アップタウン・ガールズ

劇場公開日:

解説

ワガママ放題に育った元金持ちのお嬢様と可愛げのない大人びた少女が、互いにいがみ合いながらも次第に友情を築いていく過程を描いたコメディ。監督は「タイタンズを忘れない」のボアズ・イェーキン。主演は「8 Mile」のブリタニー・マーフィと、「I am Sam アイ・アム・サム」のダコタ・ファニング。

2003年製作/93分/アメリカ
原題:Maid in Manhattan
配給:20世紀フォックス

ストーリー

ニューヨーク。22歳のモリー(ブリタニー・マーフィ)は、伝説的なロックスターだった父の遺産で高級アパートに住み、パーティ三昧の自由奔放な生活を送っていた。だがある日、印税を着服していた財産管理担当の会計士に全財産を持ち逃げされてしまう。突然無一文になったモリーはアパートを追い出された挙げ句、生まれて初めて仕事を探すハメに。やがて友人の紹介でベビー・シッターの職に就くモリーだが、面倒をみるべき子供は、えらく生意気な8歳の少女レイ(ダコタ・ファニング)。大人と子供が逆転したようなふたりは何から何までソリが合わず、最初は激しく対立するが……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0nananana nananana sheets of egyptian cotton

津次郎さん
2022年1月11日
PCから投稿

クルーレスや17歳のカルテのブリタニーマーフィにはカルトなファンがいるがいずれも助演だった。すべて見たわけではないが主演であげるとすれば(ブリタニーマーフィの代表作は)この映画だと思う。

わたしも多数の映画ファンも少し肥えた初期のブリタニーマーフィ=クルーレスの「タイ」がすきだった。よく笑い、無垢で、人の好さがあらわれていた。タイにコアなファンがいるのは、タイの人物像がブリタニーマーフィ本人を反映しているからだった。

が、当人は痩身になることへ強迫的な使命感をもっていて、周囲から拒食を疑われるほどにどんどん痩せていった。ただ人気としてはこの映画の前後年が絶頂だったと思う。

よく覚えている映画。
子役時代のダコタファニングの代表作でもあった。また、ヘザーロックリアといえば平成期にゴシップが生業みたいなセレブだったがテレビ寄りだったこともあり映画でみたのはこれがはじめてだった。

親心を失った母親。子供心が失われた子供。そのシッター。と恋愛と業界と悲喜こもごも、が描かれる。胸をうつ曲線もあり、なおかつ当時(ものすごく)オシャレで先鋭的な映画だった。映画内でながれるnananana nananana sheets of egyptian cottonていう歌も耳に焼き付いている。

わたしは前に彼女の出演映画(ラーメンガール)にこんな形容を書いた。じぶん的に気に入っているので引用する。
『ぼろぼろに泣いてアイシャドーが流れ落ちた女の顔──というものがある。あれがブリタニーマーフィーほど似合う女優はいなかった。あの顔で巻かれたらひとたまりもない。コメディとハッピーエンドと非防水メイクが似合った。』

──

さいきんVODで『ブリタニー・マーフィ人気女優 死の真相』(2021)というドキュメンタリーを見た。Why it took so long?と思った。おぼろげな情報しかなくて、ずっと、知りたかったことだった。そしてこれを見てしまうと後期ブリタニーマーフィをもはや同じ気持ちで見ることができなくなった。

亡くなって以来彼女の死について疑問をもってきた。このドキュメンタリーを見て、その概要がわかった。ソシオパスに取り付かれ、財産を使い尽くされ食い物にされ次第に衰弱し、ついに死んでしまった。理不尽できのどくな話だった。

死の成因は夫のサイモンモンジャックにあった。当時(2007年)ブリタニーマーフィの結婚相手(モンジャック)を見たとき、強烈な違和感をおぼえたのを思い出した。

よく「関わってはいけない人」──というのがある。
その記事や動画では、ゆうめいなインフルエンサーやユーチューバーがどんな人に関わってはいけないかを縷述している。

どうだろう。あなたは関わってはいけない人がわからないほど愚かですか?
人が捕食者に絡め取られるのは複層の因子があると思う。

関わってはいけないほどの人ならば「関わってはいけない人」の説明動画を見るよりまえに、自然に察知し回避できる洞察力がなければ、けっきょく「関わってはいけない人」を避けることなどできはしない。
そんなのは大人なら自然に身についていなけりゃおかしい見識。

