心理学者 原口鶴子の青春 100年前のコロンビア大留学生が伝えたかったこと

劇場公開日

心理学者 原口鶴子の青春 100年前のコロンビア大留学生が伝えたかったこと

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本人女性初の心理学者・原口鶴子の生涯にスポットを当てたドキュメンタリー。1907年にニューヨークに渡った鶴子は、コロンビア大学で心理学博士号を取得。帰国後に29歳という若さでこの世を去ったが、彼女が残した研究は高い評価を受け、その国際性や自立精神は後の女権運動にも影響を与えることとなった。自身もニューヨークへの留学経験を持つ女性監督・泉悦子が、鶴子本人の手による留学記「楽しき思い出」を基に彼女の軌跡を辿る。

2007年製作/95分/日本
配給:テス企画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本・製作
泉悦子
全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1

(C) 2007 Tess Planning All rights reserved.

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く