ザ・スピリットのレビュー・感想・評価

メニュー

ザ・スピリット

劇場公開日 2009年6月6日
10件を表示 映画レビューを書く

ニック・フューリーとブラック・ウィドウ?

フランク・ミラー監督によるアメコミ実写化作品。

まぁ、とにかくつまらんね。
ただ、モノクロ風の映像は美しくて見応えアリ(^^)b

エヴァ・メンデスやスカーレット・ヨハンソンなど、セクシーな女性が多数出演してるのは良かった(^^)b

n.yamada
n.yamadaさん / 2018年5月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  萌える 寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シン・シティ大好きなので鑑賞

シン・シティ大好きなので鑑賞

こな
こなさん / 2018年5月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コミック原作でもマイナーですな。

ご存じ、シンシティや300のフランクミラーが
独自の映像美で見せるアクション物。
って紹介ですけど、確かにこの映像は彼にしかできない
独特の素晴らしさなんですけど。
主人公に背景ってうかマイナーすぎて(日本では)
今ひとつ、暗い主人公の背景を持つバットマン等に
比べたらやはり広く知れ渡っていないので
感情移入が出来ない。

ストーリーもヘラクレスの血とかすごーくマイナー。
何かつぼ外れすぎていて映像だけで2時間はつらいよなあ。
面白かったのはコミカルな敵チーム。
サミュエル・L・ジャクソンのぶっ飛んだ悪役の
コスプレやなりきり感が最高。
これだけでも楽しめます。

いずれにせよ主人公、女好きで、死なないし
妙に感情的でテンション高かったり、
女々しかったり、メンタル心配です(笑)

としぱぱ
としぱぱさん / 2015年8月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像美

スタイリッシュだが、どうしても内容が映像負けしてしまう。

pazoo
pazooさん / 2015年4月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良かった

あまり評価の高くない映画だし、興行的にも失敗している映画だが、私はそんなに悪い映画だとは思わなかった。

サミュエルは相変わらずカッコいいし、この映画では「ジャッキー・ブラウン」よりイカれた演技を披露している。また、主役級のスカーレット・ヨハンソンをかなりの脇役として使っているので、全編に渡り豪華さを際立ている。

R指定されていないので、過激な描写とかもないし、「シン・シティ」が観たくても観ることが出来ない子供が安心して観ることができる映画である。ビジュアル面からしてもほかの映画では中々ないスタイリッシュさがある。

ゲームプログラマーとか将来映像の仕事を就きたいと考えている人たちの教材になる映画だと思う。

ミケランジェロ
ミケランジェロさん / 2010年1月11日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

すばらしい

ストーリーは正直、大して面白くありません。
が、もうこの様式美を観てるだけで感動ものです。
シン・シティが駄目な人は駄目ですね。

山椒魚
山椒魚さん / 2009年7月16日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ノー・スピリット。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ウィル・アイズナーの原作なんて、もちろん読んでない^^;
フランク・ミラー。という理由だけで観に行ったのだが、
その前に数々のレビューで、惨澹な作品らしいと分かった。
で、実際に観てみたら、確かにその通り!(爆)
まるで睡眠導入剤をスクリーンから頒布させているような、
さらに飲んでいた鼻炎薬が効き始めた?私もウツウツと…

いや。これは何というか…。
面白い・つまらないは、多分ヒトそれぞれなんだろう作品。
こういうのにハマるヒトもいて、おかしくはないと思う。
美人も多く出ているしねぇ。意味なく主人公と絡むしねぇ。
時折盛り込まれたギャグの小ささや寒さにもめげず、
サミュエルは嬉々揚々とオクトパスを演じちゃってるから、
口のはさみようもない。って感じ?
しかし最近のサミュエル、ノーマルな役がこなくなった^^;

F・ミラー独特の斬新な映像美。赤を基調とした躍動感。
これで主人公がもっと強くてカッコ良かったら(顔以外で)
れっきとしたヒーローもんになりそうな気もするんだけど…
冒頭から「この街」が彼女だ。なんて言っちゃうくらいなら、
その不死身な身体をもっと使え!的な身体能力の低さと、
目に余る陽気な佇まいが緊張感を見事に掻き消している。
G・マクトもE・メンデスも、それなりにビジュアル的に美♪
ではあるので、スカヨハと合わせてそっち系で楽しむとか。
1時間40分弱を乗り切る方法が、多分いろいろあると思う。

…どうでもいい話なのだが(いや、よくもないか)
私の観たシネコンでは、入口のポスターが間違ってて(爆)
なんと「ROOKIES」になっていた。でもって、そのあと続々と
お爺さん達が入ってきたので、これ、マズいんじゃない?と
心配していたのだが、ちゃんと観ていた人が何人かはいた。
エ?いるんだ?ファンが。(しかも高齢者だ!)に驚きつつ、
あんがい美と健康にいい作品なのかもしれない。と思って、
「長寿と繁栄を!」とバルカン的挨拶を心で唱えてしまった。

(まったくスピリットに欠ける感想なのでマスク付けときます)

