メアリー&マックスのレビュー・感想・評価

メアリー&マックス

劇場公開日 2011年4月23日
7件を表示 映画レビューを書く

世の中辛辣だけど、きっと誰かがいる

クレイ・アニメと言うとファンタジックな作品が多いが、この作品はなかなかに異色作。

孤独な少女メアリーと自閉症の中年男マックスが、文通で交流を深めるストーリー。

それだけ聞くとハートフルな気もするが、この2人、世間の荒波に飲み込まれ、自分の殻に閉じこもる、不完全な人間。
だからこそ、2人の小さな小さな交流が愛おしく感じて来る。
うっすらと韓国映画の傑作「オアシス」を思い出した。

作風は辛辣でブラックユーモアたっぷり。
アニメだからと言って子供に媚びず、現実を見据えた作風は評価に値すべき。

キモカワなキャラクターたちも、見ていたら愛着沸いてきた…気がした。

近大
近大さん / 2012年9月23日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

俺は‥●プレシャスや●ライフイズビューティフルを絶対見ない!

フィクションには‥

‥いや‥

フィクションだからこそッ(・ω・)ノ
有りもしない奇跡や/オチや‥
(現実味薄い‥⇔)ハッピーエンディングを‥
皆が期待するのでは無かろうか?

画面全体から漂う‥
灰色の絶望感ヽ('ー'#)/
哀しい/悲しい/カナシイ‥(`o'ヾ
↑‥リアル社会で‥自分が幸せだとは、思わないが‥
俺自身‥決して不幸せでは無いよ(`曲´#)?

何故?
そんな俺が‥金を払ってまで、他人の不幸な話を90分見せられなきゃならないのかヾ(*'-'*)?

☆評は‥ DVD\80水準にて‥(^-^)

DVD買う度/モ、1回見たい度/オススメ度/デートで見る度‥全て【0ゼロ】
本作を見て‥
何を思え/何を感じろ!?と言うのですか〜?~ヽ('ー`)ノ~

昔‥ ACの公共広告で‥【廃油を掛けられる人魚】てのが有りましたが‥
今回‥俺‥見終わってそんな感じ‥(*_*)

ただ‥ 出来は素晴らしいクレイアニメに思います♪

えびかに伯爵
えびかに伯爵さん / 2012年7月22日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ブラック? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

下品で下世話で下ネタ満載。
無邪気で無防備、来るもの歓迎・去るもの追わず。
怠惰で大食、大層呑気。

あーっ、もっと英語が出来たらなぁと痛い思い。
rubとloveはわかったけど(あれrubb?)随分とおいしいところを笑い損ねているんだろうな。
本の背表紙ひとつも見逃すまいと頑張りましたが、所詮わたしの英語力では付いていけません。

それにしても、uglyを人の形容に使うなんて(聞き間違いでなければ)辛辣を通り過ぎて、あり得ないレベル。
この表現は、おそらく日本人が考えるより強烈でしょう。ネイティブの知人がいないので確かめられませんが、きっときっと本当に酷い言い方です。

二人とも、わたしが味方だからねって言っても届かないけど。あーっ出来ることなら、このまま延々と続いて欲しい。いっそ終わらなくてよいからね。

金魚だって、また飼えばいいじゃない。もっと、じゃんじゃん飼ってよ。そう願っても。

『メアリー、あなたは私!』
『マックス、君は私!』そう叫びたいほどなのに

否応なくラストシーンはやってきて、見事にうっちゃられ、突き放されてしまいます。監督を恨んでも呪ってもせんなく、呆然と扉を押して外に出れば、泣きそうが顔が目に入ってきたりして。
私も情けない面なんだろうなー。

ブラックなんてもんじゃない。黒を通り越して、その先の先の先は、涙色でした。

愛すべき愛すべき愛すべき佳品。

P.S. シナリオと解説付きの『メアリー&マックスを100倍楽しむ』的な本の出版は無理ですかねぇ。
勇気ある出版社さん、いらっしゃいませんかぁ?

