ムンク 愛のレクイエム

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

19世紀後半に活躍した、表現主義者の創始者的存在であるエドワルド・ムンク。その彼が残した日記をもとに、悲劇の画家の半生をドキュメンタリー・タッチでつづる。監督は、テレビや映画で数々のドキュメンタリーを手がけたピーター・ワトキンス。

1976年製作/ノルウェー・スウェーデン合作
原題:Edvard Munch
配給:巴里映画

ストーリー

ムンク(ゲイル・ウエストビー)は病弱な少年時代を過ごし、幼少からエキセントリックな感情を育んでいった。画家になった青年ムンクは、ハイベルク夫人(グロ・クロース)と恋におち、彼の作風に大きな影響を受ける。また、ヨーロッパに渡って浮き沈みの激しい芸術活動を重ね、写実主義から表現主義へと移り変わる時代の流れの中でひときわ冷たい輝きを放ち、世紀末芸術運動の中心へと押し上げられていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く