アドレナリン ハイ・ボルテージのレビュー・感想・評価

アドレナリン ハイ・ボルテージ

劇場公開日 2009年9月26日
22件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ステイサム

ただひたすらステイサム!
ところどころ笑えた

ニア・ロベッカ
ニア・ロベッカさん / 2019年2月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

競馬場で騎乗位!!

前作より格段に面白くなっています。人工心臓というだけなのにサイボーグのような強さになり、絶望的な状況を上手くお笑いに転化させています。常識を捨てて覚悟を決めろ!!という男らしい映画だと思います。競馬場で騎乗位を堂々とやり切った映画は、本作だけなのではないでしょうか。

アンジェロ
アンジェロさん / 2018年5月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バイオレンスアクションw

感度全快の内容に興奮が止まらないまま
最初から最後まで突っ走るとてもいい作品です!!

kikki_tk
kikki_tkさん / 2017年8月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作より刺激的です

1作目からの続きモノです。前作はお下品でもかなり楽しめましたが、今作は更なる刺激を求め過ぎです。これに慣れるとお下品中毒者かと。ストーリーの発想は相変わらず面白いです。

いちとら
いちとらさん / 2017年7月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エドグロバカ度パワーアップ、やりたい放題だなぁ

雰囲気的には前作の方が好きでしたが、でもまあここまでやってくれるとこれはこれでOKと言うか、アホ過ぎて最高でした。
エログロ度パワーアップ、おバカ度もパワーアップ、何でもありのやりたい放題、見る者と言うよりは作り手が楽しんで作った映画って感じでしたけど、まあ何だかんだで面白かったです。
と言うか、まさかあのラストから続編が作られてしまうとは・・・。
無理やり感が半端じゃない、しかもほぼ人間じゃないし(笑)
でも人と言う概念を超越した主人公・シェブと言う存在に、気がつけばいつの間にか引き込まれてしまう辺りは、やはりジェイソン・ステイサムならではの味でしょうか。

それにしても、前作のアドレナリンを出し続けなければ死ぬと言う設定も凄かったけど、今回の人工心臓を充電し続けなければ死ぬと言う設定も、またトンデモ設定でしたねぇ。
心臓取られてもまだ頑張るシェブが何とも健気!
まあアレを取られるよりはまだマシなのか(笑)
しかし充電すると何故か元に戻るんじゃなくてパワーアップしていくのが面白かったなぁ、野獣化が半端じゃなかった、でも巨大化は遊びすぎでしょ・・・。

また充電方法が面白かったね。
と言うかそれを見せたいだけの映画とも言えるか。
前作のアドレナリンを出す方法も面白かったけど、今回も充電するのにいろんなおバカパターンが登場して、ホント笑わせてもらいました、普通死にますよ・・・。
エンドロールのメイキングで、ジェイソンが体張ってスタント無しで演じていたのは衝撃でした、さすがスタローンも認めるホンモノのアクションスターだね。
かと思えば前作同様、いやそれ以上のエロモード全開なアレのシーンが登場し大爆笑、モザイクも何故か笑える。

まあジェイソンも頑張りましたけど、ヒロインのエイミー・スマートも捨て身の演技で頑張りましたね。
前作のホンワカ感の方が個人的には好みでしたけど、こんなエロバカなヒロインも悪くない。
バイ・リンもいい味出してたなぁ、出来れば出会いたくないタイプの女性ですね(苦笑)
有って無いようなストーリーは全然入ってこなかったですが、とりあえず面白かったです、下品すぎて好みは相当分かれそうですが・・・しかし最後の顔は凄かったぁ。

スペランカー
スペランカーさん / 2017年1月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

B級感漂う、ハイテンションなバイオレンス映画!

とても、テンポのよい映像とアクションで
楽しかったです!
激しい18禁要素大好きです!笑

れんれんあっきー
れんれんあっきーさん / 2016年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

愛すべきバカ映画

エログロ、痛い、汚い、のオンパレードなので視聴には注意
前作は見たほうが楽しめる

主人公死んだはずの作品がまさかの続編
しょっぱなからぶっ飛んでいる
スタッフ全員頭がおかしい

だがバカ映画と侮れないのが本作
手持ちカメラ風に撮影された映像は
スタイリッシュな映像表現もあって目を楽しませてくれる

BGMも効果的かつ印象的

登場人物もキャラ立ちしている上に一捻り効いていて非常にいい
やはりステイサムはいい

一緒に見る相手を選ぶが最高に楽しい映画だ

tabletap
tabletapさん / 2016年4月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

なんじゃ、こりゃぁ❗

ブッ飛びすぎ(笑)

REpower
REpowerさん / 2016年4月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

B級映画感がハンパない

個人的には1よりもB級映画感が増してると思いました。電気を流し続けないと死ぬという設定もぶっ飛んでいて、馬鹿らしいのですが、その設定があるからこそ映画の面白さが引き立てられています。クライマックスに向けて畳み掛けるというよりは、常に120パーセントで最後までかけぬけるという感じです。ちゃんとしたストーリーラインがあるわけではないので、そこに期待をせずにブラックユーモアやアクションのスピード感だけに注目すれば楽しめると思います。不快な映像も多いはずなのに、観終わると不思議とスッキリする映画でした。

guns
gunsさん / 2016年3月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

暴力、アホ、エロ、ステイサム。

暴力、アホ、エロ、ステイサム。

もやし
もやしさん / 2015年10月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

題名通りアドレナリンが出る映画

前作の方がよかったと思う

みつき
みつきさん / 2015年8月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最低のB級映画(褒め言葉) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

現代のエロ・グロ・ナンセンス。
作中でFuckという語が登場する数 実に164回、
それどころか屋外F○ckシーンまであるという、
映画専門チャンネルくらいでないと放送できなそうな内容で、
PTAが子どもに見せてはいけない作品に挙げること請け合いの快作。

下品な表現を嫌う人はとことん嫌うかも知れない。
洒落の分かる大人だけが楽しめる。
エンターテインメントなんて、それでいいじゃないか。
余計なこと考えずに頭空っぽにして観ようぜ!
ただし良い子は観ちゃ駄目だぞ!

個人的には中の人ネタが好き。

にゃーむこ
にゃーむこさん / 2013年6月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

超級お下劣作品

前作とともにDVDでみました

これは酷い。いい意味でです
アメリカ娯楽映画のエロい、グロイ、下品の三拍子そろった作品でした

いかんせん、感想が「下品」という言葉に集約されてしまいます
アクションは過激で見ごたえがあり、下品
芝居は、下品

こういっていると最悪の作品かと思われるかもしれませんがそうではありません
とても痛快な作品です

とっつき
とっつきさん / 2013年5月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

正統派C級お馬鹿作品

前作から大幅にお馬鹿度がアップしています。

が、もう、物語を外れたところに走ってしまっているため、とても残念。
若手芸人の面白くない芸のようになっています。

もう、お笑いです。

前作の寸止め感はよかったのに残念

映画館で観たらおこるかもしれませんが、DVDなら楽しめる映画です。

エンドロールが一番楽しめますよ。

赤いおじさん
赤いおじさんさん / 2010年12月4日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

有り得ない!!でも面白い!!

これは本当面白い!!
下品なものが苦手な人にはオススメできませんが…
相当バカやってます。
やりまくりです。
思わず“有り得ないやろ〜!!”って
突っ込みをいれてしまうぐらいです。
その有り得なさが面白い。
爆笑しながら見てます。
ジェイソンステイサム最高!!

