劇場公開日 2019年3月15日

  • 予告編を見る

オアシスのレビュー・感想・評価

4.143
45%
45%
10%
0%
0%
採点

全43件中、1~20件目を表示

4.0「演じる」のではなく、「生きている」

和田隆さん
2020年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 日本では2004年に初公開されたイ・チャンドン監督の「オアシス」(2002)は、恋愛映画の概念を覆すような、詩的でありながら破壊力を持った作品です。ソル・ギョングが演じる社会に適応できない青年と、ムン・ソリが演じる脳性麻痺の女性の極限の純愛を描き、第59回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)、ソリがマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞しました。

 主演ふたりの演技には驚愕します。ギョングが演じる刑務所から出所したばかりの青年ジョンドゥは、落ち着きがなく、周囲をイラつかせ、29歳ながら子供のように無邪気で、家族からも煙たがられてしまう。ソリが演じる脳性麻痺のコンジュは、白いハトや蝶々が飛んでいるように見える部屋で、壁にかけられた異国の絵を眺め、ラジオを聴いてひとり夢想する日々。

 そんな社会から厄介者扱いされていた二人が出会い、彼らなりの愛を育んでいく姿に心打たれます。ギョングもソリもこの難役を「演じる」のではなく、「生きている」ようにしか見えません。チャンドン監督の名作「ペパーミント・キャンディー」(1999)でも共演していますが、同じ役者だとは気づかないくらいです。

 そして、脚本も手掛けているチャンドン監督の演出には唸らされます。障がい者を扱ったデリケートな物語ですが、二人の純愛を極限まで描き切ることで、映画的なファンタジー、もしくはコメディの領域にまで高めてしまうのです。車椅子の上で自由に動けずにいたコンジュを映していたカメラがパンしてジョンドゥを映していると、コンジュが健常者の姿になってフレームインし、普通のカップルのようにじゃれ合うシーンなどは秀逸。現実と幻想の境界線を軽やかに越え、交じり合わせてしまう映画表現には胸が熱くなり、改めて映画の力を感じることができます。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
和田隆

4.0すごっ👀

2022年8月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

観てからひと月以上経ってもなんと書けばいいのか悩み続けた映画。
とにかく主演の二人の演技の凄まじさは必見💡

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
らま+たん

4.0【様々な理由により、世間から疎外された男女の恋を描いた作品。韓国映画の底力を感じると共に、若きソル・ギョングの確かな演技に魅入られた作品。真の人間の善性と悪性を見事に抉りだした作品でもある】

NOBUさん
2022年7月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

幸せ

■刑務所を出て家族のもとへ戻ったジョンドゥ(ソル・ギョング)は、家族たちから優しくない扱いを受ける。
 彼の罪状はひき逃げによる過失致死、及び余罪である。
 ある日、被害者家族を訪れた彼は、脳性麻痺のコンジュ(ムン・ソリ:今作の名演がありながらその後映画からは遠のく。幸せな生活を送られている事を願う。)と出会う。
 2人はやがて惹かれあい、愛を育んでいくが、周囲は彼らを理解しようとしなかった。そしてある事件が起こり…。

■個人的な意見で恐縮であるが、ソル・ギョングさんは韓国俳優さんの中でも、好きな俳優Top10に入る方である。
 マ・ドンソクの様に剛腕で魅せる訳ではないし、イ・ビョンホンの様にイケメンであらゆる役を演じる訳でもない。
 だが、私が劇場で観た「名もなき野良犬の輪舞」体脂肪を極限まで絞った「殺人者の記憶法」傑作である「1987 ある闘いの真実」「君の誕生日」により、名優だと思っている。
 今作はこの方の、若き日の作品であり、興味深く鑑賞した。

◆感想<Caution 内容に触れています。>

・幾つかの罪を追って刑務所で数年過ごし、出所したジョンドゥに対する家族の扱いは冷たい。後に明らかになる彼が親族の罪を被って、刑務所で過ごした事実を考えても、彼が家族にとって、お払い箱にしたい人物であることが分かる。
ー 彼が、軽い脳性麻痺、もしくは知的レベルの低い人物であることが分かる。劇中では、描かれないが。-

・そんな、ジョンドゥが【自らが犯した罪ではない】被害者の家庭を訪れるシーン。そこには、亡き父親の息子夫婦が引っ越しをする際中であり、一人残された軽度の脳性麻痺と思われるコンジュが居た。コンジュの兄夫婦は身体障碍者に支給される住居に住んでいるふりをして、自分達はその家を出て、一人残したコンジュの面倒を臨家の女性に託す。
ー これは、是枝監督作品にも通じる、利権だけを取る、家族の崩壊である。ー

・ジョンドゥは、コンジュの姿を見て、近寄り犯そうとするが、激しく拒否される。
ー 当たり前である。この時点はでは、ジョンドゥの悪性が全面に出ている。-

・だが、コンジュが一人残された姿を見て、ジョンドゥの中の僅かな善性が表面に出てくる。
ー 身障者の方々は、自分に近づいてくる人間の善悪を鋭く見抜くと巷間では言われているが、この辺りのシーンでは、強ち間違いではないかな、と思う。-

 ■ジョンドゥが、コンジュをカラオケに誘うシーン。彼女は上手く歌えないが、その帰り、地下鉄の駅で身体自由になったコンジュが、車椅子に座っているジョンドゥに優しく接する幻想的なシーンは忘れ難い。

<そして、コンジュが、ジョンドゥに対し”一所にベッドで寝ましょう‥”と言い、彼を誘うシーン。だが、その時にコンジュの愚かしき兄夫婦がやってきて・・。
 警察に連れていかれたジョンドゥに対する扱いに対し、一人激烈に身体を張って抗議するコンジュの姿。
 今作は、真の人間の善性と悪性を見事に抉りだした作品であると思います。>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

2.5主演2人の演技力

Kさん
2022年7月14日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
K

3.5とてもよかった

2022年7月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
吉泉知彦

4.5先入観の罪

2022年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

愛は人それぞれ、それを歪にも美しく具象化した作品。
しかし、本当に歪なものは健常者の価値観であるという事実を突き付けられ、
果たして社会に蔓延する常識という呪縛を自分は払拭できるのだろうか?
そう考えてしまった。
この作品の描くもどかしさは、多様性のある社会とは私たちの見ている予定調和の
枠の外にあるのだということに気付かせてくれた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
針のむしろ

4.5目を背けるから何も見えないんだ

2021年9月23日
Androidアプリから投稿

常識で行動するのが全て正しい訳じゃない
もしくは、正しく生きているばかりが求められている訳じゃない
視点を変えたら、人間味があって美しい生き方と言えるかもしれない

人になんと言われようとも、その人のために真っ直ぐに行動するのは、他人に迷惑をかける事になるかもしれないが、その人にはありがたいこと

障害のある人から、つい目を背けて、それがマナーだったり、優しさだと勘違いしていた自分に気付かされてしまう作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
じょにぃ

3.5花送られて?

2021年6月27日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
filmpelonpa

4.5恐ろしい純愛だ

JYARIさん
2021年6月6日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
JYARI

5.0蝶々

kossyさん
2021年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 最初は過剰な障害者の描写に引いてしまったのだが、徐々にのめりこんで行ってしまう不思議な映画だ。光を手鏡に反射させて鳩や蝶を映し出すという、微妙ではあるが効果的なCGにも釘付けになってしまう。

 社会から疎外された純粋な心を持つ二人。ジョンドゥはまともな職にも就かず、大人になりきれないと兄に叱咤される。そして、前科3犯ではあるが決して根っからのワルではなく、子どもが親からコッソリ小額のお金を盗む程度なのだ。障害者であるコンジュは兄や周囲の人たちに世話されているが、利用されているような面もある。とにかく孤独でラジオだけが唯一の友達なのだ。

 時折、コンジュの妄想シーンが随所に散りばめられ、思わず微笑んでしまったり、周囲の人間の世間ずれした台詞に失笑を呼んでしまう。二人の純愛と周囲から疎外された二人だけの世界が笑いのバランスと調和されとても心地よかった。

 そして、あの事件が起きてからはコンジュが緊張のため喋れなくなることと、彼女の名誉のためにあくまでも真実を語ろうとしないジョンドゥの男らしさに涙してしまうのだ。むしろ、男性の目で見たほうが泣ける映画かもしれない。

【2004年9月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

2.5リアルな演技に圧倒されるが…

aykさん
2021年4月26日
スマートフォンから投稿

女優さんの障がい者の演技がとてもリアル。
こんな演技できる人ほかにいないだろうな。

社会からはみ出して周りから理解されない恋愛。2人にしかわからない世界。

終わり方モヤモヤする!思うことたくさんあるけど現実じゃなくて映画だしな、、

演技は高評価だけど内容はうーん、って感じかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ayk

4.0イ・チャンドン

さん
2021年4月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Y

4.0足の運び

Kjさん
2021年4月18日
iPhoneアプリから投稿

真っ直ぐには運ばないジョンドゥの足。次の一歩がどっちに向くのか危なっかしい。座ってても貧乏ゆすりが止まらない。こちらに安堵のいとまを与えない。キャラクターをよく示すソルギョングの名演。
他方、文字通り体当たりの演技のムンソリ。喜んでいるのか拒んでいるのかこちらから分からないような演技に徹する。表現できぬ人の苦悩。美しいオアシスでの抱擁。光と影しか与えられず、その中でも希みをながらえる人の根の強さを表す。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj

4.0韓国映画スゴイ!

2021年1月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

韓国映画恐るべし!社会的タブーにここまで斬りこむとは・・・
幻想のシーンでインド人少年までは良いが、インド象登場には笑ったね。

ムン・ソリさんの体当たり演技はスゴイ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タクロー

4.5もどかしい

M hobbyさん
2020年12月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

知的

幸せ

韓国映画ファンですが、内容を知らず、評価の星の数の多さでチョイス。観賞後、また一つ良質な映画、それも韓国映画に出会えて感動しました。

主人公の2人の演技力はもちろんのこと、演出、ストーリー展開。どれもこれも、流石の一言。

脳性麻痺の女性コンジュを演じたムン・ソリさん。
こんな演技ができる女優さんは世界中探してもなかなかいてませんね。彼女がだんだんとただの障がいをもった人間ではなく、生きることを楽しみ、自分の感情に素直になり、恋をする様は見ているこちらに希望を持たせます。最初の関わり方はハッキリ言って最悪ですが、徐々に心を許し、2人だけの世界が幸せなものになっていく。脳性麻痺ではない自分になって歌を歌い、踊る姿。幻想であっても幸せな2人の空気に心鷲掴みにされました。

ジョンドゥ役のソル・ギョングさんも素晴らしい。
前科者であるがために、家族からも警察からも社会からも蔑ろにされる。一つの罪は実際には自分ではないにしろ、その事を根に持ったりしない、純粋な青年を演じきり、最後はもうただただ愛する人を想うだけの将軍というより王子様でしたね。

ロミオとジュリエットのようだと他の方のレビューにありましたが、まさにそれですね、、2人だけが知っている、2人の愛だけが全てであることの幸せ。

本当に良い作品に出会えました。
決して明るくはないけれど、ラストシーンのコンジュの姿が、心を明るくしてくれるひだまりのようでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
M hobby

3.5剥き出しの、これぞ映画!

mistyさん
2020年11月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

社会的に不適合と言われる男性と脳性麻痺の女性の恋愛物語。最初はヘビーで見終われるかと思いましたが、途中から目が離せなくなり、頭を殴られるような衝撃を突きつけられたような映画でした。TVドラマを映画館で上映しているような作品が多い中、これぞ映画という作品じゃないかと思います。「ジョゼと虎と魚たち」と通じる作品でしたが、ジョゼ〜が美化された演出作品と感じるほど、こちらはもっと剥き出しで、心えぐる作品でした。いゃ〜、韓国映画、韓国俳優の凄さを知らされました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
misty

4.5観てよかった

2020年9月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

主演2人が驚異的な演技を見せてくれた。
ジョンドゥは落ち着きもなく、何をしでかすか分からない、実際クズな行為をするし、イラっとする。しかし、観ていると次第に彼のただただひたむきな純粋さに惹きつけられてしまう。
コンジュは脳の病に犯されていて、空想の世界に浸っている。そんな彼女がジョンドゥと心を通わせていき、空想の世界で健常者としてジョンドゥと接するシーンには本当に胸が熱くなったし、普段とのギャップと役者の表現力には本当に驚かされた。

2人が周りに好奇や冷たい目で見られるシーンが多々ある。だけどそんなものは関係ない。社会に適応できなくても、周りになんと言われようとも関係ない、純粋な2人だけの世界、純愛にはグッとくるものがあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いたかわ

5.0ミラクルはないと思ったが

redirさん
2020年8月22日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
redir

5.0ムン・ソリがすごい!

2020年8月8日
PCから投稿

言うまでもなくソル・ギョングはさすがだが、
この映画に関してはそれ以上にムン・ソリの存在感がすごい!
ムン・ソリなしにはこの映画は成り立たないだろう。
こんな演技ができる女優が日本にいるか?
それ以前に、日本で脳性麻痺の女性をテーマに
映画をつくるなんてできるか?
このテーマを企画しても、その段階でボツだろう。
18年も前の映画だが、久しぶりに感動した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふくふく

4.5障碍者版ロミオとジュリエット

2020年7月26日
Androidアプリから投稿

障碍者どうしの恋愛にとって最も大きな「障害」は、支えるべき周囲の健常者との壁の高さなのかもしれない。

二人の純愛と性愛は、形は違えど健常者とのそれと何ら違いはなく、むしろ「そんなことあるはずがない」という健常者の決めつけによって起きる悲劇が切ない。

韓国映画はレベル高すぎ。
こういうのをなぜ日本でできないのか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
赤い彗星
「オアシス」の作品トップへ