つまり、関わってはいけない人を、誰かに教えてもらうのはおかしい。ひるがえって、関わってはいけない人を解説するそのインフルエンサー/ユーチューバーもおかしい。

恐怖をかんじているとき落ち込んでいるとき弱っているときに、道が開かれると、人はそれにすがる。ことがある。ごく一般人が詐欺に遭ったり、カルト宗教に嵌まったり、反社の片棒を担いだりするのは、無知よりも、そこに主因がある。

そもそも世のなかでは、関わりたくない人であっても、仕事や立場上の故由により、やむなく関わるのであって、関わらずに済むなら、もとより関わりはしない。

また、わが国ではほとんどの人が関わるか関わらないか取捨選択するほどの多彩な人間関係をもっていない。交際が狭かったり内輪や孤独に生きているひとが圧倒的に多い。コロナによって尚更それが顕著化している。

にもかかわらず「関わってはいけない人」の解説が人気をあつめるのは、敵視するにんげんをそこに当て嵌めたいから。加えて、それがじぶんでないことを確認したいから──もあるだろう。

いずれにせよ「関わってはいけない人」に興味をそそられるほとんどの人が、生まれてこの方、人と深く関係したことなどない人たちばかりだろう──と個人的には推測している。

人は、人と関わらなければいけない。そうしないと、何も知ることができないから。それをしないと自分自身がわからないから。

この世界でもっとも恐ろしいのは自分自身の馬鹿を自覚していない人。自らの馬鹿を知ることが「関わってはいけない人」を知るよりも先であるなら、誰も捕食者などになりはしない。
よって人はそのアイデンティティが成立するまで当面は、誰とでも関わってみるべきなのだ。

──が、ブリタニーマーフィが捕食者に囚われたのは人気女優の重圧によって正常な判断ができない状態だったから──だ。それを知ったうえで絶頂期の映画を見るとむしょうに哀しくなる──という話。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

1.0見所はブリタニーの豚鼻

kossyさん
2018年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 とにかくひどい性格の女性を演じるブリタニー。莫大な遺産と印税のおかげで毎日優雅にパーティと男漁り。つまらない・・・早くダコタ・ファニングちゃんを出せ!と祈る思いで画面を見つめた・・・が、彼女が登場しても締まらないストーリー展開。ああ、もうダメ。早く家に帰りたいと思わせる映画。時間が短いのが救いだった。
・まず、上流階級の人間しか出てこない。こういう映画は最低である。
・女はSEX好き、男好き、男をすぐ捨てて乗り換える。始終、男をバカにした映画である。
・ギャグがサムい。ドリフ以下。
・禁欲生活してる男という設定も全く意味をなさない。それだけブリタニーが魅力的だったといいたいのか?
・親が死ぬということまで勢いでギャグにしてしまうのはひんしゅくでしょ。
・自分でクビにしておきながら、態度が変わる過程の心理変化が描かれてない
・ジャケット一つで変わる男の心・・・あり得ない
・基本的に、お姫様のような生活から一転、どん底を味わって立ち直るというストーリーにすべきなのに、全て偶然というものに頼っている。何を言いたい映画なのでしょう。

 戸田奈津子さんが登場して、「エンドクレジットが終った後まで見てくださいね。いいことがありますよ」と言っていた意味がわかりました!途中退場する人を無くすタメです!!子豚のマスコットなんか要らんわい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0ダコタちゃんの可愛さは安定(笑)

ガーコさん
2018年1月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

お花畑にいるような幸せなお嬢様(笑)

彼女の行動がぶっ飛んでいるので笑えます!

有名なミュージシャンの父を持つお嬢様ですが、両親は共に亡くなり印税生活…。

苦労を知らないというべきか、何事にも能天気な雰囲気が彼女の魅了⁉︎

でもある日、使用人が金を持ち逃げしてしまい、貧乏人へ転落してしまうのです…。

お金を稼ぐために就職という壁にぶち当たる彼女。

どんな苦労が待ち受けるのかと思いきや、なんとなく上手くこなしてしまうのが彼女の強み(笑)

潔癖症の女の子の世話に苦労しますが、明るい笑顔で仲良くなる所が逆に凄いですね!

このまま世間に溶け込んで、ずば抜けたファッションセンスを武器に活躍するのでしょうか?

続きがあれば観たかったです(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガーコ

3.0今は亡きブリタニー

2017年7月18日
スマートフォンから投稿

楽しい

単純

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みきねこ
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る