劇場公開日 2010年1月16日

  • 予告編を見る

今度は愛妻家のレビュー・感想・評価

3.951
38%
43%
14%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全38件中、1~20件目を表示

4.0自然と涙が溢れる。

makoさん
2020年7月8日
iPhoneアプリから投稿

相手を想う切なさに温かな気持ちになる。そんな映画でした。
夫婦愛ってあるよね!
『水川あさみ』ちゃんのサイドストーリーが、煩いので−⭐︎1(^◇^;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mako

4.5涙腺崩壊とはこのこと

みちさん
2020年5月10日
iPhoneアプリから投稿

素直になれないやんちゃな夫と
天真爛漫で明るく純真な妻

どこにでもありそうな夫婦の形…
ただコミカルに描かれる映画かと思いきや
いい意味で期待を裏切られた

中盤からは、自分でもびっくりするほど
涙がこぼれ落ちて止まらない

切なくも温かさのあるラストに
当たり前と思っていたことが実は当たり前ではないこと
失って気づく前に伝えようと思えた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みち

4.0とても良い作品だったけれど長かった。 石橋 蓮司が最高に良かった。...

yonda?さん
2020年1月9日
スマートフォンから投稿

とても良い作品だったけれど長かった。
石橋 蓮司が最高に良かった。
還暦オカマ演技が最高に素晴らしかった。
お話も良かった。ただサイドストーリー的な部分までしっかり映像で説明していて、見せ過ぎな印象を受けてしまった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
yonda?

0.5月並みなトリックです

2019年9月20日
PCから投稿

何でも妄想とか精神病とかのせいにするのはやめましょう。
なんでもありだし、伏線の回収も不要だし、どんでん返しも脈絡無くできるし。
こんな映画意味ないし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.5豊川悦司と薬師丸ひろ子が結婚10年目の夫婦を演じるラブファンタジー。

2019年9月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

豊川悦司と薬師丸ひろ子が結婚10年目の夫婦を演じるラブファンタジー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

1.0情け無い奴

2019年5月6日
PCから投稿

死んでたとは分からなくて、なんで死んだんだよで初めてわかる、不覚、鳥肌。
可哀想だと思いきや、生きてる時、浮気して、悪態ついて、自己中。
死んでからは、働かず、義父の金で暮らすだけでなく家事までさせて。
優しくできない事後悔して、死んだ妻の幻覚に、また悪態ついて、浮気して。
どれだけ甘えん坊のアホたれやねん。
想像の世界やから自分に都合の良い妻、優しくて愛してくれる妻。
サイコの薄気味悪い妄想、そら、美しいわ薬師丸ひろ子、飛んだり跳ねて、抱きしめて。
こんなんで感動してたら、義父が惨めすぎるで。
泣いて仕事もしない、死んだ娘の夫の面倒見るなんて。
ところで幻覚は恐ろしモノしか見ないそうですね。
逢いたい人には会えない。
死んだ愛した人は幻覚に現れない。
医学的、現実的にはあり得ない話。
そう考えると醒めた目で見てしまいます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

1.0冗長

2018年12月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

薬師丸ひろ子の存在が際立つ。ただ、残念ながら、冗長さは否めない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まこべえ

3.5夫婦愛

もりりさん
2018年6月10日
PCから投稿

とても丁寧に夫婦愛を描いている。

この話を、理解はできても強く共感するところまではいかない身としては、
こんな苦しみを味わうくらいなら共感できないほうがましなのさ、
と強がるしかない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もりり

4.5やられたー😣

2018年6月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

星の評価通りステキな作品でした。
夫婦愛を押し付けがましく見せるのではなく、理想だけで固めるわけでもなく。

アラフォー世代の私にとって、薬師丸ひろ子さんの色褪せない女優っぷりが良いですね。

『どうして生きてるうちに言ってくれなかったの?』
このセリフは、完全に心でハモってしまいました😅

ちゃんと言葉にして、態度にあらわさないと😊

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
零式五十二型

5.0結婚してぇな

yamyaさん
2015年10月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

今までに見た夫婦の物語がたくさんあって
いろいろ予想しちゃう自分が居たとしても
「えっ」と引き込まれる部分があって
いろいろな優しさが丁寧に描かれてる映画に出会ったなら
また涙を流してしまうのです
将来結婚したら妻と一緒にこの映画を見よう

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yamya

5.0今まででいちばんのお気に入り

Kadukiさん
2015年10月5日
スマートフォンから投稿

豊川悦司の大ファンでざ、なんせ、この映画が好きでたまらない!
どのシーンでとめても見とれてしまうかっこよさ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
薬師丸ひろ子とすごくお似合いだし、全てが絵になる♪───O(≧∇≦)O────♪
何回も何回もじっくり豊川悦司さんに見とれてみてます!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Kaduki

2.5また、反省させられる映画を見てしまった

casiopeaさん
2015年3月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

評判が良いということでとりあえず見に行った。俳優陣はとてもすばらしく自然に映画の中に引き込まれてしまった。まず、思ったのは夫婦というものはこんなものかなと思った。この映画のように夫としては妻が空気のような存在、しかし、いなくてはならないもの、空気はなくなったら大変なことになるから。とても大切なもの、しかし、当たり前に同じ屋根の下にいて、当たり前に毎日二人で生活している。しかし、相手がいなくなって初めてその大切さがわかる。ごく当たり前の話なのだが、人間、そこに感動する。また、この映画を見て、自分が妻に対して感謝の気持ちを全く言わないことに反省する。前にも似たような映画を見て妻に対してもっと感謝の気持ちを出そうと思った。しかし、すぐに忘れてしまう。やはり、いつも同じ家にいるのが当たり前になっているからだ。当たり前ということは、実は、人間が生きていく中で、最も大切なことなのではないのか、と改めて自覚する。
人間とは愚かなものですべてのことにおいて失って初めてそのありがたさに気付く。当たり前も当たり前でなくなってはじめてそのありがたさに気付く。これは、人間であれば、みんな同じなのではないでしょうか。この映画を見てまず妻に実行したいと思ったのは、食事がうまかったら「おいしい」、家に帰ってきたら「お帰り」を心をこめて(恥ずかしいが)言いたいと思った。なぜならそれしかできないからだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
casiopea

4.5いかん、もう少し妻に優しくしよう・・・。

2013年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

悲しい

知的

無くして分かる、本当に大事なもの・・・。

薬師丸ひろこさんは自分の青春時代の憧れだった女優さんです。
昔ながらのかわいらしさがよく出ていて、感情移入しまくりでした。
最後は不覚ながら涙が止まりませんでした。

こういう映画ってずるい。
キャスティングがあまりにも自分にあっていて・・。

特に石橋蓮司、すばらしい俳優です。
彼のはかない演技があってこそ、この映画の素晴らしさが引き立つ。

40代、50代の薬師丸ひろこファンのおじさん達はきっと
この映画を観た後、「奥さんに少し優しくしよう・・・」
と思うに違いありません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
としぱぱ

3.5あざといけどうっかりホロリ

2013年1月3日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

悲しい

封切りの時、激烈に感動したという知人が、まだ観てない私にネタバレしやがって1回目はあ〜ぁって気持ちで観た映画。

でもこうして2回目に観ると、視線ひとつにも気を配る良く出来た映画です。

舞台が原作のせいもあって、演劇的な泣かせ方だとか、
オチのあとが長いと言う向きもあるようだが、
私は主人公が現実を受け入れて行く過程が好き。

あざとい泣かせ場面より
「なぁ俺が想像もつかないような事ひとつでもいいからなんか言ってくれよ」
の台詞と、
ケーキのろうそくを吹き消す瞬間が、本当に解るよ(ノ_・。)って人はきっと私だけじゃない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミントユ

4.5後悔の海

いずるさん
2011年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

自分の中で『もっとああすれば良かった』『こうすれば良かった』って
後悔しきりなことってありますよね。
もし自分の行動で取り返しのつかないことが起こってしまったら・・・

毎日が楽しさに満ち溢れるほど幸せではなかったけど、不幸でもなかったのです。
純愛ではない、後悔から生まれる愛かも知れない。
だけど幸せにしたいという気持ちは真実のもの。

後半、涙があふれて止まらない。
十年夫婦で過ごしてきたという重みが余計に涙を誘います。
今度は愛妻家。今度は、今度こそは。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
いずる

4.0夫婦の在り方

コロ助さん
2011年2月20日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

楽しい

序盤からテンポ良い展開でどんどん引き込まれていきました。

世の中の男性、特に普段妻に素っ気ない“夫”達に見てもらいたいと思いました。

空気のような存在の大切さは失くして初めて分かるものなのか…。

当たり前の日常がある日突然消えてしまう。

どんなに思っていても伝えなきゃ相手には届かない。

大切な人に大切な事をきちんと言葉にして伝えていこうと素直に思えました。

最後の「行ってきます」の言葉が非常に印象に残りました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
コロ助

5.0清々しい!

misuzuさん
2010年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

悲しい

いくつになっても「ひろ子ちゃん」と呼びたいキュートな
薬師丸ひろ子。まさにはまり役です。

おっちょこちょいで、口うるさくて、なのに思いやりがあって
どこか知的で品がある・・・
少女から聖母まで、ひとつの作品の中でこんなに多面な表情
を見せてくれる女優さんは希有です。

ここ数年、映画界では露出しすぎでマンネリ感のあるトヨエツも、
この作品では心から楽しんで乗って演じてる感じがして新鮮な
魅力にあふれています。

ちょっと水川あさみの演技が過剰な感じで、役とは言え
もう少し押さえ気味の方がせつなさが出たかな、と。

とにかく久々に清々しく泣ける素晴らしい映画でした。感謝♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
misuzu

5.0今度は愛妻家

idoyuriさん
2010年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、TV地上波

泣ける

幸せ

札幌シネフロでこの映画の最終日、映画の日に観てまいりました。監督も役者さんも期待できる面々でしたが大当たり、といえます。薬師丸ひろ子は、リアリティがあるようで実際あんなキュートな妻はいないだろう(少しうざいが)的な味を意図的に出していて、とてもいいんです。トヨエツ、イシレン(おわかりですよね)は言うに及ばず、濱田岳くんも好演(この方、若いのに演技の幅があるのですね)。一瞬の出番でしたが城田クン演じる清潔感のある好青年が、薬師丸さん演じる「さくら」に奥行きを与えていてとっても印象的でした。一瞬出番で対になるのは井川遥さんの複雑な表情でしょうね~。いい女!淡々とみえて、緻密な構成なのですが、役者さんの演じるキャラクターが充実しているので観ていて疲れず、心地よく場面場面に没入できました。ファンタジーという要素を私はむしろ感じなかったです。半世紀も生きているとこれくらいのことはむしろ普通にあるよな~というくらい、むしろリアリティを超える普遍性を感じるのです。繰り返しますが、それは薬師丸さんのキュートさと透明感と目尻の皺があって出る味わいでしょうね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
idoyuri

4.0グッときます・・・が

2010年2月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

だいたいの粗筋は他の方のコメントを見て下さい。感想だけ述べます。
物語の終盤、実はさくらは・・・という場面を見て「ああ、そういうことか!・・・あれ?どういうこと??」と思ってしまいました。前半部分がトヨエツの脳内イメージを多分に織り交ぜて撮っているのは分かるのですが、作り込み過ぎてたがために、若干辻褄があってない気がしてきてもう一つのめり込めませんでした。
水川あさみの蘭子も、性格・振る舞いが「なんで?」という感じで、イマイチ感情移入できませんでした。
マイナスばかり書きましたが、薬師丸ひろ子はイイ!!そこそこの歳だと思いますが(失礼!)非常にかわいい!石橋連司もいいカマッっぷりでした。濱田岳もいい役者ですね。
トヨエツは・・・今回は哀川翔っぽかったです。決して悪くはないです。単純に見た目です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ドリル番長

4.5伝えたいこと

みやこさん
2010年2月3日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

あったかい映画でした。

本当に伝えたいことってなかなか言えないものですよね(*´д`;)
気持ちとは裏腹に嫌味ばかり言ってしまう主人公が自分と重なって反省しました(笑)
劇場には結構男性の方が1人で来てて,なんか良いなーって思いました♪♪

薬師丸ひろこさんがとっても可愛くて,その他の出演者さんも好演でした!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みやこ
「今度は愛妻家」の作品トップへ