ゴースト もういちど抱きしめたいのレビュー・感想・評価

ゴースト もういちど抱きしめたい

劇場公開日 2010年11月13日
31件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

流石!松嶋菜々子クオリティー

映画評価:40点

凄く茶番でしたっ(笑)
でも、さすがの松嶋菜々子さん
こんなにアホっぽい展開の物語なのに、クオリティーを引き上げてくれました。

こんだけ日本版が愉快だと、名作と呼ばれた原作が気になりますね。

ストーリー序盤は、当時の韓流ブームに乗っかった30歳以上の奥様達がドキドキするシーンが盛りだくさん。

正直、この時点で男の私は観る事を辞めようかと思った程に痒くなりました。

最初から予想していた通り、主人公は途中で命を落とします。

そこからが、別作品。

単純なラブストーリーではなくなり、ドタバタコメディ風のラブストーリーになりました。

勿論、真犯人(黒幕)もすぐに判る様に作られています。

頭の中の消しゴムを観るイメージで観たらヤケド(後悔)するので、ドタバタコメディーが観たいという方だけ観てください!

それにしても5年前の松嶋菜々子さんは美しいですね。

【2015.5.17鑑賞】

ヨコタス@名作探検家
ヨコタス@名作探検家さん / 2015年5月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これひどくないですか? 久々に鼻で笑っちゃったんですけども 元々の...

これひどくないですか?
久々に鼻で笑っちゃったんですけども
元々の米国の物のリメイクなんでしょうけど
浅いリスペクト感漂う
リメイクって事で話題性を呼ぶだけの映画?なんですかね?映画なんですかね?むしろ、映画じゃないんじゃないですかね?
言い過ぎました。ごめんなさい。

なーんか、平べったかったなと

こんなんでいいんですかね?

韓国の方はカッコよかったです
日本語も覚えて凄いなと思いました。

レビューって書くとスッキリするんですね。ブログとかやる人の気持ちが少し分かった気がします

VANeRop
VANeRopさん / 2015年2月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

嗚呼、名作がぁ・・。

キャスティング、脚本(特に設定)、
最悪ですな。

松嶋菜々子は嫌いではないがこの
役は無いなあ。
年取り過ぎなのと、顔立ちから
いじらしさがない。

観ない方がよいリブート版の見本。
感想書く気にもなりません。

としぱぱ
としぱぱさん / 2014年12月20日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

携帯小説でやれ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「ゴースト」見ました。てか今見てます。
とてもくだらない。
くだらなすぎる。目を覆いたくなる。

そして、これだけはどうしても言わなければならない。終盤、松嶋菜々子がヤクザを死に追いやるという道徳律的に許されない展開。こんなの見せられてその後感動してくださいなんて無理がある。これを良しとした製作陣はマトモだとは思えない。

はい。
設定はともかく、展開がご都合主義すぎる。
出会い→いちゃいちゃ→結婚→別れの流れをダイジェスト的に描く意味が分からないし、2人のワンナイトラブを見せられただけじゃ愛し合ってると思うのは難しい。
松嶋菜々子が芦田愛菜に弟子入りする場面も滑稽、パソコンに【人生返して返して返して】と打ち込んで鈴木砂羽がギャーってなるのも笑えないギャグ、ヤクザが松嶋菜々子と同じ末路を迎える無理矢理展開はシュール。勘弁。

あとあれ、宮川大輔の下り見せた意味ね。そのあとソンスンホンはしっかり樹木希林とイチャイチャするんだったら、あそこの場面は何だったんだ?愛が深いとか言いたいのか?笑

松嶋菜々子やソンスンホンや樹木希林や平井堅、嶋田久作も波岡一喜も芦田愛菜も、こんな学芸会に巻き込まれてしまって災難だったろう。デミムーアに訴えられてしまえ、と心から思う。

テレビでやれというレベルではなく、携帯小説でやれと言いたい。

三遊亭大ピンチ
三遊亭大ピンチさん / 2014年12月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オリジナル映画に、思い入れのない方、見てない方におすすめです。

