ロラックスおじさんの秘密の種のレビュー・感想・評価

ロラックスおじさんの秘密の種

劇場公開日 2012年10月6日
12件を表示 映画レビューを書く

道徳の時間

アニメーションもストーリーも悪くない。
けど、分かり易さとメッセージ性を出し過ぎたせいで
ちょっと説教くさい。

学校の課題として見せられるような
「いかにも感」が鼻についちゃった。

mar
marさん / 2018年12月3日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

噛めば噛むほど? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最初に映画館で観賞した時は思ったよりも道徳性が強くてあれ?イメージと違うぞ?と、おもしろさよりも違和感が先行してしまいましたが、地上波で再び観賞した時は作品の良さを素直に感じることが出来ました。
楽しさと可愛さとチクリと刺さる罪悪感…何度も繰り返し観賞したい映画です。

除湿
除湿さん / 2016年6月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

メッセージ性があるね

メッセージ性があるね

しゅ
しゅさん / 2016年3月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

メッセージ性が強すぎる

小学校の道徳の時間でみるような映画。
人は動かないと何も変えることができないというメッセージはいかにも小学生に教えるような内容。

あと吹き替えのトータス松本がひどすぎる!
自分らしさを出しすぎ!

ゆきち
ゆきちさん / 2015年5月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もし、しなければ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

児童文学作家ドクター・スースによる児童書のCGアニメ映画化。

自然の木が一本も生えなくなった世界。全てが人工で造られた町“スニードヴィル”は環境も空気も整えられているが、町の実力者オヘアが権力を握っていた。
ある日、少年テッドは憧れの女の子が自然の木を見たい事を知り、祖母から聞いた手掛かりを頼りに、町の外、荒廃した世界に住む男ワンスラーを訪ねる…。

全米では2億ドル超えのメガヒット。
…普通だった。
可もなく不可もなく。

個性的なキャラ、ユーモアとハートフルの作風、分かり易い勧善懲悪…全てが予定調和。
元々児童文学なので、子供に見せるには充分だけど…。

やがてテッドは、風変わりなワンスラーから、かつての自分の愚かな行いと、不思議な森の住人ロラックスの事を話し始める…。

昔、外の世界は自然に満ち溢れていた。
が、ワンスラーは自らの欲に溺れ、木々を全て切り倒し、残ったのは荒廃した世界と後悔だけ。
一見、カラフルで楽しい子供向けの作品の根底に、人間の傲慢と愚かさ、自然の尊さというシリアスなテーマが溶け込まれている。
ロラックスはその自然の代弁者。

ワンスラーからたった一つの自然の木の種を託されたテッドは、町の中央に植えようとするが、オヘアがその邪魔をする…という、後はお決まりの展開。

吹替で鑑賞。
話題になった志村けんのロラックスは、思ってたより悪くなかった。
ワンスラー役のトータス松本もまずまず。
テッドの憧れの女の子は、“じぇじぇじぇ!”な下手さ。
テッドの母親も、“肉食系映画コメンテーター”の地声丸出し。

近大
近大さん / 2014年5月26日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地球最後の木の種を巡る攻防 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

地球最後の木の種を巡る攻防をコミカル&ミュージカル風に描いている。

「あなたがもし何もしなければ世界は変わらない」 ドクター・スース

2013年3月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オードリーの綺麗な髪

オレンジの髪がふわりと揺れたり、さらさらしているのが観ていて楽しい。ロラックスおじさんの空の飛び方も好きだ。森を無くした男がそのキャラクターではなく、トータス松本が全面に出ている感じで、そこは少しつらかった。

あんみつ
あんみつさん / 2012年11月14日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

控えめなおじさん。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

日本語吹き替え版では、志村けんがロラックスおじさんの声を
あてていることで、一気に「変なおじさん」と化してしまう恐れが
あった本作なんだけど、観てみたらほとんど気にはならなかった。
冒頭からいきなりミュージカル仕立てになる凄いアニメで、なるほど、
だから本国ではテッドの声にZ・エフロンか~。なんて頷いてみたり。
内容は「いたってありきたり」なテーマを謳っていながら、
観せ方が上手いので、大人も子供も最後まで飽きずに鑑賞できる。
色遣いも綺麗でフワフワとかポワポワしたもの(漠然としてますけど)
が、お好きなヒトには堪らないんじゃないだろうか。

