キプールの記憶

劇場公開日

50%
0%
0%
0%
50%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イスラエルの鬼才アモス・ギタイ監督が、ヨム・キップール戦争での実体験を基に描いた衝撃作。救急部隊に配属された若者たちを通して、戦争のおぞましさを浮き彫りにする。2000年カンヌ国際映画祭正式出品作品。

2000年製作/118分/イスラエル・フランス・イタリア合作
原題:Kippur
配給:アルシネテラン

ストーリー

1973年10月6日、ユダヤ教の贖罪の日“キム・ヨプール”。静粛に包まれていたイスラエルに、シリア・エジプト両軍が侵攻し第4次中東戦争が勃発。新兵のワインローブ(リオン・レヴォ)とルソ(トメル・ルソ)は、急きょ、空軍の救助部隊に入隊する。負傷兵をヘリコプターに乗せ、激戦地と病院を往復する毎日。悪夢を目の当たりにし、絶望感は日に日に増していく。そんなある日、彼らのヘリコプターが襲撃される。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第53回 カンヌ国際映画祭(2000年)

出品

コンペティション部門
出品作品 アモス・ギタイ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

4.5Weekend Super

pigeyesさん
2019年7月14日
iPhoneアプリから投稿

戦争に遅れて自家用車で向かう前半のロードムービー感と、戦車が走り回る高原をひたすら担架を担ぎヘリに届ける後半の生々しいスペクタクル。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
pigeyes

1.0ひたすら眠くなる映画

2019年5月2日
iPhoneアプリから投稿

編集が酷すぎる。
ロングカットは要所で使えよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン
すべての映画レビューを見る(全2件)