが戦うとこはちょっと嫌かな。いつまでも守られる側でいて欲しかった〜〜

しんめんちゃん
しんめんちゃんさん / 2015年11月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後どーなるんだろう、、って心配だったけどうん、、、、まさかのラス...

最後どーなるんだろう、、って心配だったけどうん、、、、まさかのラストの戦いは回想(笑)誰も死なずハッピーエンドで良かったけどなんか、、、ちょっと、、、物足りない(笑)でもラブストーリーだからいいのかな?永遠ラブラブでよろしく(笑)

MIKU
MIKUさん / 2015年9月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストよ

シリーズを一気見して
ラストのびっくりするどんでん返しと
まさかの無理矢理回想

ちょっとそこはうーん、、だけど
でも、まぁおもしろかった‼︎

でも、なにこの続けそぉな終わり方w

TMGE
TMGEさん / 2015年6月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シリーズが進むにつれてどんどん失速

1作目が低予算でも監督の愛が感じられて全作つきあったが,2作目以降監督が替わり「男の裸出しときゃ婦女子は喜ぶんだろ」的に表現雑になり,テンションだだ下がりで終わった.
なんてのかな…LaLa/花ゆめ系の伝奇系ラブコメとしてはじまったはずが編集部のてこ入れかなんかで「少コミもかくや」の残念な感じの作品にいつの間にか変遷してしまったという感じ

ykono
ykonoさん / 2015年2月2日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好きな作品に! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

所詮のヴァンパイア映画となめてかかりはじまった、トワイライトシリーズだったが、終わってみれば最後まで吸い込まれ続け、好きな作品の一つとなり幕を閉じた。

ここまで、グロくも幸せを求め表現されてきた愛の形や闘いだったけど、最後のあのアリスによる終わらせ方は素晴らしいと思った!!

ハラハラドキドキし続けることのできる作品だ!!

個人的には、シリーズを通しての歌もとても好きだ!素晴らしい楽曲が使われ続けている!映像もとても綺麗!!

是非とも時間のある人達にこのシリーズをみて欲しい!

だいこん
だいこんさん / 2014年11月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハッピーエンド!

みんな幸せでよかったー!

トワイライトシリーズは私の大好きな作品のひとつです。
他の作品とは違って内容とか構成とかのクオリティーは微妙だけど一人一人のキャラクターが大好きになれる作品でした!

ぞの
ぞのさん / 2014年7月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い!

シリーズの中で1番ドキドキしました!
愛は強いですねー。笑
彼女のまだだし切れてない力
もっともっと観たいです!
シリーズ終わりですけど
勝手に子供とジェイコブの今後とか
妄想しちゃってます。笑

akari
akariさん / 2014年4月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヴァンパイアに転生して永遠に若く美しいまま愛する人と一緒…めでたしめでたし!? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人間の少女とヴァンパイアの青年の禁断の恋を描いたステファニー・メイヤーのベストセラー小説の映画化最終章後編。
ベラの数奇な物語が完結。
それを記念すべく、これまでノミネート止まりだったラジー賞で大量受賞を果たした。

前編のラストでヴァンパイアへ転生したベラ。
今までの内気な性格が嘘のように、逞しくなった。
走れば目に止まらぬほど速く、ジャンプ力は驚異的で、力も一番強い。
主人公が躍動するので、物語も久々に盛り上がる。

ベラとエドワードの子=レネズミを巡って、邪悪なヴァンパイア族=ヴォルトゥーリと一触即発の危機に。
対する為、仲間を集めるが、各々、特殊能力を持っている。まるで「XーMEN」。

遂に戦いが始まった!…と思ったら、あれれ〜!?
あのオチはいくらなんでも…。
やっぱり平和が一番って事?

元はティーン向けラブ・ファンタジー小説なので、勿論最後はハッピーエンド。
でも、本当にハッピーエンドなのかなぁ…。
ヴァンパイアに転生し、不老不死のまま生きていく事になったベラ。
それって苦にならない?
愛する人と若く美しいまま永遠に一緒だからイイのか…?