まんもす*
まんもす*さん / 2010年8月17日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おバカ・下品・グロい・でもおもしろい。

1作目の続きから始まる。
4km上空から落ちてきても、生きてるシェブ・チェリオス。
お~、相変わらず、きっとおバカね~と思える冒頭。
1作目と同様、アクション、おバカ、コメディ。

今回は、充電を怠ると止まってしまう人工心臓を埋め込まれ、自分の心臓を取り戻すために、街中を走り回る。

エンジンバッテリー、スタンガン、発電所に、おバカなあ~んなことまで、とにかく所構わず走り回り、充電する。

気まずい思いはしたくないと思うので、下品だから一人で見るに限る。

「ハイボルテージ」って、前作よりパワーアップと思ってたけど、「高電圧」という意味もあるね。

トランスポーターのフランク・マーティンとのギャップがあるからこそ、「ジェイソン・ステイサムもよ~やるよね~、おバカね~」と笑える作品だと思う。

とにかく、おバカ、下品、グロい、でも、おもしろい。

りりー
りりーさん / 2010年5月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

生き残るために突っ走る男 第二弾 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前作ラストで死んだと思われたが実は生きていて、今度は盗まれた心臓を取り戻すために突っ走る。

頼みの綱は充電式の人工心臓のみ。
時には自動車のバッテリー、時には発電所、時にはおばあさんの静電気など、今回は「走っては充電」を繰り返します。

もちろん、前回からのお約束の青姦も、とんでもない場所でやっちゃう始末。

たまに見るおバカ映画だから、気分転換になって、それなりに楽しめる。

前作もそうだけど、ジェイソン・ステイサムは今回も走りっぱなし、動きっぱなし。しかもほとんど彼が画面に映っているので、撮影中大変だったことでしょう。

去年亡くなったデヴィッド・キャラダインが出演してるね。これが遺作かな?

前回主人公に銃を突きつけられた医師も登場するけど、ちょっとかわいそう。
次回作があるなら、「死ぬのは悪党のみ」路線で行ってもらいたい。

Byxbee
Byxbeeさん / 2010年3月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

バカすぎて、面白い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「トランスポーター」シリーズや「デスレース」などで今や売れっ子のジェイソン・ステイサムが主人公のチェリオスを。「ミラーズ」などに出演している美人女優エイミー・スマートがチェリオスの恋人役をと、意外と豪華なキャスト陣。

それと反比例するようなバカバカしさと勢い。

前作はDVDで見たのだが、これは大画面で見た方が絶対に面白い。

これぞ正に、リアル「グランド・セフト・オート」と言った何でもあり感。GTAⅣの主人公がステイサムに似てるんだ、これが。

もう何でもありで、車のバッテリーで人工心臓を充電(感電死なんてレベルじゃない)、競馬場での青姦、ストリップ場での銃撃戦などなど。18禁当然な内容ですよぅ。

ストーリーを要約すれば、ひょんなことから心臓を奪われた主人公チェリオスは代わりに電気で動く人工心臓を付けられた。「俺の心臓を返せ!」と、チェリオスは街を破壊しながら心臓を探しまわる。

車に乗って心臓を奪ったマフィアを追うチェリオス。そこで知らない男が車を併走させながら話しかけてくる。
「よう兄ちゃん。何してんだ?」
「黙れ!俺は忙しいんだ!」
言った途端、車は分離帯に衝突しチェリオスはフロントガラスを突き破って彼方へと消えた。
知らない男が車を降りてチェリオスを心配する。
「兄ちゃん、大丈夫か?」
「電気よこせ!!」
会話が成立しない。どうやら大丈夫じゃないらしい。
チェリオスは知らない男の車のバッテリーから電気を胸に直接当てて充電完了。
元気になったチェリオスは走ってどこかに行ってしまった。

傑作だ! 終わり方からして、興行収入次第では次回作もありそうだ。

わたぼう
わたぼうさん / 2009年12月23日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

1作目でやめておけばよかったのに。。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前作のラストで、はるか上空のヘリコプターから地上に落下し、死んだと思われていた主人公が実は生きていて、そんな彼の強靭な生命力に目をつけ、自身への移植を望んだマフィアの長老によって心臓を奪われ、その心臓を奪い返すために再び主人公が街を駆け巡る、という話なんだが、ここまで読んでもらった方には分かってもらえるとおり、ストーリーはあってないようなもんである。

