フローズンのレビュー・感想・評価

メニュー

フローズン

劇場公開日 2010年8月7日
18件を表示 映画レビューを書く

 カードを忘れてきた3人はなけなしの金100ドルでリフトの係員を買... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 カードを忘れてきた3人はなけなしの金100ドルでリフトの係員を買収。3人で100ドル?なんだか高いような気もするが、アメリカではかなり高いものなのだろう。そんなこんなで、最後にもう一すべりしようと買収した係員に頼み込み乗り込んだ。運の悪いことに、係員が交代。「3人滑ってきたら終わりだ」と言い残すが、別の3人組が滑り降りてきたというわけだ。

 リフトが停止しただけでも怖いんだから、3人は「もっとも悲惨な死に方は?」などと怖さを紛らわせる会話をしていた。パーカーはダンと付き合って1年足らずくらい。それより、男同士の親友としての付き合いを大切にしたいジョーの心理描写も面白い。停止して数時間後、にっちもさっちもいかなくなって、恋人を助けるためにダンが飛び降りることを決断。しかし、両足複雑骨折、骨が飛び出すほどの大怪我。さらに狼が血を嗅ぎ付けてきたのだ・・・集団で来られると抵抗するすべもない。「パーカーには見せるな!」と男らしい言葉を残して狼に食われてしまう。『ジョーズ』の会話なんてのもしていたし、『オープンウォーター』の雪山版というイメージが残るけど、なかなかの恐怖映画だ。

 凍傷もひどくなった。しかし、真っ暗闇では為す術もない。夜が明けると、リフトのワイヤーをつたって降りることを決断するジョー。なんとか助けを呼びに行かねば・・・そのうち残されたパーカーの乗っているリフトのボルトがはずれ、転落しそうになるが、なんとか降りることができ、独り助けを求めて里へと向かう。

 手袋を投げたり、色んな策を講じたため、彼女の手がポールに張り付いてしまったところとかかなり痛々しい。そして、ジョーも結局は狼に食われていたとか・・・すでに満腹になったのか、彼女を襲わなかったところも面白い。

kossykossy
kossykossyさん / 2018年11月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

B級っぽい

3人が3人とも好感度が乏しく、かといってざまみろとも思えず、気持ち悪かった。

pulm2626
pulm2626さん / 2018年8月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どんなホラー映画よりも寒気がする ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

現実味のあるストーリーで魅入ってしまいました。
拷問やグロい映画より怖さを感じた映画でした。

ドンタコス
ドンタコスさん / 2018年6月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見どころは… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

オオカミに食べられるシーンだけですた。

511kcal
511kcalさん / 2016年12月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

寒くて痛い!

何とかなりそうで、ならない映画。
B級の中では当たり作品だと思います。

にゃんた
にゃんたさん / 2016年5月3日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ふとおもったが、 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

勘違いして助けに来た車があったから、その時にスキー板を投げてしらせれば助かったのでは?
映画として成り立たないけどさ。。

ディア
ディアさん / 2015年10月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

有り得るかもね

運悪く吹雪の中のスキー場のリフトに取り残されて、というシチュエーションスリラー。
実際に有りえそうで怖い。

SelfishCat
SelfishCatさん / 2015年9月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアルな恐怖

実際に起こりうる恐怖を見事に描いたと思います。

のんちゃん
のんちゃんさん / 2015年7月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やめてぇ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

良くスキーに行くので、毎回リフトに乗ると思い出しちゃって怖い。
身近に起こりうるから怖かったなぁ。

ゆみこむず
ゆみこむずさん / 2015年3月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Frozen ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ありえる身近な恐怖。
目を覆いたくなるようなシーンがいくつもある。
絶体絶命?!そんな中最後まで諦めない姿勢というか・・こんな時人は、ただじっと何もせず助けを待つなんてことはできないんだろうな。
自分ならどうするかを真剣に考えたけど、その場になってみないと想像なんてつかない!
だって飛び降りるにしても、下がどんな雪か、もしかしたら木が埋もれているかもしれないじゃない。
串刺しになるかもしれないじゃない。
そしてオオカミときた。。
もう、こんな状況の中生還って、"運"だよね。
パーカーや親友の気持ちを思うともう、やりきれない。
そしてパーカーとリフトの落下も運が良かったんだね。
ここから彼女の不幸中の幸い劇で、一気にゲレンデを転がり落ちて行く。
途中、恋人の親友がオオカミの餌食になっているところにも遭遇しながら、ここでもオオカミから難を逃れる。
しかしラストはもっと見せてほしかったな。
あの、車に乗せてくれた人もいい人だったのかな。って疑ったまま終わったし、犠牲になった彼らのその後は・・
と何かと気になったまま。
パーカーが助かったのに、なんだろう、本当にえげつない、救いのない作品。
リフトの上に取り残されるというシンプルな設定だが、ドラマあり、スリルあり、心揺さぶられるパニックスリラー。

penginbon
penginbonさん / 2014年8月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなかリアルな怖さ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