こういうリメイク版は、オリジナル映画を見ない方がいいと思います。

できれば見る前も、見た後も見ない方がいい。

オリジナルの映画は見ましたが、自分にとってはあまり思い入れのない、忘れかけた準名作くらいの映画なので、ちょうどいい感じで見られて、とてもよかったです。

見ながら、思い出す感じがおもしろかった。

ここはこんな感じだったとか、ここはちょっと違うかも、というような感じです。

特に思い入れはないし、前に見たので見直す気にもならず、自分にとってはベストのリメイク版でした。

内容的には、腐っても鯛で、そこその名作をちょっと変えたリメイク版なので、十分楽しめると思います。

松嶋菜々子さんも(同様に?)きれいでよかったです。

こういうリメイク版は、自分にとっての距離感が重要なんだと思いました。

でも、そうは言っても、すごく思い入れのある人は、真剣に見て文句言うんだろうなやっぱり・・・。

Push6700
Push6700さん / 2014年3月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名作を蹂躙(リメイク)

オリジナルレイプ。

もうね、作りがチープで寒くて見てられない、
韓流真っ只中で実現できた、ただそれだけの話題作。
どうすりゃいいの、これ。

松嶋菜々子さん、社長という役柄に無理があって痛々しかったです。
ソン・スンホンさん、マッチョボディをこれでもかと見せつけてただけでした。
この映画はリメイクではなく別物として考えるべき。
でもたぶん全然面白くないよ。

せっかく松嶋さんをキャスティングできたんだから
違う映画撮ればよかったのに・・・と思ったら監督の本業はTVの演出家かよ。
そりゃこうなるわ。

枢軸
枢軸さん / 2013年9月17日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「ゴースト ニューヨークの幻」をネタにコントやりました ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

これはリメイクではない。
「ゴースト ニューヨークの幻」の恋愛部分だけを強調してリメイク…じゃなくて下手にいじくり回しただけ。
よって、恋愛部分は何かの少女漫画か韓流ドラマみたいにベタベタベタ感たっぷりで、後半のサスペンス部分の中途半端さ…いやイイ加減さときたら、トホホ…。

ツッコミ所や失笑シーンが盛り沢山。
・2人は“出会う前から恋に落ちてた”かのように超スピード婚。
・あのお馴染みの名シーンであのお馴染みの名曲が使用されるんだけど、あからさま過ぎて失笑。
・七海は何者かに襲われて死亡。人間あれぐらいで死ぬの?と思うくらい呆気なく死亡。
・ゴーストになるのが男女逆なのだが、日本語がお下手な彼がゴーストになって話が進んでいたらそれこそ失笑もの。イケメン韓国俳優の彼は美しい顔で美しい涙を流していれば良し。
・事件の真犯人が親友と思ってた同僚。最初からバレバレでサスペンスが全く盛り上がらない。
・彼に危険を知らせる為にゴースト先生の芦田愛菜に物の触れ方や動かし方を教わる。ドアップになって何故か突然泣き出す芦田愛菜。天才子役はすぐ泣ける。
・で、色々あったけど最後は全て解決し、2人は永遠の愛を誓って、号泣を誘って、平井堅の主題歌が流れて終わり…。

邦画のベタベタベタな部分とダメダメダメな部分が丸出し。
何故リメイクした?というより何故作った?
本当は1点でもイイんだけど、相変わらずお美しいミタさん…じゃなくて松嶋菜々子に0・5点おまけしてプラス。

近大
近大さん / 2012年8月16日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴースト もういちど抱きしめたい

やっぱり
『ゴースト ニューヨークの幻』には勝てないなぁ__AU_F7CE__

内容が判っていて
それを追いかけていたからかも知れないけど…

ラストは
無理なくまとまった感じ

∽ゆ か∽
∽ゆ か∽さん / 2012年3月1日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

駄作

この映画を観て考えたのは、設定云々よりもなぜ2010年になってリメイクしたのかということである。

オリジナルの90年版は、デミ・ムーアのかわいらしさ、パトリック・スウェイジのダンディーな魅力、ウーピー・ゴールドバーグの愉快なキャラクターの3つが見事に融合され、世界中の男女をとりこにし、興行的にも大成功を収めた、なかなかの名作。
20年以上経った2011年の現在になってもオリジナルのファンが多いのは、ひとえに3人(特にムーア)のおかげと言っても過言ではない。
だがこのリメイク版はどうだろう。登場人物に魅力がない上に、松嶋とソンの馴れ初めから恋に落ちるまでのドラマが茶番のようなチープさで、そこでろくろを回すあのシーンを真似するのだから参る。他にもオリジナルの真似事の如き描写が目に付き、テンションを著しく下げる。

そもそもこの映画を観る限り、リメイク版なりの存在意義を見いだそうとした形跡がない。大した思い入れも無く、なんとなくで作ったのではないか。ただ「ゴーストのリメイク版作りました」では話にならない。こういう安直でいい加減な企画が今後あるならばやらない方がいい。

2011年5月23日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待したほど泣けませんでした.......。

「ゴースト ニューヨークの幻」は、有名ですが観ていないので、あまり思いれが日本版を観ることができたと思います。
 もう少し泣けるかなと思っていましたが、正直、それほどグッとくるものはありませんでした。もっと、大切な彼を死んでからも見守り続ける内容かなと思ってましたが、結構なサスペンスタッチで、あまり日本で起こるような感じじゃないと思いました。
やっぱ、原作のアメリカでの話の方がしっくりくるのでしょうか?
悪役も最後まで悪役で.....最後は良い人に戻らないかなと期待してましたが.....。
彼氏が韓国人というのもなんかしっくりこなく、七海のような女社長じゃついて行けないな.....と思ったりもしました....。

「それ、あげるよ.....」なぜか、ここが一番泣けました....。

霊媒師の樹木希林.....良かったです!

51です
51ですさん / 2010年12月18日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どうしても原版が。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

20年前の原版をリアルで観た世代には、懐かしいvの一言。
当時この「ゴーストになって愛する人を守りぬく」というのが
大流行(流行るのもどうかと思いますが)となり、恋人達の間で
「ねね、私が死んだらゴーストになって守ってくれる?」なんて
いうのが常套句になっていた。(これホントです!)
正直私も、P・スウェイジ演じたサムの大ファンになり(やはり)
自分自身をD・ムーアが演じたモリーに重ねて陶酔状態。。
冷静に考えれば、死なれたらいちばん困るのに!?なぜか
死後のことばかりを考えてしまう困った作品でもあった…^^;

ウーピーの熱演が(今回は樹木希林)助演女優賞をもたらした、
いわゆる秀作の部類に入る作品でもあるのだが、
とにかく主演の二人、肉体は出しても踊らないP・スウェイジと
髪をショートにしたD・ムーアの二度と観れない過去の愛らしさ!
に尽きる。つまり、いかにキャストが魅力的であったか、当時の
ベタで恥ずかしくなるような恋愛が、今も色褪せていないことに
安堵を覚えてしまう作品である。
今作を観て「え~」と思う方は、是非原版を観るべし!

さて…。
なぜ今さらリメイクなのか。なぜ舞台が日本なのか。
なぜ日本人と韓国人の恋愛か。なぜ男女を逆転させたのか。
分からないことだらけの作品であるが、内容はまったく同じ。
ただそれを綺麗になぞっているとしか思えない作りではあるが、
違うのは、二人の想いがなかなかこちら側に伝わってこない。
好きで、好きで、たまらない相手が亡くなってしまうのである。
原版では元から恋人同士という設定なので、過去の想い出や
懐かしいグッズ他が想いを呼び起こすアイテムとなるのだが、
今回は、出逢ってまだそれほど間もないカップルということで、
どんなに二人が頑張っても(菜々子とスンホン)浅さが目立つ。
ついでにいうと、どう見ても二人の歳の差(実際には3歳ほど)
や演技への温度差?を感じてしまい、号泣するには及ばない。