一応今回、シリーズまとめて見た訳だけど、結局最後まで、女子心分からず(笑)

近大
近大さん / 2013年8月30日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よい意味で、ラズベリー賞候補は納得

このシリーズはほぼ映画館で観ている。
バンパイヤものは好きだけれど、その中でもかなり好きなほう。
ストーリーはちょっと奇抜で、テンポが速いので、好きな人は好き、嫌いな人は嫌い、とはっきり分かれそう。私は楽しめた。観る直前に、ラズベリー賞候補とみて、ちょっとやめようかな?と思ったけれど、観て納得だった。奇抜な筋なので、アニメ感覚というところが、候補にあがったのでは?と思う

デルフィニューム
デルフィニュームさん / 2013年1月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジェイコブ叔父さん。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

おそらく世界中のファンにとって堪らない、最終章の最終回。
私自身は、ま~この映画、5年間もやってたの!?的な状況に
ビックリするくらいの顛末(物忘れ)を迎えてますが^^;
いやはや終わっちゃいましたねぇ。永遠の愛は続くんでしょうか。
ここまで頑張ったからには、是非夫婦円満でいて欲しいですねぇ、
私生活でも色々あったみたいですけどね、この二人^^;
思えば今作が今の「どんな映画もヴァンパイア」ブームを作り上げた
と言っても過言ではないくらい、流行らせたんですよね。凄いわぁ。

しかし前篇の、イチャイチャだらけの新婚生活からの出産シーン、
うわっ!という感じでベラが死んで転生しちゃいましたね。
あの真っ赤な瞳が印象的。この人(K・スチュワート)って結構攻撃的
な顔をしていると思うので、この目つきが似合ってる気がするわぁ。
今作では冒頭からすっかりヴァンパイアなもんだから、
まずは初級レッスン、みたいな感じでエドワードと走りまくったり
獲物を狙ったりするんだけど、もうめっぽう強くなってんのよね。
(さすがスノーホワイト!)
ジェイコブが娘レネズミ(何なんだ、この名前)こそ刻印の相手だと
白状した途端、あの突き飛ばし様!どーなんですか、あの態度は。
私的にエドワードもジェイコブも全くタイプではないので(ゴメン)
どっちがベラとくっ付こうが一向に構わなかったんですが、
どう考えてもジェイコブの存在は、あまりに可哀想すぎますよね。
これで娘がそういう相手なんだから、もうジェイコブ君は一生、
ベラやエドワードと絡む存在というわけで、もう叔父よね。叔父さん。
きっとこれからまた辛い経験ばかりするんだろうな(余計なお世話か)

もういい加減、このまま終わらせてあげりゃ~いいのに(爆)
何ですか、あの、ヴォルトゥーリ族、やっぱり出てきちゃいました^^;
アロ役のM・シーンの、入っちゃってる演技が好きなので、
この辺りからは、まぁようやく楽しめたんですが…。
凄い戦い!!まぁ~ポンポンと首は飛ぶわ、引き裂かれるわ、やっと
ホラーめいてきたかと思ったら…。エェ!?あらららら…(そうくるとは)
やってくれましたね、アリスさん^^;
とりあえず観応えたっぷりの後半戦、ダコタもホント顔変わっちゃって、
(痩せて大人っぽくなった?)
へ~!うわ~!なんて思っているうちに、あれよあれよと…(凄い早さ)

ラストはファンには納得!なんでしょうかね。
エンドで今までの映像が流れ流れて…かなり懐かしい気分になりました。
それにしても不自然な映像美が際立つこの作品、
レネズミの顔、赤ちゃんの時なんてエェ!ってくらいに不気味でした。
あの父母の娘なんだから、もうちょっと爽やかにって(それもムリな話)

(ともあれ皆さん、お疲れさまでした!白塗り落として毛穴に肌呼吸を)

ハチコ
ハチコさん / 2013年1月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2012年、最後を飾る作品

2008年の「トワイライト〜初恋〜」から4年、完結編にあたるシリーズ5作目。
少女っぽかった主演のベラ役、クリスティン・スチュアートもすっかり大人の顔になった。

人間のベラ、ヴァンパイアのエドワードの初恋にはじまり、そこにオオカミ族のジェイコブが割って入り三角関係に至った本シリーズ。ヴァンパイアとオオカミ族の相容れない種族の仲違いを経るが、ベラとエドワードのあいだに生まれたレネズミがジェイコブの“刻印”の相手とわかり、双方のわだかまりが収束に向かうというのが前作まで。
今作は、いよいよヴァンパイアを取り仕切る王族ヴォルトゥーリとの一騎打ちが描かれる。
カレン家とヴォルトゥーリが対立するにはきっかけが必要だが、それをレネズミがヴァンパイア族にとって災の子〈不滅の子〉であるとしているが、どうもこの〈不滅の子〉なるものがどういうものなのかピンとこない。どうやら自制心の利かない悪ガキらしく、仲間をも襲って滅亡に追い込むというものらしい。だが、そういったらヴォルトゥーリ族自体がアブない存在だし、あのメンツが子供一人を恐れるというのは、どうもしっくりしない。設定にもうひと工夫ほしいところだ。

