夢のバスにのって

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

貧困に喘ぎながらも力強く生きるペルーの子供たちを描く思春期映画。

1988年製作/ペルー
原題:Juliana
配給:シネセゾン

ストーリー

首都リマのスラム街に住む12歳の少女フリアナ(ロサ・イザベル・モルフィーノ)は、家計を助けるために墓地の掃除のアルバイトをしていた。しかしそんな彼女も、飲んだくれの継父には愛想を尽かしていた。そこで既にドン・ペドロ(フリオ・ヴェガ)の元で働いている弟クラビート(エドバル・センテーノ)を頼って家を出るのだが、バスの中で歌を歌って乗客から小銭を貰う仕事は魅力だとしても、そこから上がりを掠め取るドン・ペドロは男の子しか雇わないという。そのため髪を切ったフリアナは、男になりすまして仲間たちと働き始める。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
レネ・ウェーバー
製作総指揮
オスワルド・カルピオ
フェルナンド・エスピノーサ
ステファン・カスパール
アレハンドロ・レガスピ
レネ・ウェーバー
製作
ステファン・カスパール
撮影
ダニー・ガヴィディア
音楽
ホセ・バルセナス
編集
ロベルト・アポンテ
全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く