エクレール・お菓子放浪記のレビュー・感想・評価

エクレール・お菓子放浪記

劇場公開日 2011年5月21日
2件を表示 映画レビューを書く

いい人だって死ぬ、それが戦争だ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「エクレール・お菓子放浪記」(近藤明男監督)から。
宮城県石巻市を中心にロケ撮影がされ、
この春、東北地方で先行上映されるはずだった作品。
それが、東日本大震災で、ロケ地だった場所がなくなったり、
エキストラで出演していた人たちも津波で亡くなった話を耳にし、
いてもたってもいられなくなって、自主上映会場に足を運んだ。
あの映画館やあの場所も・・と、石巻市の魅力満載の映画が、
追悼の映画になるなんて、誰もが想像しなかったことだろう。
しかし今、全国で、復興支援としてこの作品の上映会が開催され
わが町でも、実行委員会形式による自主上映会の準備を始めた。
物語では、大切な人を戦争で次々と亡くし、主人公が呟く台詞、
「もう優しい気持ちなんてまっぴらだ」も印象的だったが、
「いい人だって死ぬ、それが戦争だ」と彼に諭す台詞も心に響いた。
今回の3.11大震災の衝撃を「第2の敗戦」と位置づけた人もいる。
そういう意味では、被災者の慰めにはならないと思うが、
「いい人だって死ぬ、それが戦争だ」を読み替えて
「いい人だって死ぬ、それが地震だ、それが津波だ」と残したい。
だからこそ、残された私たちは、毎日を大切に生きなければ
戦争や震災で命を落とした人たちに申し訳ない、と感じる今日この頃。
是非、多くの人に観て欲しい、と思う作品であった。
きっと観るたびに、気持ちが優しくなってくる気がするから。

shimo
shimoさん / 2011年8月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

運命

災後に初めて見た映画

再開に相応しい作品でした

主役の少年の演技とは思えない迫力

媚びない演出

またひとつ珠玉の宝を見つけました

合掌

MightyDV
MightyDVさん / 2011年7月1日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報