劇場公開日 1970年12月19日

「トリュフォーの告白映画」野性の少年 Gustav (グスタフ)さんの映画レビュー(感想・評価)

3.61
0%
87%
13%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0トリュフォーの告白映画

Gustavさん
2020年5月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、TV地上波

「トリュフォーの思春期」を観れば、子供たちに注ぐ作家の視点がいかに愛情深く無垢であるか分かるだろう。デビュー作「大人は判ってくれない」でも、人形劇に夢中な子供たちのシーンが素晴らしかった。そんなトリュフォー監督の自作自演の「野性の少年」は地味な存在で、あまり話題にならない。自身の恵まれなかった子供時代への回顧と後悔、また幼少期に捧げる大人の責任など、”アヴェロンの野生児”を題材にその葛藤を自己表現している。トリュフォー監督の物静かな願いが込められ、18世紀末の時代色を出したモノクロ映像が普遍的なテーマとして浮かび上がる。アーサー・ペンの「奇跡の人」と併せて鑑賞したい映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav
「野性の少年」のレビューを書く 「野性の少年」のレビュー一覧へ(全1件)
「野性の少年」の作品トップへ