富江 アンリミテッド

劇場公開日

富江 アンリミテッド
17%
42%
0%
8%
33%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

長い黒髪と左目の泣きぼくろが特徴の美少女・富江の恐怖を描く、伊藤潤二のホラー漫画を実写映画化したシリーズ第8作。美しい姉・富江に負い目を感じていた女子高生の月子は、凄惨な事故で姉を亡くす。しかし1年後、死んだはずの富江が家に帰ってきたことから新たな恐怖の幕が上がる。富江役に元グラビアアイドルの仲村みう、月子役に人気ドラマ「ゲゲゲの女房」にも出演した荒井萌。そのほか「AKB48」の多田愛佳らが出演。

2011年製作/83分/R15+/日本
配給:ティ・ジョイ、CJエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)Junji Ito (C)2011東映ビデオ

映画レビュー

3.5良くも悪くもエグい話になってると思う

2021年12月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

原作は知らないです。映画シリーズは8作くらいあるみたいですが、なぜかシリーズの最終章から観てしまいました。昔・・・といっても2011年の映画ですが、テレビやドラマで引っ張りだこの有名な役者さんは出ていないので、観る前は面白いかどうかは正直疑問に思ってました。でもまあ、一つのホラー映画としては悪くないと思います。しっかりとしたホラーテイストの場面もあって、全体的に気味の悪い話でした。

序盤からやってくれるなぁ~~~って感じです。とにかく終始気持ち悪かったですね。グロい場面が多く、苦手な人にとってはトラウマレベルだと思います。ちょっと演出的に疑問に思うところもあって、映画の面白さに嫌な影響があるような気がしました。損してる部分があるとすればそんなところですね。特別ダメな映画ではないし、ちゃんとそれなりにストーリーはできていると思います。役者さんの演技もなかなか良かったですし、原作を知ってればもう少し納得できる部分もあるかなって思えるような映画ですね。

ホラーやグロデスクなのが苦手な人は観ないことをオススメしたいですね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ニンフィア好き

0.5これまで観た富江シリーズの中では、個人的には1番富江っぽいビジュア...

870さん
2021年12月17日
iPhoneアプリから投稿

これまで観た富江シリーズの中では、個人的には1番富江っぽいビジュアルだなと感じました。(原作未読です)

序盤から鮮血あり。
後半もコメディかな?と思ってしまうようなキャラクターたちのやりとりと共にグロい演出があり。
個人的には、富江の魅力にあてられた実の父親の気持ち悪さが堪らなく嫌でした…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
870

0.5ビックリするほど面白くない。

2021年11月9日
Androidアプリから投稿

監督に才能の一欠片も感じない。
脚本も素人が書いたのかと思うほど。
酷すぎる。

予算が無いなら、こんな駄作は作らないでユニセフに寄付した方が世のため人のため。

肩から出てくる顔も手作りの粘土?丸出しでドン引き。

そして、出てくる学生が皆ダイコン。
セリフ棒読み。
富江は学生に見えないし。
キャバクラのコスプレデーか?

日本の恥なのでお蔵入りにして下さい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チアゴまておチロ

4.0俺はっ やってやる

kossyさん
2021年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 1年前に死んだはずの富江が誕生日に戻ってきた。家に入るなり、「キャビア、フォアグラ、キャビア、フォアグラ」と父親に甘える富江。いや、その前に死んだ娘の誕生日を祝うなんてどんな家族なんだ!と、疑問に思いつつも、最後には納得させられた。

 ストーリーそのものよりも徹底した恐怖ビジュアルと怒濤の不条理シークエンスによって緊張、困惑、混沌という感情に加え、柔道部のメンバーや月子(荒井萌)の親友佳恵(多田愛佳)が可哀想になってくる。もっと悲惨なのは母親(川上麻衣子)だったかもしれない。とにかく、今までの富江映像作品に比べると、増殖、連鎖の点では群を抜いている。ただ、「最も原作に近い」などと言われても原作を読んだことがないのでピンとこない・・・

 冒頭からグロテスク映像が炸裂し、死んだ人間をなんとも思わない奇異な両親。そして例のごとく家族愛よりは偏執愛へと父親は変貌し、殺してしまいたい感情に苛まれる。それは柔道部の俊夫くん(大和田健介)も同じで、富江シリーズの醜い部分が最高潮になる。やがて、妹の月子も富江と似たような状況に陥るというオマケ付きだった。

 井口昇監督は『片腕マシンガール』の時にも感じたけど、ジャパニーズホラーの枠に収まりきらない天才肌さえ感じ取れるのだ。むしろ、サム・ライミ監督の『死霊のはらわた』シリーズのようなわけのわからない恐怖映像。死んだ姉が転校生として妹と同級生になってしまう理不尽さも吹っ飛んでしまうのです。また、女の子たちの演技が良ければ満点にしてもいいくらい。この後に富江シリーズが作られてないことからしても、この作品を超えることができないからじゃないだろうか・・・

 節足動物は大嫌いなので、恐怖度増し増し。逆に人面創や血が噴き出すシーンに心地よささえ覚えてしまう。こんなのは絶対に子どもたちには見せられないなぁ~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「富江」シリーズ関連作品

他のユーザーは「富江 アンリミテッド」以外にこんな作品をCheck-inしています。