絵品作家が環境保護をテーマに描いた原作で、もちろんテーマは
環境破壊について。世界に一切の植物が無くなってしまい、すべてが
プラスティックや塩化ビニールでできたものになっているという設定。
当然新鮮な空気が無くなるので実業家オヘアが空気を売り捌いている。
国民はそれでも今の生活に大満足~♪
とばかりに歌ったり踊ったり、どうみてもバカとしか言いようのない、
おふざけモード全開で始まるのだが、細かく観ていくと、やはり本物の
木が見たい!とか、欲しい!とかいう人々がいたりするところがいい。
そこで、憧れの女友達に本物の木を見せてやりたい!と奮闘するのが
主人公のテッド。街外れに住むワンスラーという伝説の老人を探しに
街を出て行くのだったが…。

初めこのワンスラーの声を、誰があてているのか見当がつかなかった。
エライ関西弁だし(爆)、ミュージカルだから?歌なんかも歌っているし、
ハテ…この声は…?なんてしばらく映画そっちのけ(スイマセン)で考えて
しまった。あー!トータスか!と気付く頃にはロラックスおじさんが登場。
決して変なおじさんではない?このおじさんは、森の木の代弁者だった。
若い頃に街を出て、自身の開発品を売り捌いて金持ちになる夢を実現し、
森の皆と仲良く暮らしていたワンスラーだったが、彼が全ての木を伐採
してしまったことで、美しい世界が一変してしまう…という過去のお話を
テッドに聞かせるワンスラー。事態を打開すべくテッドのとった行動とは。

タイトルになっているわりには、ロラックスおじさんの影が薄い(爆)
必要以上にシャシャリ出ないし、意見も云わない。じっとワンスラーの
行動を見守り、進言するのだが、期待を裏切る事態に見舞われたらば、
ひっそりと去っていく。。なんとも、控えめなキャラクターだった^^;
どちらかといえばワンスラーとテッドの二大態勢で自然を取り戻す!と
いう、人間に対するアプローチ(環境保護への)が押し出された作品だ。
まぁそれが一番、言いたかったことなんだろうが。。

観せ方が巧いので、鑑賞後何かの苗を種から育てたくなること請け合い。
植生物が育たない環境で、人間が生きていかれるわけないじゃないという、
当たり前の幸福と一歩前へ。(宅配じゃなくてね)踏み出す勇気を促す作品。

(あのホワホワ感が堪らなかったわ。触りたい~♪埋もれたい~♪ってやつ)

ハチコ
ハチコさん / 2012年10月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

チョコレートみたいに甘くて微かにほろ苦い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『怪盗グルーの月泥棒』を手掛けたイルミネーションスタジオの新作CGアニメ!
今回も楽しくて素敵な映画でした。

序盤こそ気持ちが乗り切らないが、中盤、商人ワンスラーが
森の番人ロラックスと出会う辺りからが楽しい楽しい!
偉ぶってみせるが実は好々爺なロラックスは勿論、
キュートな子熊フィップスクイーク、魚のコーラス隊など、
ワンパク過ぎる動物たちが可愛い!笑える!
毛皮AEDなんて素晴らしいアイデア(笑)。

ロラックス役の志村けんの吹替も上々。
茶目っ気と暖かみを感じるステキな声音だった。
それとトータス松本の吹替が!ハマりにハマっている!
「♪俺は悪くない〜」と利益優先主義を皮肉たっぷりに歌い上げる劇中歌は、
彼の新作アルバムに収録して欲しいほどの出来。

ま、不満点もあります。
今まで誰も街の外へ出なかった理由とか、
オヘア社が街を牛耳るようになった経緯とか、
物語のディテールをお伽噺に求めても意味がないと思うので、その辺りはあまり気にしてない。

けれど、自然の素晴らしさと憧れを謳うのであれば、
プラスチック製の街・スニードビルはもっと無機質に、
あるいは添加物たっぷりの毒々しい感じに仕上げてほしかった。
森と街の色彩や質感にあまり差異が無いので、
最初にワンスラーが森を発見した時の感動や、
人々が自然を渇望する気持ちが今ひとつ伝わらなかったんすよね。
あとはやはりピクサー作品と比較しちゃうと、
アクションシーンの疾走感や画の密度は物足りない感じかなあ。

