私の中のもうひとりの私

劇場公開日

17%
50%
33%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

失われたもうひとつの自己を求め、苦悩し彷徨するひとりの女性の姿を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはジャック・ローリンズとチャールズ・H・ジョフィ、製作はロバート・グリーンハット、監督・脚本は「セプテンバー」のウディ・アレン、撮影は「存在の耐えられない軽さ」のスヴェン・ニクヴィストが担当。出演は「ラヴ・ストリームス」のジーナ・ローランズ、ミア・ファロー、イアン・ホルム、ジーン・ハックマンほか。

1989年製作/アメリカ
原題:Another Woman
配給:オライオン映画=ワーナー・ブラザース

ストーリー

大学の哲学教授マリオン(ジーナ・ローランズ)は、50歳の誕生日を機に、新作の執筆のため、ニューヨークの下町にアパートを借りた。ある日、疲れて居眠りをしている彼女の耳に隣室の精神分析医のもとに通う患者の声が聞こえてくる。聞くともなしに聞いてゆくうちに、彼女にはその患者ホープ(ミア・ファロー)の告白が、かつての自分の苦悩と二重になり、次第に「もうひとつの自己」を見つめ直すようになる。彼女にとって2度目の結婚になる現在の夫ケン(イアン・ホルム)は外科医で、マリオンには義理の関係になる彼の娘ローラ(マーサ・プリンプトン)との間も平穏で、いたって幸せな日々を送っていた。が、そんな彼女の頭を時としてよぎるのは、結婚パーティーの席でみせた、ケンの前妻の醜態であった。さらにマリオンは、ある日自分がローラにとって押しつけがましい存在であることを知る。そして苦悩の色を深める彼女の脳裏をよぎるのは、かつての恋人ラリー(ジーン・ハックマン)との気まずい別れだった。マリオンは彼と結婚するつもりはなかったが、ラリーはその気だった。彼はマリオンに、思わせぶりな素振りを見せた、と言うが、彼女には思いがけないことだった。が、それは旧友クレア(サンディ・デニス)との再会で証明される。さらに彼女は、マリオンのそんなところが大嫌いだ、と言い放つ。疲労しきったマリオンは実家に戻るが、そこで彼女が思い出すのは、父(ジョン・ハウスマン)と自分、そして弟との不仲だった。ある日街角で偶然会ったホープを強引に食事に誘い、現在の自分の心境を告白するマリオンは、彼女から世界一不幸な人と告げられる。その後マリオンは、ケンと友人リディア(ブライス・ダナー)の不倫を知り、離婚を決意した。傷心の彼女は、ふと自分をモデルにラリーが書いた小説を手に取り、それを読み始める。いつしかその主人公の姿に勇気づけられてゆくマリオンの胸には、次第に生きるための新たな息吹きが芽吹いてゆくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5いつかもう一度みたい映画

J-taさん
2015年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

50歳にて人生を振り返る。この映画を書いたときウディアレンが何歳だったのかは知らないけど、ほんと流石だと思うしすごく人の深いとこをつっつく映画。今はまだ21歳で振り返るほどの人生もないから、いつかまたこの映画をみて自分の人生を振り返ってみたい。そんな風に思わせてくれるのはやっぱりいつも通りに、晴れた日の午後の陽だまりのような空気で映画を締めくくるからだと思う。
いつも思うけど音楽がとても好み

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J-ta

4.0さすが!素晴らしい

chienuさん
2010年5月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ウディ・アレン作品が好きな方なら、この映画はたぶんかなり評価高いのでは?私は非常に満足です。総合的に計算し尽くされているように感じます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chienu
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る