内容が荒唐無稽なのは一向に構わない。そもそも第1作目はその荒唐無稽さ加減が何よりの魅力で、「バッカだなぁー」と笑って楽しめる作品だった。だがしかし、前作のヒットを受けて作られた続編はどうだろうか? 結論から言ってしまうと、明らかにやり過ぎ。。何よりギャグとして無実の人を殺してしまうセンスには眉をひそめざるを得ない。バカ映画だからといって、やっていいことと悪いことがあるのだ。

ダース平太
ダース平太さん / 2009年12月15日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エログロなんでもあり映像に、本能むき出しの笑いに、あなたは突き抜けられることが出来るでしょうか?

 シリーズ2作目の作品。ほぼパターン化されているけれど、2作目は完全に1作目の続きとして作られているので、1作目の鑑賞をお勧めします。
 とにかくこのシリーズときたら18禁にもむなるくらいお下劣なエロ満載かつブラックユーモア満載の作品です。
 悪のりとしか思えないシーンの展開に、2作目からは両乳首を切り取るシーンなどリアルな残酷シーンもあり、えぐい作品にボルテージアップされています。
 さらに、ハンドカメラで登場人物を追いかける撮影方法は、超早いカット割りと相まって、せわしないことしきりです。

 ジェイソン・ステイサムのファンにとって、何でこんな冗談まみれでお下劣な作品に、彼が主演しているのかと、腹立たしくもあるでしょう。
 けれども、本作の毒気に一度汚染させられると、観客の脳は、まるで麻薬を味わったかのように、次なる刺激を求めて、続編をついつい見てしまうことになるでしょう。
 やはりステイサムが大まじめに主役を張るから面白いのです。特にエンドロールのNG集は抱腹絶倒ものです。

 ということで、まず前作のおさらいから。
 殺し屋シェヴ・チェリオスは、中国系マフィアのボスを仕事で殺したことの報復として、別の殺し屋ヴェローナからペキン・カクテルという合成毒を注射されてしまう。毒の影響を阻害るためにはアドレナリンを摂取し続けなければならないと判明します。
 それには運動したり危険や性欲によって興奮状態を保って自力分泌するか、合成アドレナリンを摂取するしか方法がない。チェリオスは残された短い時間の中、何とか活路を見出すため、自分に毒を打ったことを宣言して去ったヴェローナを探しまわる。馴染みの闇医者ドク・マイルスや友人カイロや恋人イヴの協力を得つつ、アドレナリンを常に摂取するため派手に暴れまくり、街に大騒動を巻き起こしながら。

 そしてヴェローナを追って乗り込んだヘリコプターで格闘の末、空から落下。死んでしまったかように見えたのが、前作のラストでした。
 アドレナリンを維持するため、イヴと公衆の面前でセックスするところが、可笑しかったです。

 本作では、空中から落下したチェリオスは、人工心臓をはめられてしまいます。今度は人工心臓の動力となる電力を求めて、あらゆる努力を払うところが可笑しいポイント。
 電柱の変電器をぶっ壊すのは序の口。わずかな静電気を求めて、そばにいる老婆を捕まえ、盛んにすりすりしたり、またもや恋人のイヴと満員の競馬場で公然とセックスしたりするのです。老婆とのすりすりシーンでは、余りのばかばかしさに、演じているステイサムも。笑いがこみ上げて我慢できなくなり、NGとなってしまうほどの強烈さでした。

 チェリオスの心臓を持ち逃げした中国系マフィアとの追走シーンで、ステイサムはお得意のアクションもたっぷり披露もします。でもなかには、手すりの上の足を乗せて、滑り落ちるシーンでは、誤って股間を痛打するなど、無様なシーンもあって、アクション俳優としてのステイサムがコメディアンのように見えてしまいました。

 常に極限状況に追い込まれる主人公を描いた、本シリーズ。エログロなんでもあり映像に、本能むき出しの笑いに、あなたは突き抜けられることが出来るでしょうか?

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2009年10月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

22件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報