劇場公開日 2012年9月15日

  • 予告編を見る

ヴァンパイアのレビュー・感想・評価

3.212
8%
45%
39%
5%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全12件を表示

2.5愛を知ったヴァンパイア

mimiccuさん
2018年6月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

淡々というか展開が急に始まってもう次?良かったの裸のサイコキラーとレディバードとの森のシーンくらいかな。あと風船婆さんが飛んでくるところ。一般的なヴァンパイア映画のイメージと全く違って、ただ血が好きな普通の高校教師なのが良かった。生徒に輸血したゆえに貧血になるギャグは笑った。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

3.5岩井美学。

2017年6月17日
PCから投稿

数ある岩井作品の中でもトップクラスで映像美が光る映画でした。
内容は残酷なのに映像が美しいからなんだか見れてしまう。不思議な映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子

4.0この監督の作品は食わず嫌いしてたけれども

K Bさん
2017年5月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

自分に酔ってるとか サブカルメンヘラ臭いと思って食わず嫌いをしていましたが GWの気まぐれに借りて見てみました

綺麗な映画 ところどころにしっかり気持ち悪さはありますがそれを含めて綺麗な映画
でもやっぱりあー、きもちわりぃなあ… って思うシーンも(笑)
でも人に勧めるような作品で自分は無かったですw

エンドロールの曲 これまたすごく綺麗でした
これだけで30回近くループさせていただくほどに
それとアデレイドクレメンスさん すごく綺麗な肌
岩井修二さんの作品 いくつか見てみようかなと思いました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
K B

4.0美しい

2016年6月22日
Androidアプリから投稿

映像の美しさが印象に残っている

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おむらいす

3.5限りなく透明に近いブルー とはまさに

Hasさん
2015年8月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

2度目のレンタル。大きな記憶違いがあった。以前に観た時、この映画は終始薄いブルーのフィルムではなかったか。

岩井俊二監督が得意とする透明感ある画調に加えて、施される森の緑や、バスのシート、病院のシーツまで、拘ったブルーやグリーンの配色が美しく、間違った記憶を生んだのだろう。

「首から飲んでみていい?飲んだことないんだ」 にグッときた。

赤い風船ならぬ白い風船。風船はよくできていた。

とにかくクソ暑いこの真夏。クーラーの効いた部屋で観たい映画No. 1。怖い映画という意味ではなく。心地良い清涼感のある小品として。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Has

3.5メンヘラ万歳

rさん
2015年4月25日
iPhoneアプリから投稿

笑える

萌える

岩井俊二は正直、苦手だが、これは結構面白かった。
相変わらず、ファッションメンヘラ臭がプンプンしたけど。
そして、なにより『パルプ・フィクション』のアマンダ・プラマー!ハニーバニー!彼女が一番オイシイのではなかろうか。
それにしても、どんだけ蒼井優が好きなんだ、岩井俊二よ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
r

4.5岩井俊二...

2014年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タテスジコ

2.5美しい岩井ワールドは健在だが…

近大さん
2014年9月18日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

難しい

岩井俊二が、カナダを舞台に全編英語で撮った異色のヴァンパイア映画。

サイモンは一見普通の高校教師だが、血への渇望を抑えきれない。サイトで自殺志願者と出会い、血を求め続ける…。

監督のみならず、脚本・プロデュース・撮影・音楽・編集なども担当。
透明感のある映像と美しい音楽の岩井ワールドは健在。
見る者を不思議な心地の世界へ誘う。

…だけどこの映画は、見る人を選ぶ。
筋金入りのホラーファンはNG。ホラー要素は皆無、それに期待して見ると肩透かしを食らう。

そもそも、主人公が本当にヴァンパイアなのかも疑問。
劇中でも、ヴァンパイアであるという明確な描写は無い。
ただ血を欲する異常体質なのでは?

しかし、我々はそれを“ヴァンパイア”と呼ぶ。
それ故、孤独であり続ける。

さ迷う孤独な魂と魂の出会いと、愛。
岩井俊二が繊細に綴る。

美しい映画ではある。
が、面白味に欠け、岩井俊二が美意識に酔った作品と感じてしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

3.5何処となく funny

2014年3月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

映像美、story に物憂げな旋律が全編に渡って被さる。どちらが主役か分からない位。その音楽に浸りながら ぼんやりと映像を観ているだけでも、知らぬ間に岩井world に どっぷり。

緩やか~に展開していく物語、殆ど囁きの様に静かな台詞群、ごくごく小さな community site、と派手さは無い。が、油断をしていると突如 ぞわっと鳥肌が立つ事 必至!!(笑)
見事に翻弄されちゃいました◎

とてもとても美味しそうに 見 え な い 血液や、自殺site に集まる若者達の妙に冷めた(摩れた?)振舞いが、何処となく funny でもある。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
"Auggie" Wren

4.0よかった

2014年2月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

4.5チェロの響き

xtc4241さん
2012年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

幸せ

はじめにひとこと。
この映画レビューの印象のパート。
「美しい」というのがないですね。
「寝られる映画」や「萌える映画」なんかよりも
「美しい映画」という評価、印象は当然あるのと思うのですが・・・

というわけで、
皆さんこんにちは(いま9月23日9:50頃です)

「ヴァンパイア」は、チョロの重低音が響いている映画だと思った。
そんなに目立つ音ではないけれど、腹の底にじわじわきいてくる音。
派手ではないけれど、目を凝らしてみると、とてもクリアな響き。
不可解で、不気味で、不条理な世界を描いている。

第1に映像は、怖いけれど、美しい。
森の中を歩くふたりのシルエットが美しい。
車のなかから、見える情景がなにかしら滑稽である。
そんな中で、生きて行こうとする主人公たちがあわれである。
常識的な営みに不具合を感じてしまうひとたち。

誰もが感じたことがあるだろう、不条理感。
でも、それは僕たち自身の姿だ。

あやしいけれど、それも、人間も世界。
「ヴァンパイア」は、もうひとつの人間の世界を描いた映画だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
xtc4241

5.08年振りの岩井俊二の世界へ。

hiroさん
2012年9月20日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hiro
「ヴァンパイア」の作品トップへ