サブタイトルにある「もういちど抱きしめたい」という熱い想いも、
原版でもう一度触れ合いたいと切望する二人の熱い想いには、
残念ながら届いていない。(もっとドキドキするv)
土をこねまわす(ろくろを回す)シーンでも、あんなエロティックな
表現ができるのかと、当時はこっちでも話題になったものだ^^;
(だからといって、カップル陶芸が流行ったかは知らないけど)

なんでも比べてしまうのはどうしようもない悪いクセだが、
物語そのものはほぼ変わりがないので、サスペンスと恋愛と
(なぜか)笑いがミックスされた、不思議ながらいい話である。
素敵な想い出があるからこそ、人間はまた前へ歩いていける。

P・スウェイジが生きていたら…(57歳の死。本当に悔やまれる)
この作品に、メッセージでもくれただろうか。
彼の優しい瞳が、スンホンの眼差しと少しだけ?被る…。

(悪役も忘れちゃなりません。飲み物を溢すところまで一緒^^;)

ハチコ
ハチコさん / 2010年12月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ニューヨークの幻を観る前だったらな~

オリジナルの結末や内容を知っているだけに
安心して観れるのだけど、驚きがない。(当然だけど)

ニューヨークの幻を観る前に観たかった。

でも、これはこれでよしとしよう。

shirokuma
shirokumaさん / 2010年12月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった

キャストが最高!
とくに樹木希林さんはスゴイ!
ナゼ韓国人じゃなきゃならなかったのか?と思っていたが、終わったときにはソンスンホンさんでよかったと思えた。
久々にイイ涙を流せた。

ちーちー
ちーちーさん / 2010年12月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

コレはコレで面白い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

テレビでニューヨーク編の放送を見て面白かったのでアジア版も見にきました。
リメイクなのでどうしても前のやつと比べて間違い探しをしてしまうのですが、コレはコレで良かったです。

韓国の人と日本人がどうやって出会ったのか、付き合ったのかと言う出会いから入ったので幽霊の時間が短いのは仕方がないです。
ただ、タイトルにあるようにゴーストでの時間が重点だと思うので付き合う時間は少なくして出会いなども回想ぐらいで良かったのでは?とも思ってしまいます。
それと、「アジア版も見に行こう」と思った主な理由の一つ、霊媒師の時間が減ったのは残念でした。

そして、見に行ったのが平日のお昼だったので人は少なかったのですが、真後ろの席に韓流ファンのおばさま方が座っていて始めから「きゃあきゃあ」と楽しんでいたので同調しやすい私も何だか楽しかったです。
ニューヨーク編を見ていたのでどうしても次がどうなるのか分かってしまうのですが、映画の評価が高いのは近くで見ていたおばさま方が素直に喜んでくれたおかげかな〜と思います。

終わり方は余韻に浸れるアジア版の方が私好みでした。
平井堅の歌も、映画を見て久しぶりにCDを買いたいと思えました。映画にピッタリ。

神山
神山さん / 2010年11月30日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても後味のいい作品。清々しさと温かさが残る。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作のファンでもあるが、私はアジア版のほうが余計に余韻が残る。

原作は舞台がニューヨーク、都会とゴーストタウンの対比、
スリルとサスペンス、悲しみを感じた。ホラーの要素もあり、スピード感もあった。
元から恋人同士の設定、ゴーストになってからの時間が長い分、
ゆとりもあったからだろう。
デミ・ムーアの綺麗な涙とウーピーゴールドバークさんの演技が大好き。

