「残念な映画です」サヨナライツカ クスクスさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「サヨナライツカ」 > レビュー > クスクスさんのレビュー
メニュー

サヨナライツカ

劇場公開日 2010年1月23日
全52件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

残念な映画です

とにかく冗長で…中途半端でした。

演出と演技に情緒が感じられず、とにかく残念な仕上がり… 日本人が監督、演出したら、もっと違う映画になっていただろうと思う。

脚本が悪いのも大きい… ダイアローグがお粗末。
観客に理解を促しすぎ。

演技の下手さも…ひどく痛い。

映像美を見せたかったのだろうが、物語を語り、魅せることとの焦点がズレていて、感動には至らない。愛は汚くも愛であり続けるような、畏怖を感じるドロドロさもない。エロも美も汚れもすべて中途半端。

最後まで観るのが苦痛。

原作の情緒は何一つ映しだされていない。
それ故、朗読部分なしでは、物語が伝えきれずに終わることになる。
「サヨナライツカ」が、この映画になってしまって、本当に本当に残念すぎ。それ故に非常に悲しい。

クスクス
さん / 2015年3月17日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい 単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi