「アギレラ♪」バーレスク kossykossyさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「バーレスク」 > レビュー > kossykossyさんのレビュー
メニュー

バーレスク

劇場公開日 2010年12月18日
全143件中、8件目を表示
  •  
映画レビューを書く

アギレラ♪

 かなり強引な売り込みでダンサーの一員となったアリ。ウェイトレスになったのだって勝手に働きだしたくらいだ。なんやかんやでウェイターのジャック(カム・ジガンデイ)のアパートに転がり込んだアリは、トップダンサーのニッキ(クリステン・ベル)の代役として舞台に立ったとき、ニッキの嫌がらせで音楽を止められてしまう。テス以外は生の歌は無しのバーレスクだったが、アリは咄嗟の判断で歌いだしてしまう。それが認められ、歌って踊れるスターへの階段を上り始めた・・・

 この手のミュージカルでは男とも簡単に寝てしまうヒロインが多いけど、あまり男の存在を感じさせない。同居したジャックにも婚約者がいて、安心しきってるアリ。しかし婚約者とは遠距離恋愛のジャック。早くモノにしないと他の男に盗られるぞ!と、あおるショーン。ジャックは作曲で成功したいと上京してきたわけだが、遠距離恋愛のためか、なかなか曲も仕上がらない。まぁ、ストーリーはありきたりなモノであるから予想はつく。店を売らずに済んだのは“空中権”というものを利用したからだ。詳しくは説明されなかったけど、しきりに買いたがっていた男が20階建てのビルを建てるというので、それを現在の一番眺めのいいビルのオーナーに空中権を買ってもらったということか・・・

 借金返済のために苦悩するテスと、元夫(ピーター・ギャラガー)もなかなかよいし、負け犬になりたくない~♪と歌うシェールなんてのは新人のアギレラに対抗意識メラメラでよい。残念なのは一応のライバル・ニッキの存在が弱い。簡単にバーレスクに戻ってきちゃうんだから・・・それにお下劣な踊りを披露するアラン・カミングも影が薄い(笑)。

 それにしてもクリスティーナ・アギレラの歌は凄すぎ、背筋がゾゾゾっとくるほど凄い。特に、最初に歌いだしたときのハスキーボイスに痺れてしまった。

kossykossy
さん / 2018年10月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報