ハチコ
ハチコさん / 2009年6月13日 / から投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 寝られる 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

「シン・シティ」が好きな人はいいかも

シン・シティ、300とみて、今回これをみてみた。
が、やっぱり私にはとても退屈だった。
300のストーリー性や迫力はとてもよかったが、シン・シティ、ザ・スピリットは、アメコミ好きでないとちょっとつらいかも。ストーリー的につまらなく、映像はきれいだが、暗いので、とてもみにくい。
はっきり言って寝てしまった

デルフィニューム
デルフィニュームさん / 2009年6月12日 / から投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フランク・ミラーの新感覚、されど心に響かず

一度死んだ筈なのに、
不死身の身体を手に入れたスピリット(ガブリエル・マクト)、
自分の存在証明をかけ、宿敵オクトパス(サミュエル・ジャクソン)に
向っていき、その戦いの過程で自分の過去を思い出していくという、
一応のお話はあるのですが、
ストーリーをロジカルに把握する左脳で観るタイプの人間には、
少し辛い展開です。
原作はアメコミ界の大御所ウィル・アイズナーのコミックと
ありますから、アメリカンなライト感覚で楽しむ
作品なのでしょうね。あるいは、ビジュアルを右脳で
感覚的に楽しむ作品だと思います。
その為に数人の美女を用意してくれています、
私にわかった美女はサラ・ポールソン、
彼女は慎み深い淑女役を演じていました。
悪くて美しくてエロイ女は、エバ・メンデスです。
スカーレット・ヨハンソンはお遊びで出たような
コケテッシュな感じの役どころでした。

この作品を観て、
私は左脳で観るタイプの人間だという事を再認識できました。

カサキショー
カサキショーさん / 2009年5月31日 / から投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

オープニングは、すごくスタイリッシュで本編を期待させるものでした。しかしあまりにおバカな敵キャラに女好きのヒーローには幻滅しました。

 赤色だけは残し、白黒二値にコントラストを強調し、スローモーションでヒーローの颯爽とした動きを強調するオープニングは、すごくスタイリッシュで本編を期待させるものでした。
 「シン・シティ」「300」と進めてきたフランク・ミラー監督のモノクロームな世界観は、本作でパートカラームービーとして進化したものといえるでしょう。

 この映像でもって、ガブリエル・マクトの渋い声とともに、『ダークナイト』のような世界観を展開すれば、絶対に名作となったことでしょう。
 街のスピリットとして、街を愛し、平和を守る気持ちは、バットマンにも劣らないし、一回死んでいる不死身の存在として、バットマン以上の活躍が可能であったはずでした。
 けれども敵役がお馬鹿キャラを揃えたため、スタイリッシュでシリアスな映像とは、多にミスマッチなものになってしまいました。
 ボス格のオクトパスは、けばけばしい出で立ちに、濃い性格のキャラ。ちょうどバットマンの旧シリーズにイメージが繋がります。そして、オクトパスのクローン技術によって作られた手下たちはどれもそっくりで一様におバカなんです。
 そしてオクトパスもなぜか不死身で、スピリットとどんなに死闘を繰り広げても、いつもの碁敵が相対しているかのように決着がつきません。勝負のつかないバトルシーンなんて面白くないなと思いました。

 オクトパスとスピリットがなぜ不死身となったのかそのいきさつは、物語の進行とともに明かされます。それはそれで何とか納得できる筋が用意されているのでいいのですが、問題はスピリットの女好き。一度は死んで成仏しているはずなのに、このゾンビみたいなヤツは、まだ生臭で、美女と見るや口説いてしまうのです。死んでも直らない女癖というのは、まさにスピリットものことを指すでしょう。

 生前の婚約者であって、今でも相思相愛の外科医エレンの目の前で、昔の恋人であり今は宝石泥棒になったサンドを抱擁し、キスするところを見せつけるなんてどんな神経をしているのでしょう?石田純一でもびっくりするようなヤツなのです。ヒーローが「ナンパ師」なんて、ヒーロー映画としては存在が軽すぎやしませんか。エレンの父親かつ元上司のドーラン刑事がスピリットを、エレンの父親として娘に近づくなと目の敵にするのも解ります。
 そんな彼を大きな愛で包み込んでいて、文句も言わず私だけが彼を治せるのと治療するエレンのけなげさが引き立っておりました。

 そんなわけで、スピリットに絡む美女の演出にも力が入っております。ドーラン刑事の部下の女刑事とか、敵役のオクトパスの部下、そして早くこっちに来てと手招きしている死に神すら、スピリットに魅了されていて、そのコスチュームも、大きく胸元が開けていたりして、官能的なもの。モノクロな本作に華を添えていました。

 それでもスピリットが、本気で惚れているレディとは、実は彼を育んだ街、セントラル・シティなんだという設定には共感できましたね。
 続編もできそうな展開で終わったため、次はもっと街を愛するところをもっと見せてほしいと思います。相棒の子猫にもご注目を(かわいい脇役)。

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2009年5月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

10件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi