「単にバカな若者たちの乱痴気騒ぎ」ピラニア3D kossykossyさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ピラニア3D」 > レビュー > kossykossyさんのレビュー
メニュー

ピラニア3D

劇場公開日 2011年8月27日
全27件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

単にバカな若者たちの乱痴気騒ぎ

 R15だけあって、エロとグロが強烈。リメイクなのだが、ストーリーに軍の秘密兵器というテーマは全くなく、200万年前に滅んだはずの古代ピラニアが地震の影響で飛び出してきたという設定だ。何かを批判するようなメッセージがあるかといえば、単にバカな若者たちの乱痴気騒ぎだけ。さらに最近のハリウッド映画に多い、内気な高校生がピンチに際して成長するといったモノ。したがってストーリーは奥深くない・・・

 主人公であるはずのジェイク。クレジットでは下の方だが、なんとスティーヴ・マックィーンの孫だ。そして、イーライ・ロス、クリストファー・ロイド、リチャード・ドレイファスなどの有名俳優がゲスト出演している。

 映像が凄いのも特徴だが、パニックに際して自分勝手な行動をする人間なんてのも短い時間であるが現れている。特に、高校生のトッド(コーディ・ロンゴ)なんてのはジェイクの恋のライバルといった感じのキャラだが、一人ボートで逃げようとするとき次々とボートで人を殺していく姿はおぞましい。

kossykossy
さん / 2018年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報