だが僕が一番心惹かれたのはアクションではなく、
ワンスラーとロラックスをめぐる物語。

『森を切り倒すと自然から報復される』とロラックスから脅されたワンスラー。
だが、彼が被った呪いは自然からの報復なんかではなかった。
私欲の為に無垢な動物達の棲み処を奪い、大切な友人をも失ってしまったという後悔。
良心の呵責こそが、彼の背負った呪いだった。
長い長い“呪い”からワンスラーが解放される、ロラックスとの再会の場面。
ささやかな、けれどもじんわり心に沁みる優しい結末に涙ぐんだ。

カラフルで愉快な世界を楽しみつつ、
環境破壊で消えてゆく動物達を憂い、
利益ばかり求めて優しさを失ってゆく自分を憂う。
チョコレートのように甘ったるいが、微かにほろ苦い——そんな映画。
小さな子どもも楽しめて、大人のハートも揺さぶれる、懐の広い良作です。

<2012/10/7鑑賞>

浮遊きびなご
浮遊きびなごさん / 2012年10月18日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

安心してみてられる…

ディズニーとか、ピクサーとか、こういう感じの映画って子供たちが沢山入っている劇場で見ると素直に感動が倍増されますね。
笑えるシーンとか、危機一髪のシーンとか、そういう時に子供たちは素直に反応してくれているんです。
‘あははは’とか笑うし、‘危ない〜’とか声出したり…。
それにストーリーも自然回帰の単純明解なお話ですごくわかりやすいと思うし、登場人物のキャラクターも絵面が可愛いし、正確もバラエティー感満載だし。
おばあちゃんの元気と、お母さんの愛情もすごく気持ちよく描かれていました。
気持ちよく見ることができました。

peanuts
peanutsさん / 2012年10月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

今だから、たくさんの人に見て欲しい

久し振りに爽やかに泣きました。素晴らしい映画です。子供向けに作られた映画かと思いきや、大人まで感動できる素敵なお話です。原作の絵本が書かれたのは70年代初期のことですが内容は正に今を風刺しています。経済的利益を優先した結果、原発や森林伐採等によって、空気や水の汚染が社会問題となっている昨今、『仕方がない』とか『世の中ってこういうものだ』と言った言葉で現実に目を瞑ってしまうことが真の大人、といった勘違いが蔓延していますが、この映画は真実と向き合う大切さ、素晴らしさをファンタジーという優しいメタファーで包むことで誰の心にもスッと染み込む作品に仕上がっています。肩の力を抜いて家族で楽しんで戴きたい一本です。

SALA
SALAさん / 2012年7月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ぬいぐるみ欲しい

タイトルになっている『ロラックス』は 森の番人(妖精?)。 大切な木々と住人(動物)たちを守るロレックス、そこに現れた青年。 それから時を経て、未来の街に住むテッドは 思いを寄せる女の子・オードリーの夢を知り、隠された過去の秘密を調べ始める…という ストーリーの始まり。

ザック・エフロンとテイラー・スイフトちゃん声の共演、『怪盗グルーの月泥棒 3D』のスタッフ製作という豪華さ。
絵本の世界を知らないので 先入観なしで鑑賞しましたが、「やっぱりグルー。。」というのが 率直な感想。 脚本が良いのと、悪いキャラと良いキャラ、全体的な構成が グルー。 可愛いキャラクターがたくさんいるのも、グルーの時のアイデアと一緒です。 それに加えて 今流行りのミュージカルを取り入れているのも、ありがちというか製作者的には ニーズに応えたつもりなのかな。

普通に楽しく アメリカン・ジョークも笑えましたが あまり印象に残らず。。 ザックとテイラーちゃんよりも、エド・ヘルムズ(『ハングオーバー』の歯抜け・顔入れ墨のストゥ)が活躍していたのも 意外でした。 あ、ロレックスの声は ダニー・デビート(『ジュニア(1994)』でA・シュワルツェネッガーと共演してた小さいおじさん)です。

200名近いキッズで大盛り上がりの劇場内、クマちゃんたちと魚ちゃんたちが 大ウケ。 きっと ぬいぐるみが売れるな、私も欲しいなと思っちゃいました。
面白いけど、グルーには勝てない&インパクトが足りない 3.5。 ザックは声より顔(本人)が見たいな、笑。

Blue
Blueさん / 2012年3月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

12件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi