山猫は眠らない

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
10%
47%
28%
8%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

南米パナマのジャングルを舞台に、米政府上層部の極秘指令を受けて隠密作戦を展開する2人の狙撃手の姿を描く戦争アクション。撮影の大部分はオーストラリアのクィーンズランド北部のジャングルで行われた。監督はペルー出身で「大統領暗殺指令」のルイス・ロッサ。製作はロバート・L・ローゼン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「トイズ」のマーク・ジョンソン。脚本はマイケル・フロスト・ベックナーとクラッシュ・レイランド。撮影は「カッコーの巣の上で」のビル・バトラー。音楽はゲイリー・チャンが担当。主演は「7月4日に生まれて」のトム・ベレンジャー、「メンフィス・ベル」のビリー・ゼイン。

1993年製作/98分/アメリカ
原題:Sniper
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

南米パナマ、コロンビア国境近くのジャングルで、ワシントンからの指令を受け、極秘のうちに任務を遂行する狙撃手のトーマス・ベケット上級曹長(トム・ベレンジャー)。彼のもとへ、パナマの麻薬組織のボスであるオチョアの援助を得て政権を狙うアルバレス将軍を暗殺する指令を受けた若きエリート軍人のリチャード・ミラー(ビリー・ゼイン)がやって来た。ベケットはミラーに標的がオチョアと将軍のふたりになったことを伝える。翌朝装備に身を固めたベケットとミラーは、ヘリではなく列車と徒歩で目的地のアルバレス将軍の農園を目指すことになった。農園に侵入した2人はそれぞれ将軍とオチョアを同時に狙撃することになり、ヘリコプターから降りて来たオチョアをミラーは仕留めるが、敵と乱闘になっていたベケットは狙撃のチャンスを逃してしまう。銃弾の雨の中を脱出した2人だったが、暗くなったらもう一度農園へ向かうというベケットの言葉に、恐怖のあまり錯乱したミラーは、銃を乱射して弾丸を使い果たして放心状態になってしまう。そこへ武装ゲリラが現れ、ベケットが捕らえられてしまう。ベケットは最後にひとつ残った弾丸を砂の中に落としていった。恐怖に打ち勝ったミラーは砂の中から弾丸を拾いあげ、闇にまぎれて再び農園に潜入した。アルバレス将軍と、拷問を受けるベケットの姿を見つけたミラーは、自分の方向からは2人の体が重なり合うため、アルバレスを撃つことができない。しかし彼は慎重かつ大胆な判断で2人の体が離れた瞬間アルバレスを射殺した。そしてミラーは、無事ベケットを助け出し、農園から脱出するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

1.0公園みたいなジャングル、過酷な中で白目白く爽やか

2019年5月13日
PCから投稿

下草がきれいに刈られていて、とても散策するのが快適そうなジャングル。
綺麗な草原で匍匐前進。
とてもぬるい拷問。
実戦経験のない、元警官の射撃メダリストの男を重要任務に着かせる愚かさ。
それが、数日でランボーみたいな男になる。
荒唐無稽にしても、もう少し味のある展開にならんかな。
青臭いこと言いながら何も出来ない男が、百戦錬磨の働きをするような転換となる出来事が皆無だ。

役者は確かに存在感があるが、ただそれだけ。
リアリティのかけらもない三文映画であります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

2.0B級映画の懐かしさ

2019年5月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

なんか小学校の時の木曜洋画劇場を観ていた頃を思い出します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぽじのふ

1.5血生臭くて泥臭くて男臭い

光陽さん
2018年11月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

とにかく血生臭くて泥臭くて男臭い映画です。
これは好き嫌いわかれるだろうな~。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
光陽

3.5公開当時は物凄く印象深かった記憶

2018年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、CS/BS/ケーブル

ギリースーツやスナイパーが海兵隊の中でも孤立した存在、など知らない事ばかりだったからか。
改めて見るとトーマスベケット上級曹長がいうほど活躍してない(後半は特にミラーの独壇場)し、時代を感じさせる発砲した弾丸の見える化演出が頻繁に出てくる。
原題や邦題のようなスナイパーどうこうというより立場や境遇の違う2人のバディムービーの色合いが強い。
当時はパナマ含めアメリカが中米諸国に合法非合法問わず侵攻していたイメージ

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「山猫は眠らない」シリーズ関連作品