でした。
雪山のリフトに取り残される、
考えただけで怖いです。(∩´﹏`∩)

話の流れとしては……

ダンとパーカーとジョーがリフトに一番最後にのる↓

リフトの係員が変わったことから、上から降りてきた別の3人組を見て「全員降りた」と勘違いしてしまう↓

3人がまだ乗っている中リフトは停止、電灯も消える↓

係員がのった車が近くに来たのに関わらず、3人の必死のSOS叶わず吹雪のせいで気付かずに引き返してしまう↓

1週間リフトは動かないことに気が付いて絶望

こんな流れです。
途中リフトから飛び降りた男の足が骨が飛びてる酷い骨折をしてそこから更に狼に生きたまま食い殺され、なんてショッキングな内容もあります。
その後も凍った手を引っペがそうとして皮がベロっと剥がれたり
色々と割とグロい感じではあります。
直接的な描写は最後の狼に食われてるシーンくらいですかね…(・ω・)

これを冬に見たらスキーには行かない!と思うかもしれません。
1つのアイデアを90分だれることなく映画にできていておすすめの作品です。

らん
らんさん / 2014年5月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあ

雪山でリフトが動かなくなりとり残されてしまうというアイディアだけで90分ひっぱったのは凄いww

実際にあり得るか?と言われると、ねーよwwとツッコミたくなったシーンは少しあったが

それでもみじかなものという恐怖にはついつい感情移入してしまう

90分通してハラハラできるのでまあまあ良かった

s_k
s_kさん / 2014年4月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ありえる恐怖

偶然が重なり、雪山のリフトに置き去りにされた3人の物語

『極寒』の中、どんなに寒く、怖く、痛くても

必死に生き延びようとするヒトの生存本能が垣間見れた作品

朝起きたら手が……の場面はしばらくトラウマになること間違いなし

雪山でリフト乗るのが怖くなってしまったぜ…(;゜∀゜)

ジバン
ジバンさん / 2014年1月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音がリアル

世界中を恐怖の渦に陥れた「ジョーズ」以来、スリラー映画は飛躍的進化を遂げている。
こういう作品はアイデアとカメラワークの技術に尽きる。
その点で上手さが光る。
対自然のスリラーではつくづく人間の弱さを見せ付けられるところに恐怖が生まれる。
特に音がリアルでえげつない。

keita
keitaさん / 2012年3月30日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ウインタースポーツの恐怖

乗車中のリフトが突然停止…。
ゲレンデでもよくある話しだが、それは営業時間内の事…恐怖はそれほど感じない。
だが人もいない、携帯も圏外のゲレンデの中のリフト…取り残された絶望的な恐怖は時間が経過するとともにしだいに増殖していく…。
もし、自分がこの境遇に立たされたと思うと……

ひのっちー
ひのっちーさん / 2010年11月19日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凍り付いた右手を離そうとするとき、皮膚がへばりついて、ぺろりと剥がれてしまう所は、ぞっとしました。

 真夏に、真冬のスキーの話はチョット違和感があります。けれども、目的の身の毛もよだつような恐怖感を90分間たっぷりと味わされられて、緊張感で身体がガチガチに凍えました。猛暑にお奨めですね。

 さて、本作のキモはどういう過程で、3人を乗せたリフトがスキー場のど真ん中の空中に置き去りにされてしまうのか。そのシュチエーションのリアルさには、まずまずの仕掛けに成功していると思います。

 まずは、高額なスキー場のリフト利用を何とか安く挙げようと、ダンが仕組んだのは、現地の切符をもぎるスタッフの買収でした。イレギュラーの利用という伏線がまず一番目。次に、調子に乗って終了時間すれすれなのに、買収したよしみで強引にリフトの運転継続をさせてしまうことです。

 そしてここからが、いよいよです。買収されたスタッフは、トイレに行くためにしばらく他のスタッフに変わって貰います。短時間のつもりでしたが、ちゃんと3人のことは伝えました。ところが、山頂から運悪く3人のスキーヤーが駆け下りてきます。リフトに乗った3人も陽気にスキーヤーたちに声をかけます。引き継いだスタッフは、3人の顔も知らないので、3人のスキーヤーをリフトに乗った3人だと勘違い。営業を終了してしまいます。

 リフトもストップし、照明も落とされて、空中に宙づりとなった3名は、大慌てに叫びますが、既に時遅し。終末の3日間のみ営業するスキー場だけに、金曜日までの5日間は誰も救援に駆けつけることはない絶望状態に突入していくのでした。

 こういう流れで、孤立までの経緯としては、充分説得力があります。

 ただその次のシーンで、買収された例のスタッフが、雪上車でスキー場内をパトロールで廻るのです。接近したとき当然、取り残された3人は、リフト上から必至に板やステックなどを雪上車の目の前に投げ落としているのにもむこのスタッフは、全然気がつかないのは、ヘンだと思いました。買収されたことへの腹いせにわざと気がつかないフリをしたのでしょうか。