それはさておき、今回の見どころは3つだ。
まずヴァンパイアとなったベラの能力。これはけっこう面白いネタをしつらえてある。
次は、レネズミとジェイコブの関係。レネズミの秘めた力も気になるが、ジェイコブが命を懸けてレネズミを護り通すことができるのか、そして二人を待ち受ける将来とは?
そして最後が、いきなりまさかのシーンで始まるカレン家とヴォルトゥーリ族の闘い。ぎょっとするような激しいカットが続き、知った顔が次々と葬られていく。

ラストは少々手荒な反則ワザではあるが、将来に夢と期待を残した点はこのシリーズらしくていい。
鳴り物入りで始まったシリーズが中途で頓挫する昨今、無事完結したことに祝儀として☆(★の半分)を上乗せ。

この作品、ゴールデン・ラズベリー賞に11部門ノミネートされたが、そんなに悪くはない。むしろ面白い。惜しむらくは、1作目のVFXを担当したILMが、2作目以降、予算もしくはスケジュールの関係か外れてしまった。あのままILMが継続したなら、もっとクォリティの高いシリーズになっていたことだろう。

マスター@だんだん
マスター@だんだんさん / 2013年1月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

驚愕のどんでん返しによって、強引に甘ーいハッピーエンドに突き進む懲りない作品。

 前回たまたま衝動的に見てしまったので、仕方なくPART2も見ることになりました。そういうスタンスであることをまずご了承下さい。

 前作ではベラは命と引き替えに出産を決意。エドワードの決断でベラはどうもヴァンパイアとして転生して生きながられたらしいというところで終わりました。
 ベラが産んだ人間とヴァンパイアのハーフの子は、地上に厄災を招き、オオカミ族やヴァンパイアを滅ぼすという言い伝えを信じたオオカミ族は、ベラを匿っているカレン家の別荘を襲撃。出産を阻止しようとしたのに、今回はそんな話が嘘のようにオオカミ族は警護役に徹していました。
 エドワードの前でも露骨に好意を示していたジェイコブにも、全く興味を注がないばかりか、娘に接近させないように警戒までする始末。それもそのはずで、生まれてきたレネズミにそっさくつばをつけて、生涯の婚約者の絆をジェイコブはレネズミの魂に刻印してしまうのですね。それを知ったベラは怒り心頭で、ジェイコブを邪険に扱い始めます。
 一体ある熱い三角関係の葛藤は何なのだったのかと怒りたくなるほどのベラの変わりようです。この最終章は、ベラに振り回されたジェイコブの扱いだけでなく、とにかくこれまで集積してきたシリーズのウリとなっている伏線をごとごとくぶちこわして、強引に終わってしまう、ツッコミどころが満載なのです。
 恐らく、主演のふたりのファンであるとか、ロマンチックな映像と音楽、そして甘いラブシーンに酔いしれたいカップル以外は、きっと白けてしまうでしょう。
 そもそも、本作は人間とヴァンパイアの禁断の恋がテーマだったのに、前作でいとも簡単にその葛藤を乗り越えてしまったら、そこで物語は終わったも同然だったのです。
 でもヒットしているから、無理を承知で続編が企画されてしまったという感じです。驚くべきは、まだこれで終わりではなく、本シリーズの登場キャラを起用したスピンオフを検討しているというから、人気が有る限り続くようです。

 人間でなくなったベラは、超能力を得て、スーパーマンよりも強い能力を得てしまいます。か弱いヒロインが葛藤するから感情移入できたのに、カレン家最強の存在となって、一山をかるーく跳び越えてしまうところを見せられると、これ一体何の映画なんだと思ってしまいました。もう1作目と大きくかけ離れた世界観の作品となってしまっているのです。ラブシーンはそれなりに、ロマンチックに魅せてくれますが、台詞でヴァンパイアに転生したら、果てしなく欲望の赴くままに交わっていられるという会話は、超人過ぎて幻滅してしまいます。

