めぐり逢い(1957)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「善人サム」のレオ・マッケリーが久々に登場、ミルドレッド・クラムと組んでオリジナル・ストーリーを共作、脚色、監督もした哀愁メロドラマ。脚色には「襲われた幌馬車」の監督デルマー・デイヴスが加わっている。撮影監督は「島の女」のミルトン・クラスナー、音楽も同じく「島の女」のヒューゴー・フリードホーファー、指揮は「女はそれを我慢できない」のライオネル・ニューマンが担当した。主演は「お茶と同情」のデボラ・カー、「誇りと情熱」のケーリー・グラント。リチャード・デニング、ネヴァ・パターソンが助演する。

1957年製作/119分/アメリカ
原題:An Affair to Remember
配給:20世紀フォックス

ストーリー

ニューヨーク航路の豪華船コンスティテュウション号の美しき船客テリイ(デボラ・カー)は、置き忘れたシンガレット・ケースが縁でニッキイ(ケイリイ・グランド)と知りあった。2人は一緒に食事をするほどの仲になったが、共に言い交した人のある身で、船内のゴシップになるのをさけて、別行動をとらねばならなかった。船がナポリに着いたとき、ニッキイはテリイを誘って彼の祖母の家をたずね忘れ難い旅情に1日をすごした。ここでテリイはニッキイが才能のある画家であることを知った。長い線路も2人には短かった。別れの曲に思い出深い1夜を、ニューヨーク港の船内ですごし、6ヵ月後の再会を約して2人は別れた。その時こそ2人の愛が真実であることを認められるのであろうと信じて……。やがて誓いの宵が来た。ナイトクラブに出演して成功したテリイは、約束の場所に急ぐ途中、走ってきた車にはねられて重傷を負ってしまった。それとは知らぬニッキイはそぼ降る雨にぬれながら、夜おそくまで待っていた。何ヵ月たったある日、ニッキイは画商から自動車事故で不具になった女性が、彼の描いたテリイの肖像画を欲しがっているが、金が無くて買えないという話をきき、今はすべてをあきらめて、その絵をその女性に贈った。その後とある劇場でニッキイは車椅子に乗ったテリイにあったが、昔と違う彼女に気づかずに別れてしまった。クリスマスの日、あの不幸な女性への贈物にと、ニッキイは祖母のショールをもって彼女をおとずれ、部屋にあの絵があるのをみて、総てを知った。ニッキイは変わり果てた、涙にうるむテリイをしっかり抱くのであった。外には真白な雪が音もなく降りつづいていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

5.0予備知識なく観るべき!

見聞さん
2019年7月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
見聞

4.5前半は軽妙だが話が進むにつれ深みがあるストーリーへと展開していく。...

2017年4月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

前半は軽妙だが話が進むにつれ深みがあるストーリーへと展開していく。心に響く素晴らしい作品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

4.0流石にラブコメの古典だけある

2015年4月8日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悔しいラストで泣かされた(p_-)

さすがにラブコメの名作と言われているのが分かった。

今の時代だと単なる身勝手な二人の話じやないかと言われそうだけど…。
とにかく音楽の上手な使い方や叔母が昔を懐かしむシーンでの感情の盛り上がり等素晴らしい演出力だった。
まさに古典と呼ぶに相応しい作品だと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン

3.5純愛

Cape Godさん
2013年3月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

幸せ

総合:70点
ストーリー: 75
キャスト: 70
演出: 70
ビジュアル: 60
音楽: 65

 純愛。働かなくても豪勢な暮らしを堪能してきたケーリー・グラント演じるプレイボーイがいる。金持ちに言い寄られて結婚したデボラ・カー演じるしがない元クラブ歌手の女がいる。どちらもそのような相手がいなければ今までのようないい暮らしは出来なくなる。それでも二人は愛のためにその相手との交際を断り、働いたことがない男は看板の絵描きまでしながら日銭を稼ぎ、女は故郷に帰ってクラブ歌手を再開する。言葉だけでない、二人の愛のために本当に行動で示すところが覚悟の確かさを物語る。例え約束のときにビルの展望台で二人は会えなくて二人がうまくいかないと思ったときですら、彼らは元の金持ちに頼ろうともしない。一人で生きていこうとすることで、本気の愛を視聴者にも納得させる。カーの部屋を訪ねたグラントだが、お互いに思惑と事情があって本当のことを言えないじれったさも純愛ゆえであるだろう。
 その絵描きのグラントに惚れている大金持ちの婚約者がいる。そのクラブ歌手のカーに惚れている金持ちの夫もいる。グラントとカーはすでに愛し合っていることを知り、それぞれ幸せな結婚生活を夢見ていたのに裏切られ、それでもなおこの二人の金持ちも相手を諦められない。何とか支援を申し込んだり振り向いてくれるときを待ち続ける。グラントとカーの陰に隠れていても、彼らも実は純愛である。

 この時代はジェット機も飛んでなくて、海外ロケも簡単ではなかったろう。しかしフランスの祖母の家はすぐにセットとわかる出来の悪さで、南フランスの雰囲気が全然出ていない。プレイボーイの本心を覗ける祖母との出会いの重要な場面なので残念である。船内の場面も船ではなくセットというのがわかる。それに外国の街並みや海の背景を合成しているのが何とも安っぽい。そのあたりの質が低いのがどうも気になるが、古い映画だけあってやむをえないだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「めぐり逢い(1957)」以外にこんな作品をCheck-inしています。