劇場公開日 2009年8月22日

  • 予告編を見る

ノーボーイズ,ノークライのレビュー・感想・評価

3.28
6%
47%
33%
11%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全8件を表示

4.0アジアの純真

ミカさん
2021年1月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

日本の監督が撮ると同じ脚本でもまた違った感じの作品になりそうです。作品は完全に『血が濃い』韓国映画でした。亨もヒョングも生い立ちに恵まれていなくて、違った場所に生まれ落ちれば違う人生があったはずなのに。自分の人生と重ねて力を貰える人もいると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

3.0久々に面白い映画だった。ポイント溜まってたので無料で見れた。 家族...

2017年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

久々に面白い映画だった。ポイント溜まってたので無料で見れた。

家族がいなくて独りで生きている韓国人
だらしない妹も含め家族を支える日本人

どっちも裏社会に片足突っ込み、¥に翻弄されながら自分の生き方を探している。

仲間なのか、敵なのか、同士なのか、金づるなのか、ハードボイルな内容なのに、人間くさくて共感して見入ってしまう。

なんだろう、それぞれの人物がすごい伝わってきた。(特にだらしいない妹。彼女なりに後ろめたさと責任感をもっているんだろうね)
対照的なんだけど似ている、似ているけどま逆のポジション。
そして説明しすぎないけど必要な情報は提供してくれる。そんな見せ方だからか!?

地元の山口が舞台設定みたいだけど、エンドロールみたら新潟だったんやね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キッスィ

1.0人魚かよ!

2010年10月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

予告を観て、もっと冒険活劇的すっきり感を期待したわけでしたが、
全然違いました。

おじさんの感覚とはまったく合いません。
風景も生活もどことなく日本じゃないな~、そう、韓国映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤いおじさん

4.5アジアの宝

2009年9月7日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

娯楽作品ではないが人間をきちんと描いた秀作。日韓を代表するハ・ジョンウと妻夫木聡の演技が素晴らしかった。二人とも役柄の人間に完全になりきっていて、底知れぬ才能と可能性を感じた。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
コギごころ

4.0まぁー冥土。

ハチコさん
2009年9月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

難しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ハチコ

5.0心が正直になりました。

kaakoさん
2009年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

幸せ

映画の中に身を投じるように、がっつり集中して観て欲しい映画です。ほぼ全編韓国語ですが、字幕が無くても大丈夫なくらいにキャスト達の感情がドスンと心の中に入ってきて、せつなさ、悲しみ、友情、信頼、愛情など、心に存在する沢山の感情に良い刺激を与えてくれます。観終わったあとの余韻も心地良くてクセになりそうな映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kaako

3.5家族って・・

2009年8月5日
鑑賞方法:試写会

悲しい

人の人生は、家族が基本となって成り立ってるんだなぁって、改めて感じました。育った環境で、人生が変わる。劣悪な環境から抜け出したくても、中々抜け出せない。悲しいけど、負の連鎖ってあるんだよね・・もちろん、抜け出せる人もいるけど・・。
娯楽だと期待しないで見れば、渡辺あやさんの世界観に考えさせられるかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぷらねっと

4.0ボーイズがどうしようもない現実に翻弄されマーメイドのように漂う。

2009年7月29日
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える



 妻夫木聡や貫地谷しほりは、いつも通りと言えばいつも通りで、
“チェイサー”とは全く違うちょっとおバカな役を演じた
 ハ・ジョンウはちゃんと役作りしていてしっくりくるが、
 それ以上に僕は徳永えりのポッチャリに、
 眉薄にちょっとショックを受ける。

 劇中の言葉を借りれば、バカで、
 ヤリ○ンの妹という役の雰囲気は十分出てていいんですけど、
 徳永えりファンは濡れ場はないけど、頑張りを観た方がいい。

 渡辺あやの独特で繊細な脚本が韓国人監督でどうなるか興味深かったが、
 主人公二人が明らかに体格差があるのに互角だったり、ぶつかりあいとか、
 韓国映画と言えばハンマーやパイプ椅子をぶん回すような
 画をイメージしちゃうけど、
 血生臭さはあるにはあるが、その辺が押さえ気味で、
 もうちょっとぶつかり合ってもよかったと思わないでもないが、
 間の抜けた笑いにクスクスとし、主人公二人の現実と幻想に、
 何とも言えない心地よさを感じる。

 擬似家族な食卓を見つめるシーンの優しい眼差しや、
“その土曜日、7時58分”のような雰囲気も漂っている、
 どうすればいいのか分からず、事はうまく運ばず、
 背負っているモノは重くのしかかり、
 自分自身がどうしようもなく情けなく、
 そんな二人が歌い上げるアジアの純真に、何だか泣けてくる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いきいき
「ノーボーイズ,ノークライ」の作品トップへ