火猫
火猫さん / 2012年1月5日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分の欠点は自分で選べない。でも、友達は選べる。

クレイアニメっていうのは、こう―ワクワク、夢の様に、愛らしい、愉快な仲間と、毎日楽しい、素敵なファンタジー。ていう、自分が貼り付けた固定のイメージがありまして。
どっから来たイメージなのかwまあ結局、お子様向けだろうという、勝手な概念ですよね。
ほら、何か人形のストップモーションとは、また違うというか。
正直、自分的に、このジャンルに惹かれる要素は無かったんですよね。
見てる分には楽しいけど。物語としては…ちょっと。

でも、この『メアリー&マックス』。
ちょいとビックリです。ファンタジーどころか、かなり辛辣。つかエグイ。
2人の主人公、メアリーとマックスのコンプレックス、境遇、取り巻く環境、全てがヘビー。笑えない。
だからこそというか、それをクレイアニメで描くから、オブラートの役割になって、そういったハードな部分もユーモラスになる。
目も当てられぬ程の悲壮感は無い。

それぞれの部分を、それぞれが補完しあってる。

まさに、この映画のテーマですね。
監督アダム・エリオットが伝えたかったことがストレートに響きました。

世の中に、人に、絶対なる完全も完璧もない。
希望だらけでも、愛に満ち足りてもいない。居場所もないかもしれない。
辛いことばかり。
自分の欠点が嫌だ。
欠点を埋めたい。
でも欠点は自分で選べない。
持って産まれた先天的なモノは自分じゃ選択できない。

―でも、友達は選べる。

ああ、そうだな、と。
こういう風にして、幸せを感じ取ることだって出来るんだよね、という。

目頭を熱くしながら、劇場を後にしました。

ロロ・トマシ
ロロ・トマシさん / 2011年8月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アスペルガーから見た世界

かわいいクレイアニメを期待していたので、正直ちょっと引きました。
登場人物に愛着を抱くことができずに見終わってしまいました。
ただ、アスペルガー障害であるマックスの心の世界の描写が興味深かったです。
人間関係や世の中に対する不器用さを抱えた人たちがこれでもかというぐらい登場しますが、私たちはそのような人たちを普段は見ないふりをして生活しています。この映画はそのような社会の鼻つまみ者の存在を私たちにつきつけます。そして見始めると目をそらせなくなるほど引き込まれてしまいます。どこか自分にも同じような危うさがあるから少し親近感を持つのかもしれません。

絵が不潔で気持ち悪いと感じる場面が何箇所かあったのでこれから見る人は心の準備が必要です。

2011年6月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どんな人も皆ユニーク

オーストラリア産の大人向きクレイアニメが
どんなのかと思いきや、意外とテーマが重くてびっくりw

「ウォレスとグルミット」となんかと比べると
ラブリーさにに欠けるし、デコボコした荒い見た目は
この映画の主人公たちのような不器用さそのもののよう。
でもよく見ると細部はよく作り込まれてて、見ているうちに
味わい深くなり、照明やアングルなんかも良かった。

冒頭から、オーストラリアに住む8歳の少女メアリーは
アル中で万引き常習犯のママと鳥の剥製作りが趣味の
パパと三人暮らし。
夢見る少女は、目は泥水色で額のアザはウンコ色と、、、
結構な言われ方ではじまり、ちょっとシュール。

この重いテーマをただ暗くせず、ブラックジョークを
交えて表現するには、実写だとキツくなっちゃうし
見ているうちに、このクレイの不細工加減が、実は
だんだん絶妙にしっくり落ち着くことに気づきましたw

主人公のコンプレックス持ちの少女と自閉症に苦しむ男の
繊細さ、寂しさはあるけど、他人に不必要に踏み込まれる
ことも苦手で&自らも踏み込めない不器用さ、
彼らが信じ合える事に必要な距離感など、実話ゆえなのか
とてもリアリティがある空気感あり。

“どんな人もユニーク”
“欠点は選べないけど友達は選べる”など
監督の深い愛情を感じ取れるとこが素晴らしかったです。

そんな世知辛い世を生きる孤独な主人公二人が、
恋愛感情を持つでもなく人間同士の絆が丁寧に
育まれていく様はなかなか切なく、
反則的なラストには涙腺ウルウルでした。

harizo
harizoさん / 2011年5月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間はみんな不完全

冴えない少女メアリーが、
電話帳でランダムに選んだ相手マックスと、
文通で友情を育んでゆく様を描いた作品。
マックスは、アスペルガー症候群(自閉症)で、
メアリーと同じく友達がいません。
宝クジに当選したり、人が死んだり、
事件は起こるのですが、
スポットがあてられているのは、マックスの、
コミュニケーションの不器用さ。
正直言って、出てくるキャラクターには最後まで魅力を感じませんでしたが、そんな「ひのあたらない人たち」の、
「ひのあたらない人生」が、最後には涙を誘います。
ただ、ややグロテスクだったり不潔だったりする印象もあったため、
可愛いクレイアニメを見たい方にはおススメしません。
ちなみに、楽しいチョコレートがたくさん出てきますv♪

まごちゃん
まごちゃんさん / 2011年4月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi