「観念的な遊び!!」映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス アンジェロさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0観念的な遊び!!

2018年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

単純

知的

記念すべき20作目という事で、いつもより凝った作りです。現代日本人の心の余裕のなさから転じて、ヒママターという物語のシンボルと動機を生み出しています。後は「惑星ひまわり」というユートピアの茶番を、いかに暴くかと言う所だと思いますが、いつも通り家族パワーで押し切る為それは弱かったです。ゴロネスキーの「親? あなたの言う親とは、本来子供の生の途中で消えゆくもの。子供は親のものではなく星のものではないか? 誰もが皆、星から生まれる。あなた方の母は地球ではないのかな?」という台詞は熱くて好きです。評価は低めのようなので、B層向けとしては失敗だったと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アンジェロ
「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」のレビューを書く 「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」のレビュー一覧へ(全11件)
「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」の作品トップへ