アメリカのスピード感と違い、こちらはアジアの細やかさが伝わる。
出会い、愛するようになるところから描かれたので
少しゴーストになってからの時間を充分取れなかった点は残念だが、
純粋で可愛い恋する気持ちが感じられて映像もとても素敵だった。
ところどころに現れる楽しい感じや樹木希林さんの演技が素晴らしかった。
作品中から感じるふんわりした空気感、景色の美しさ、手の込んだ小道具、
そしてガラスを通して見える部屋や二人の様子など、
細部まで丁寧に作られていると感じた。

二人の透明で清潔感のある雰囲気、自然な演技、綺麗な涙・・・。
繊細な感情がとても見事に表れていた。
そしてこの映画が見終わったあとに前作と比べて号泣ばかりにならないのは
最期に残されたジュノが七美の思いを受け止めて愛を胸に
これからの人生をしっかり歩んでいこうとするラスト、
その前向きで明るいラストだからだと思う。

だから悲しみばかりではない、余韻の残る映画に仕上がったと思う。
間で笑いあり、ドキドキあり、綺麗な涙を流せるとてもいい映画だと思う。

何度も見たくなり、見るほどに余計に心に沁みる映画。

ピュア☆
ピュア☆さん / 2010年11月28日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

困ったもんだ

死んでも自分の大事な人を守る。

そのメッセージはオリジナルの設定だからこそ伝わってくると感じる。
その基本線がしっかりと伝わらないので観ていてつらい。

takuany
takuanyさん / 2010年11月24日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結婚したくなる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

とってもきれいな映画です。1990年版のはこれから見る予定なのですが(笑)アジア版ゴーストここにあり!って感じです。七海がろくろを回すのをジュノが優しく後ろから手伝うシーンは本当に美しくて、いいなぁって思いました(≧∇≦)七海が倒れているのを見つけたジュノに、病院で七海の死に落ち込んでいるジュノに叫んでも届かない七海の声。危ないことを伝えようとしてジュノをつかもうとしてもすり抜けてしまう七海の手。涙が止まらないくらいせつないシーンを見事に樹木希林さん演じる霊媒師がコミカルにスパイスを加えていました(笑)

いかれ帽子屋
いかれ帽子屋さん / 2010年11月23日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やはり二番煎じかな?

二人の主人公も魅力的で、樹木希林の存在感もなかなかではありますが、やはりデミ・ムーアの米国版の感動とには及ばない感じでした。やはりリメークはかなり新鮮な魅力が必要です。男女の設定の違いだけでは無理があったようです。

そうくん
そうくんさん / 2010年11月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

本当に残念だよ。。。

テンポが悪い。設定に無理がある。
 これは、監督のせい?プロデューサーのせい?
 脚本のせい?
 とにかく不出来な作品でがっかりでした。

 出演者がみんな好きで楽しみにしていた分、
 がっかり度も大きかった気がします。

 昔の作品と比較するするつもりはありませんでしたが、
 全然違います。

 私にとっての救いは、平井堅さんの歌声でした。

ucchi-
ucchi-さん / 2010年11月18日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恥かしい「ゴースト」ごっこ

無残としか思えない仕上がり。

これなら
無理な変更なんかしないで、いっそ原作そのまんまやってれば、まだマシだったと思う。

特に、出会いから結婚までの話など、あまりに陳腐で説得力なし。
茶番としか思えないお話にはついていけません。

女社長に到底見えない松嶋さんの軽い行動の数々とか…
昼ドラまがいのラブロマンスとか寒いばかり。

とても映画館で見るような内容ではないです。

リアリティがない話なら、せめて映像の力でねじ伏せなきゃならないのに…
これは到底お金払って見る映像じゃありません。

平井堅の歌はムードあるんですが、使い所が大間違い。
スポット出演のお笑い芸人もムードを壊すだけ。

ファンタジーとしてはやってはいけないことばっかり。

子役使って泣かせの芝居とか、さぁ泣けというドタバタ感も白ける。
急にサスペンス映画になる終盤の俗っぽさも、完全に調子が狂ってしまうだけ。

これを外国に輸出するらしいけど、恥ずかしいからやめて。欲しい

beep
beepさん / 2010年11月17日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

31件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi