劇場公開日 1993年5月1日

「凄まじいプロのスナイパー魂」山猫は眠らない 重さんの映画レビュー(感想・評価)

3.115
8%
40%
38%
9%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5凄まじいプロのスナイパー魂

さん
2020年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

トムベレンジャー扮する海兵隊一のスナイパートーマスベケットは、相棒パビッチ伍長とパナマで狙撃に成功したが、明るい内に救援ヘリが来たため相棒が狙撃された。新たにパナマでアルバレス将軍を狙撃するため助手としてビリーゼイン扮するチャードミラーが選ばれた。これが成功すればトーマスベケットは引退出来る事になる。しかし一発必中の狙撃手は一般海兵隊員からは嫌われていた。ジャングルを知り尽くしたベケットは、現場までジャングルを歩いて行くと言うので、国防会議で決められた作戦を無視し地元情報を重んじるベケットに経験不足の上官のミラーは閉口した。ミラーはメダリストであったが、現場ではびびって失敗した。ベケットにすれば、若手を鍛えながらの実戦だ。敵の中にはかつてベケットの部下で寝返ってベケットを狙う者もいた。果たしてふたりは無事に任務を果たせるのか? 原題は、単に「スナイパー」。冷酷無比な仕事人スナイパーベケットでも人並みに夢を描いていた。学生気分の抜けない上官を相手に気を遣いながら命を賭けなければならない辛い仕事だね。凄まじいプロのスナイパー魂を見せつけられたな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重
「山猫は眠らない」のレビューを書く 「山猫は眠らない」のレビュー一覧へ(全15件)
「山猫は眠らない」の作品トップへ