マチネー 土曜の午後はキッスで始まる

劇場公開日

19%
62%
19%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1962年のアメリカ、フロリダ州キーウェストを舞台に、土曜日の午後の映画館で巻き起こる騒動を描くパニック・コメディ。監督は「グレムリン2 新・種・誕・生」のジョー・ダンテ。劇中に登場するB級ホラー映画「MANT」も、約20分の独立した作品としてダンテが35ミリフィルムで撮影した。製作は「メイフィールドの怪人たち」のマイケル・フィネル。脚本は「テックス」のチャールズ・S・ハース。撮影は「ジャイアント・ベビー」のジョン・ホラ。音楽は「わんぱくデニス」のジェリー・ゴールドスミスが担当。出演は「バートン・フィンク」のジョン・グットマン、「パワー・オブ・ワン」のサイモン・フェントン、「ダイナウォーズ 恐竜王国への大冒険」のオムリ・カッツ、「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のケリー・マーティン、「マンボ・キングス わが心のマリア」のキャシー・モリアーティ、「ランブリング・ローズ」のリサ・ジャクブなど。

1993年製作/99分/アメリカ
原題:Matinee
配給:松竹富士

ストーリー

1962年、フロリダ州キーウェスト。海軍に勤務する父の転勤でこの町に越して来た14歳のジーン(サイモン・フェントン)は、今日も弟のデニス(ジェシ・リー)と映画館通い。毎年のように転校を繰り返す彼には友達ができにくく、そんなジーンはB級映画の天才映画作家ウールジー(ジョン・グッドマン)の作品を愛するホラー映画ファン。次の土曜日の午後には、半分蟻と化した男が主人公のウールジーの新作「MANT」が公開される。その頃、ソ連がキューバに核兵器を配置しようとしていることが発覚し、アメリカは海上封鎖に出て、キーウェストの市民は動揺し、不安な日々を送っていた。ジーンの父が海上封鎖の勤務についていることがクラスメイトに知れわたり、ジーンはたちまちヒーロー扱いされ、スタン(オムリ・カッツ)や、サンドラ(リサ・ジャクブ)といった友達ができた。一方「MANT」公開の成功にウールジーは期するものがあった。彼は映画館の前で、仲間のボブ(ジョン・セイルズ)らを使ってヤラセの宣伝を展開するが、ボブがウールジーの映画に出ていた役者だとジーンに見破られてしまう。ジーンはそのことをバラさないかわりに、ATOMOと名づけられた劇場を揺らす特殊効果の仕掛けを見せてもらう。いよいよ土曜日のマチネーの時が来た。弟を連れたジーンやサンドラも来ている。ついに映画が始まり、子供たちの目はスクリーンに釘付けだ。スタンはお目当てのシェリー(ケリー・マーティン)と良いムードに。しかし、そこに蟻人間の縫いぐるみを着たシェリーの前のボーイフレンド、ハーヴェイ(ジェームズ・ビルマイヤー)が登場した。彼は2人がキスするのを見てスタンとシェリーを追い回し、ジーンとサンドラがまたそれを追う。4人が駆けこんだのは地下の核シェルターだった。だがその時、突然扉が閉まり、ジーンとサンドラだけが中に閉じこめられてしまう。場内では、ATOMOの特殊効果に興奮した子供たちが大騒ぎ。すると突然スクリーンが爆音と共に火を吹き、巨大なきのこ雲が見えた。実は映画館の2階がつぶれただけだったのだが、ジーンとサンドラは核戦争が起きたと思い、2人は抱き合うが、ウールジーの手でシェルターは簡単に開けられ、助けられる。やがて騒ぎは鎮まり、ジーンとサンドラは晴れてカップルとなり、ウールジーはそんな2人を見送るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

3.0映画が娯楽の中心だった

2020年1月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

キューバ危機で世界が核戦争に怯えていた時期、フロリダの映画館では新作のホラー映画が監督(ジョン・グットマン)を迎えて上映されようとしていた。
映画館は大入り満員で、子供たちは大騒ぎ・・・。
懐かしい時代だ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0子供は子供から学ぶ 映画は自由 大人たって先がわからず悩んで生きて...

NORIDARさん
2019年12月8日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NORIDAR

4.0奇想天外なシナリオが魅力

2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

不意を突かれるような奇想天外なシナリオが魅力の映画。
映画館の中だけでパニックを仕込むという荒技。いちいちつっこんでいるとキリがない。

戦争とか海軍のパパとかちょっとシリアスな展開もあるのかと思ったらそうではない。ところが、デートの約束とか恋敵とか細かい伏線はちゃんと回収していくという笑

で、どうも映画監督が二枚目的な役回りなのがウケる。どうみても、金の亡者キャラだったのだが。
映画館でポップコーンが飛び交うあの感じも楽しい。何かとおもしろい驚きのある映画でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

4.0ジョー・ダンテの描く映画館はいつも荒れてる

shotgunさん
2019年7月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

借金を抱え後のない映画監督のウールジーは、今までにない体験型の映画の公開に全てをかけていて…。
キューバ危機を背景に体験型の映画が巻き起こす騒動やら若者の恋愛模様やらが破茶滅茶に描かれていて面白く、登場人物の魅力たっぷりな秀作でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」以外にこんな作品をCheck-inしています。