スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 インタビュー: 「スコット・ピルグリム」主演マイケル・セラ、仲代達矢に心酔しきり

ホーム > 作品情報 > 映画「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」 > インタビュー > 「スコット・ピルグリム」主演マイケル・セラ、仲代達矢に心酔しきり
メニュー

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団

劇場公開日 2011年4月29日
2011年4月28日更新
画像1

「スコット・ピルグリム」主演マイケル・セラ、仲代達矢に心酔しきり

日本のアニメやゲームの影響が色濃く反映された、遊び心満載のアクションコメディ「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」が4月29日から公開される。ゲイの親友と同居する売れないミュージシャンのスコットは、不思議な魅力をもつ女の子ラモーナにひと目ぼれし、彼女の元カレ7人と闘うハメに……。来日したエドガー・ライト監督、主演のマイケル・セラに話を聞いた。(取材・文:本間綾香)

近ごろハリウッドでブームとなっているギーク系俳優のひとり、セラは「JUNO ジュノ」「スーパーバッド 童貞ウォーズ」「キミに逢えたら!」で“ヘタレ”な男子高校生を演じてきた。しかし、本作ではいつもの役どころと違い、複雑なアクションシーンにも挑戦。恋する女の子を手に入れるため、元カレたちと格闘する主人公スコットを演じている。

初来日したセラは、覚えたての日本語で「オレッテ、カッコイイ?」と挨拶。もともと原作者ブライアン・リー・オマリーのファンだったそうで、「映画の企画を知る前から原作コミックを読んでいたので、出演する機会を与えられてうれしかった。ブライアンもエドガーも(元カレの1人を演じた)ジェイソン・シュワルツマンも、この映画はみんなチョーカッコイイ!」と胸を張る。

ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」など、独創的な作品で知られるライト監督は、本作に人気ゲームやアニメのパロディをふんだんに盛り込んだ。スコットと元カレたちの対決シーンでは、スコットがひとり倒すたびにコインを獲得したり、絶叫するセリフが吹き出しのように描かれる。

ライト監督のもとには、観客から熱狂的な感想が寄せられているそうで、「それぞれ共感するキャラクターが違うところが面白いね。いちばん気に入ったのは、“この映画は任天堂版『アニー・ホール』だ”というコメントだよ」と笑顔を見せる。

日本人俳優の斉藤慶太&祥太が、双子の元カレ役で出演しており、劇中音楽にはコーネリアスも参加。ライト監督は、「3年前に『ホット・ファズ』のPRで来日したときに、(小山田)圭吾と食事をする機会があって楽曲を依頼したんだ。今回、いちばん最初に出来上がったのが彼の曲だったよ」と語る。

ライト監督とセラがコンビを組むのは、本作が初めて。セラはライト監督を「こんなにエスプレッソをたくさん飲む人は見たことがないよ。そうでもしないと乗り切れないほど、タフな現場だったのかもしれないね。エドガーは3年かけてこの作品を練り、細部までつくり込んだ上で撮影に臨んでいた。ほかの監督の作品は現場でいろんなことが変わるけれど、エドガーは撮影前に絵コンテがそろっていて、すべて頭に入っているんだ」と評し、周到な準備に驚いた様子。対するライト監督は、セラについて「ユーモアのセンスがちょっと変わっているよね。すごく好青年であると同時にふざけたところもあって、一緒にいるといつも楽しいよ。それに、マイケルには普通の人にはない資質がある。セリフ回しも独特」と、すっかり意気投合したようだ。

「スーパーマリオブラザーズ3」「魂斗羅」といったゲームが得意というセラ。同時に、日本の俳優・仲代達矢が好きという渋い一面もある。「20歳のとき、誕生日プレゼントに『用心棒』のDVDをもらったんだ。僕にとって初めての黒澤明作品で、これを見て以来、仲代さんのファン。『』『影武者』『人間の條件』『女が階段を上る時』を見たよ」

本作は、ライト監督にとって記念すべきハリウッド進出作となった。「確かに、これまでの作品に比べて製作費は多かった。でも、ハリウッド映画にはビッグバジェットなのに、それが仕上がりに全然表れていないものがあるよね。僕がいつも心がけているのは、製作費分をきちんとスクリーンに反映させること。今回はその点ですごく満足している」と充実した表情。「いろいろなスタイルがミックスされたビビッドな映画は、アジアにはあるけれど、アメリカやヨーロッパでは見られない。だから、こんなにクレイジーなハリウッド映画を作ることができたことも、誇りに思っているよ」

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ポップカルチャーにどっぷり浸かった若者の日常が反映された21世紀のミュージカル映画
映画評論

最近ではすっかり廃れてしまったけれど、かつてミュージカル映画は人気ジャンルのひとつだった。ミュージカルとは物語のなかに登場人物による歌唱が織り込まれた独自の形式で、登場人物たちは気分が高揚すると歌とダンスで自らの感情を表現することにな...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団[DVD] スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団[Blu-ray/ブルーレイ] トランストリップ[DVD] ソーセージ・パーティー[Blu-ray/ブルーレイ]
スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団[DVD] スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団[Blu-ray/ブルーレイ] トランストリップ[DVD] ソーセージ・パーティー[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2012年4月13日 最安価格: ¥817 発売日:2012年5月9日 最安価格: ¥952 発売日:2015年2月25日 最安価格: ¥2,319 発売日:2017年3月8日 最安価格: ¥4,600
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全25件)
  • う~ん、なんか馴染めない そりゃあ、私は映画大好きだし、アメコミも漫画も好きだしゲームも大好きだ。だからコミックが原作だと嫌いじゃないんだけど、どこか薄っぺらいと言うかごちゃごちゃ感がダメなのか…。何かしら惹かれないんで... ...続きを読む

    としぱぱ としぱぱさん  2018年12月24日 22:44  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 極上エンターテイメント これはトンデモナない映画です!! この常識外れな世界観に着いていけるかどうかによって評価は真っ二つに分かれるでしょうw 一目惚れした女性と付き合う為に彼女の元カレ7人を倒さなければいけない。 ... ...続きを読む

    ジーナ(レビューはFilmarksに移籍しました) ジーナ(レビューはFilmarksに移籍しました)さん  2018年7月7日 00:55  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • ゲーム×コメディ×オタク 変な映画。エドガーライトなのに。 ...続きを読む

    Ryuta Ryutaさん  2018年7月3日 08:19  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 旅のおわり世界のはじまり 前田敦子の結婚を予言していた!? 黒沢清監督「旅のおわり世界のはじまり」での不思議なシンクロ
  • インタビュー 小さな恋のうた 佐野勇斗×森永悠希×山田杏奈×眞栄田郷敦×鈴木仁「ちい恋バンド」沖縄で深めた絆
  • インタビュー コンフィデンスマンJP 挑みがいがある作品――長澤まさみ&東出昌大&小日向文世が惚れ込む「コンフィデンスマンJP」の世界
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報