タップ・ドッグス

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
3.30
0%
67%
33%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

型破りなスタイルのタップ・パフォーマンス・グループを描く作品。監督・製作総指揮・出演は、タップ・パフォーマンス集団“タップ・ドッグス”の主催者であるデイン・ペリー。製作・原案はヒラリー・リンステッド。脚本はスティーヴ・ワーランド。撮影は「ダンシング・ヒーロー」のスティーヴ・メイソン。音楽はチェザリー・スカビスゼウスキー。編集は「ある貴婦人の肖像」のジェーン・モラン。出演は「コヨーテ・アグリー」のアダム・ガルシア、「ミュリエルの結婚」のソフィー・リー、「AMY/エイミー」のウィリアム・ザッパ、「ベイブ 都会へ行く」のリチャード・カーター、本作が映画デビューとなるサム・ワーティングトン、マット・リーほか。

2000年製作/95分/アメリカ
原題:Bootmen
配給:20世紀フォックス映画

ストーリー

オーストラリアの鉄鋼都市ニューキャッスル。ショーン・オクデン(アダム・ガルシア)は小さな頃からタップを習い、いつかタップ・ダンスの世界で生きることを夢見ていた。急接近したばかりの美しい娘リンダ(ソフィー・リー)との別れを悔やみつつ、ついに本格的なショービズに参加しようとシドニーへ出向いたショーンだが、肌に合わずまもなく帰郷。さらに、彼の不在中に兄ミッチェル(サム・ワーティングトン)がリンダを奪っていたのを知り、ショックは倍増。タップ一筋を誓うショーンは、仲間たちを集めユニークなタップ集団“ブーツメン”を結成した。彼らは一気に知名度を上げるため、まず3万人の観客でいっぱいのラグビー試合場に突然現われ、タップを踊った。その直後、ショーンは、リンダがミッチェルの子供を妊娠していることを知る。しかしミッチェルは、チンピラのボスのヒューイ(アンソニー・ヘイズ)に襲われて死んでしまった。しかも鉄鋼所が3ヵ月後に完全閉鎖されることが決まり、従業員は全員解雇されることになった。そこでショーンは、工場をステージにして、“ブーツメン”による従業員救済ショーを企画する。そして彼は、子供が生まれたら自分が面倒をみると、リンダにプロポーズした。やがてショーの日。“ブーツメン”のメンバーは、全力で、エネルギッシュに踊るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る