劇場公開日 2003年7月19日

永遠のマリア・カラスのレビュー・感想・評価

3.64
11%
56%
22%
11%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全4件を表示

4.0 60年代の音源が多かったと思われるがとても綺麗に仕上がっていまし...

kossyさん
2018年11月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 60年代の音源が多かったと思われるがとても綺麗に仕上がっていました。リアルタイムで聴くことの出来た人が本当にうらやましいです。

 ストーリーとしては監督の遊び心が感じられる作品でした。生前のカラスと仲が良かったというテロップからも判断できるのだが、彼女の自由奔放な性格や芸術に対するこだわりが良く伝えられています。ラリーに関する設定は遊び心なのでしょうね。

 この映画は、“カルメン”のシーンだけでもいいと思うのですが、どうなんでしょ・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.0映画として見てみると、、、

旅人さん
2013年11月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
旅人

4.0もしこのカルメンがあったならば観てみたい

Cape Godさん
2013年4月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

難しい

総合75点 ( ストーリー:70点|キャスト:75点|演出:80点|ビジュアル:85点|音楽:85点 )

 マリア・カラスの映画がまさかロックで始まるとは思わなかった。それはさておき、吹き替えで作る歌劇映画の美しい映像と音楽との融合がとても素晴らしくて芸術の香りに浸れる。そして彼女の偉大な才能と同時に、歌手としての頂点を過ぎて晩年は不幸だったといわれる人としての弱さも描かれていて、美しく我儘で脆い彼女の晩年の芸術にかける思いと誇りが綺麗に少し耽美に描かれていた。そのような演出が上手で引き込まれた。ただし歌劇か音楽に興味がないと楽しめないだろうし、オナシスとジャクリーンの名前が突然出てきたりしてマリア・カラスについてある程度の予備知識がないとわかり辛い作品になっているので、観る人を選ぶ作品でもある。それにしてももしこのようなカルメンの映画があるのならば是非それだけは見てみたかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

3.0とてもチェーホフ的な人生ね

shimoさん
2011年6月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
shimo
「永遠のマリア・カラス」の作品トップへ