 雪上車も去り、取り残されたことを自覚した3人は、本気で脱出方法を考えます。勇敢なダンは、彼女のパーカーにいいところを見せようと、自分が先に飛び降りて、助けを呼んでくると、言い張りました。ダンの無二の親友だったジョーは、反対するものの、パーカーがOKしたため、結構するものの悲惨な結果に。
 ダンは、足の骨を骨折するばかりか、その骨が膝を棘のように突き刺す重傷を負い、全く歩けなくなったのです。ダンの足の状態が、リアルすぎて正視できませんでした。痛そう。動けなくなったダンにさらなるピンチが。飢えた狼の群れに襲われてしまうのです。 自分がOKしたばかりに、目の前で恋人が狼に食い殺されることになった、パーカーはパニックになります。そんなパーカーをジョーは、なんでOKしたんだと追い込んでいきます。ジョーにとって、最近恋人になったパーカーよりも、自分の方がダンとの付き合いが古くて、失いたくない親友だった。それを失うはめに導いたパーカーが許せなかったです。

 その後延々と続く、ふたりの会話。場所が固定されてしまっていて、登場人物が二人しかいない状況では、ふたりの昔話が延々と続いてしまうのは、仕方ないとしても、退屈してしまいます。ただその中で徐々に、ふたりが許し合って協力し合える関係に、変わっていくところは、脚本として頑張っているし、二人の演技力も大健闘していて、良く感情が伝わってきました。

 しかし、寒さは容赦なく二人に襲いかかります。パーカーが不注意で手袋を落としたのが、悲惨なことになるのです。一晩リフトのアームを掴んでいた右手が、凍り付いてしまうことに。右手を離そうとするとき、皮膚がへばりついて、ぺろりと剥がれてしまう所は、ぞっとしました。思い返すだけでも嫌なシーンです。
 女性の人は、パーカーが我慢できなくなって泣きながら失禁してしまうところにも、ちょっと嫌悪感を感じるかも知れませんね。

 さて、ジョーは最寄りの支柱までリフトを支えるロープ伝いに、ぶら下がって脱出する方法ほ試してみるのですが、金属ロープのエッジが鋭く、掴んでいる手のひらがすぐに傷だらけとなってしまい、うまくいきません。たとえ無事おりたとしても、飢えた狼の群れが待ち受けています。

 そんな中で、リフトのねじが緩みだして、今にも墜落しそうな危機を迎えます。このままふたりは狼の餌食になってしまうのでしょうか。
 さすがに、ここから先はネタバレできません。しかし、ふたりのうちどちらかが意外な偶然が重なり助かります。そのラストの意外性が、本作最大の見所。果たしてどのような過程で、狼をクリアーしていくのか。あなたはどう推理されますか?

 ネタが限られている中で、90分とコンパクトにまとめたことも良かったと思います。 ただ結構リアルなので、閉所に閉じ込められてしまうのが苦手な方には、お勧めできません。スキー営業期間中だったら、当分リフトに怖くて乗れなくなるかも知りませんね。 お金払ってでも、『REC』を見てしまったような人には、この恐怖感ははまるかもね?

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2010年8月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ワンアイデアでなんとか引っ張った ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

スキー場のリフトに取り残されたら…というワンアイデアで撮ったサスペンス。

確かにリフトに乗っているときって、「ここで止まったら怖いなぁ」とか思うことありますけど、そんな誰もがする妄想を見事に映画化。

…が、結局のところ襲い来る恐怖ってオオカミくらい。1人目が飛び降りた結果はさもありなん…そして2人目は意外と最初からアレをやればよかったのでは…?と思ってしまう。

そして尺を稼ぐかのように2人で始まる身の上話…。そこは要らないから、たとえば強風にあおられてリフトがひっくり返りそうになるとか、そのへんの別の恐怖も描いてほしかったかなと思わなくもない。

ワンアイデアの面白さは確かにありますが…。それからリフトから飛び降りて骨が飛び出るとか、オオカミに食われるとか、わりと描写が痛々しいです…。

α
αさん / 2010年8月3日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一発アイデアだが90分間それなりに緊張を強いられる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

スキューバダイビングのチームから取り残され、海に漂流する羽目になった男女2人の恐怖を描いた「オープン・ウォーター」を、そのまま雪山に持ってきた作品。本作ではスキーのリフトに取り残されてしまった男女3人の大学生たちのサバイバルが描かれる。

気温マイナス20度、地上15メートル、携帯電話は圏外、食料無し、そしてそのスキー場はあと1週間閉鎖したままという最悪の状況のなか、3人は何とかして生き残ろうとするが……。

状況説明の後、最初に映画が動き出すのが、一人の男の意を決した地上へのジャンプ。この結果が映画の緊張感を増幅させ、ある動物の登場に自然の猛威、凍傷、仲間割れ……とあらゆる災厄が彼らに襲いかかる。

たしかに一発アイデアの映画だが、90分弱の上映時間、それなりの緊張を強いられるサスペンス・スリラーだ。

広谷賢次
広谷賢次さん / 2010年6月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

18件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報