劇場公開日 2009年12月5日

  • 予告編を見る

キャピタリズム マネーは踊る : 映画評論・批評

2009年12月8日更新

2009年12月5日よりTOHOシネマズシャンテほかにてロードショー

マイケル・ムーアらしいユーモアの精神に抱腹絶倒!

映画作家マイケル・ムーアの「アポなし突撃取材」は、仕掛けの要素を盛り込む彼独特の映画手法だ。ずんぐりむっくりしたデカい図体だけに、おかしみを生む。デビュー作「ロジャー&ミー」のGMのCEOロジャー・スミスや、アカデミー長編ドキュメンタリー賞受賞作「華氏911」の米大統領ジョージ・W・ブッシュのように、「敵」の顔が見えれば見えるほどムーアの舌鋒は鋭くなる!

冒頭ですさまじい搾取社会、すなわち大企業が従業員に無断で生命保険をかけている実態を見せたムーアは、リーマンショック以後の金融危機の元凶となった公的資金の投入先である生命保険会社や証券会社が建ち並ぶウォール街へとのこのこ突撃して「金返せ!」デモを試みる。さらに神に向かった彼は、神父たちから「資本主義は邪悪であり、神の教えに反している」という言葉を引き出すのだ。

「風が吹けば桶屋が儲かる」式のムーアらしい論法は相変わらず面白い。ただし、製作中にオバマ政権への政権交代があり、ブッシュ政権時代の米経済を崩壊させた「敵」の顔が“見えにくくなっている”のが少し惜しい。

イギー・ポップのパンクソング(「ルイ・ルイ」)から始まり、ウッディ・ガスリーのプロテストソング(「ジーザス・クライスト」)で終わる本作には、トニー・バビノのスタンダードジャズ風バラード(「ザ・インターナショナル」)も流れる。全編にちりばめられた挿入映像のセンスもバツグンに面白く、ムーアらしいユーモアの精神が大いに見て取れる。

(サトウムツオ)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「キャピタリズム マネーは踊る」の作品トップへ