ドラゴン・タトゥーの女 インタビュー: “絶対あきらめない”資質でヒロイン役を奪取したルーニー・マーラ

ホーム > 作品情報 > 映画「ドラゴン・タトゥーの女」 > インタビュー > “絶対あきらめない”資質でヒロイン役を奪取したルーニー・マーラ
メニュー

ドラゴン・タトゥーの女

劇場公開日 2012年2月10日
2012年2月6日更新
画像1

“絶対あきらめない”資質でヒロイン役を奪取したルーニー・マーラ

デビッド・フィンチャー監督最新作「ドラゴン・タトゥーの女」で、全身ピアス&タトゥーの天才ハッカー・リスベット役に抜擢された女優ルーニー・マーラ。初来日しインタビューに応じた彼女は、26歳という若さながら、静かな口調ではっきりと自分の意思を語る姿が印象的だった。フィンチャー監督の前作「ソーシャル・ネットワーク」で演じた清楚な女子大生を本人のイメージに勝手にダブらせていたが、素顔のマーラは脆さと激しさを併せ持つリスベットに近いのかもしれない。(取材・文/本間綾香、写真/堀弥生)

経済誌ジャーナリストのミカエルと寡黙な天才ハッカーのリスベットが、40年前の少女失踪事件を追う「ドラゴン・タトゥーの女」。去る1月26日、第84回アカデミー賞のノミネーションが発表され、ヒロインのリスベット役を演じたルーニー・マーラは、主演女優賞のカテゴリーに候補入りした。

小さいころから女優志望だったというマーラにとって、初のオスカーノミネート。その興奮を真っ先に誰に伝えたのか尋ねると、「誰にも伝える必要なかったんです。みんなが私に電話をくれたので。たぶん、いちばん最初に話したのは父親だったと思います。すごく喜んでくれました」と、本人はいたって落ち着いた様子だ。

ベストセラー小説の映画化であり、すでにスウェーデン版の映画が大ヒット、そして今度は泣く子も黙る異才デビッド・フィンチャーが監督、という条件がそろい、リスベット役にはスカーレット・ヨハンソンをはじめ、多くの女優たちが名乗りを上げた。

「オーディションは、特にほかの作品と変わらないものでした。最初にキャスティングディレクターと会い、脚本の読み合わせをして、それから通常のスクリーンテストを受けました。続けて数回受けた後、ダニエル(・クレイグ)と一緒のスクリーンテスト、それからデビッドに見てもらうためのへア&メイクをした状態でのテストがありました。ハリウッドではごく一般的なプロセスだったと思います」

並みいるライバルたちの中からフィンチャー監督に選ばれたわけだが、自身のどんな部分が決め手になったと思うか聞くと、「それはデビッドに聞いてもらった方がいいと思いますが、私が推測するに監督はオーディションのかなり初期の時点で、私をリスベット役に決めてくれていたような気がします」と話す。

「それでもオーディションに2カ月以上かけたのは、周囲の人たちに主役は私だということを説得する必要があったからではないかと思います。また、オーディションの回数を重ねていく中で、デビッドは私の中にある“絶対にあきらめない”という、リスベットと同様の資質を見つけてくれたのではないでしょうか。私はリスベットを演じるためなら、何だってやるつもりでしたから」

フィンチャー監督の作品に出演した俳優たちはみな、そのテイク数の多さを口にする。「ゾディアック」のマーク・ラファロや、「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグらによると、1シーンで50回、60回は当たり前なのだとか。フィンチャー監督作2度目の出演となったマーラだが、「それがデビッドのメソッドなのです。どのシーンを何回撮ったかは覚えていませんが、とにかくたくさん撮りました。私も完璧主義なタイプなので、その点はまったく苦じゃありません」と余裕の表情だ。

「デビッドはとてもオープンで、俳優たちといろんな意見を交わしながらコラボレートして作り上げていきます。でも一方で、自分がこうと確信していることに関しては絶対妥協しませんし、ディテールまでとことん凝る人です。監督として技術的な知識はもちろん、物語をみせるという意味においても卓越したセンスを持っていると思います」