 そんな中で、ラブロマンを放棄した本作の見どころは、呪われた子であると一方的にヴァンパイアの王族によって決めつけられ、命を狙われるベラの子レネズミとそれを守ろうとするカレン一族の最終バトル。そこにベラと親しいオオカミ族やレネズミの無罪を証言するために集まった世界中のヴァンパイアが加勢して、一大決戦となります。これがけっこうシリーズとしては盛り上がって、迫力ある攻防戦が繰り広げます。ただ、迫力ある分ラブロマンス路線を走ってきたシリーズには相応しいない残酷なシーンもあるのが難点。デートムービーとして甘い気分にひたっているカップルにとってはとんだ災難となることでしょう(^^ゞ
 ベラの超人的な活躍には、なんだかなぁという興ざめの気分になってきました。しかも予言能力を持つアレンの活躍で、この決戦すら一発でチャラになってしまうのです。結局は、ベラとエドワードのラブラブなシーンで終わりという、お約束通りのパターンで終わってしまうのですね。

 面白いのは、世界中から招集したヴァンパイアにはそれぞれ個性的な超能力を持っていて、幻術の達人だったり、四大元素を自在に操ったり、人の心を自由に洗脳したりできてしまうのです。それって早い話が、X-MENそっくり。だから、本作はラブロマンスよりも、ちょっと変わったX-MENを見にいくというのが正しい期待の仕方とお勧めしておきますね。

 日本人には、ベラの子供の名前がネズミに聞こえてしまうのも難点です。狼男も出ているのでついついねずみ男を連想してしまいましたぁ(^^ゞ

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2012年12月31日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

展開早すぎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作ファンとしては最後のくだりどーやって面白い映画にするんだろうと思ってたけど、まぁこんなもんでしょうね。
最後は賛否両論あるんだよね〜。。。終わりよければって言うけど、トワイライトって終わりが微妙なんだよね〜。。。みんながスッキリする終わりじゃ無いんだよね(>_<)
しかも原作でさえも続々と出てくる新メンバーをもっと詳しく知りたいんですけどーって感じだったけど、さすがに映画になるともう誰が誰だかってくらいはしょられ過ぎてて出てきた意味あんのか?って思ってしまった(--;)
何でもあっさり進みすぎて本当原作知らない人にはちょっとついていけなかったりふに落ちないところも多々あるかと。。。
でもpart1でも思ったけど、今回も初恋の時の曲がちょいちょい使われてて嬉しかった。
あと、原作には無い戦闘シーンもあってちょっと面白かった。
でも原作知らない人には最後ちょっと「えー!!」ってなってしまうかも(^^;)
なんだかんだで自分的には1番最初の初恋が1番面白かったな。

れに
れにさん / 2012年12月28日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シリーズ見つ続けてるから…ね〜。

‘トワイライト’なんでアメリカのティーンにこんなに絶大な人気があるのかよくわからない…原作はそんなにおもしろいの??
1作目でヴァンパイア達とオオカミ族の争いにヴァンパイアと恋に落ちた人間の女の子が絡んできて面白そ〜、と思ったら2作目からいきなり‘バカップル’な話に転がってその後も似たような展開で最後どうなんの?って思っていたらこんな終わり方でした…。
まぁー、これもありと思うのですが、折角ここまで迫力ある闘い描いたんだったらなにも戻さなくても…。
ダコタファニングももう少し重要な役割でラスト飾るかと思いきやそーでもなかった。
連作だから結局最終章まで見たけど、結局‘ヤングノベライズ’なのね。

peanuts
peanutsさん / 2012年12月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一掃

最終章、話をまとめ上げるため慌てたようです。 前作で結婚式、ハネムーンに出産としつこいくらい細かい描写だったのに、今回はあっと言う間のバンパイア・ベラと、成長著しいレネズメ。 尻に敷かれるエドワードに、ライバルから子守に降格の ジェイコブ。 バンパイア一家総出で決闘の場へ。 オオカミ族の皆さんも参加の壮大スケール、、、からは 程遠く。 とにかく展開が早くて、出演者が多くて、曲芸も多数 披露されて大忙し。

お馴染みのカレン一家に 主演メンバー。レネズメを演じた マッケンジー・フォイちゃんの 透き通った瞳が印象的。ベンジャミン役のラミ・マレックという俳優さんはテレビドラマ『ザ・パシフィック(2010)』でも光る演技を見せていました。これからに注目したいです。

恋の三角関係や 苦渋の決断など件を一掃するような本作品。 期待せず「〆だから見とこう」という気持ちだと 受け入れやすいと思います。 ただ、後半のあの演出に苦笑い、もうちょっとスマートに(きれいに)終わってほしかったな。

Blue
Blueさん / 2012年12月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

20件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報