原作小説を読んで、特異な生い立ちをもつリスベットの複雑な内面に深く共感したというマーラ。「リスベットの中にある怒りは特殊なものではなく、どんな人間も多かれ少なかれみんな持っているものだと思います。彼女は言葉少ない人で、重要なことしか話さない代わりに、彼女の発する言葉には明確な意味と強さがあるのです」と説明する。

一度見たら忘れられない、リスベットの強烈なルックスは、「コスチュームデザイナーのトリッシュ・サマービルとデビッド、そして私の3人で決めたものです。外見的にこれまでにない挑戦が必要なことは覚悟していたし、イメージはできていたので、あとはたくさん話し合いをしながら絞り込んでいきました。いろんなことを試して、とても楽しかったです」

噂されている続編については、「私が知る限り、まだ正式には製作決定していないと思います」とのことだが、マーラが演じるリスベットの活躍とその変化を、まだまだ見てみたいと期待する観客は多いだろう。

インタビュー

関連コンテンツ

特集

デビッド・フィンチャー×「ドラゴン・タトゥーの女」 いま誕生する、映画史上 最も衝撃的な化学融合《ケミストリー》
特集

全世界が震撼した大ベストセラーを、「セブン」「ファイト・クラブ」「ソーシャル・ネットワーク」の鬼才デビッド・フィンチャー監督が映画化を果たした! “最高の才能”=フィンチャーが、“最高の素材”=「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

暗鬱かつ健気なヒロイン、リスベットがカッコイイ
映画評論

見返さないとどういった形態が連続しうごめいているのか語り尽くせないが、タイトル・デザインのCGアートがとてつもなく魅力的だ。女体と交接とスカルが黒のメカニズム、黒い流体のエロスとして炸裂する。思うにこれはスウェーデンが唐突に生み出した...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ドラゴン・タトゥーの女[DVD] ドラゴン・タトゥーの女[DVD] ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女[DVD]
ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ドラゴン・タトゥーの女[DVD] ドラゴン・タトゥーの女[DVD] ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女[DVD]
発売日:2012年6月13日 最安価格: ¥5,122 発売日:2012年11月21日 最安価格: ¥1,000 発売日:2012年6月13日 最安価格: ¥3,283 発売日:2010年6月4日 最安価格: ¥4,104
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全156件)
  • 思ってたより面白かった。 自分には合わない映画かな?と思って敬遠してた作品でしたが、思ってた以上に面白かった。 裁判に負け全てを失った記者と、心に傷を負った天才ハッカーの女が手を組み、依頼を受けた謎を解いていく。 リ... ...続きを読む

    m@yu-chan-nel m@yu-chan-nelさん  2019年2月24日 13:26  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • リスベットがカッコイイ 2度目の鑑賞。 やっぱ、リスベットがカッコイイ。 原作・スウェーデン版「ミレニアム」のミステリー要素を抑えてはいるけど、フィンチャー自身はあまり興味がなくて、どちらかといえば女007をやりたかっ... ...続きを読む

    青空ぷらす 青空ぷらすさん  2019年2月2日 00:12  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • おうち-122 あの状況で、エンヤかよ(笑) うちのテレビさん、どうやらプッツンキャラらしく、昨日完全お逝きになったと思っていたら、本日普通に営業しました。 だったら昨日のうちにドラゴンタトゥー掘ってから、蜘... ...続きを読む

    かいり かいりさん  2019年1月23日 00:37  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー バースデー・ワンダーランド 松岡茉優の秘めたる覚悟、まだ24歳という現実
  • インタビュー キングダム “ハマり役”を超えた“役への没入” 山崎賢人&吉沢亮&大沢たかお「キングダム」で見た天下統一の夢
  • インタビュー 多十郎殉愛記 高良健吾、30代最初の主演作で体得した収穫と課題 “活動屋”の魂を追い求めて…
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報