炎のマリア

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ブルガリアがオスマン・トルコの圧政下におかれた17世紀後半、ロードヘ山脈にくりひろげられる復讐と悲劇。72年第18回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭・審査員特別賞受賞作品。監督はこれが遺作のメトーディ・アンドーノフ、脚本・原作はニコライ・ハイトフ、撮影はディーモ・コラロフ、美術はコンスタンチン・ジドロフ、音楽はシメオン・ピロンコフが各々担当。出演はカーチャ・パスカレーワ、アントン・ゴルチェフ、ミレン・ペネフなど。

1972年製作/ブルガリア
原題:Koziat Rog
配給:三陽商事

ストーリー

イワン(アントン・ゴルチェフ)は美しい妻と可愛らしい娘と幸せに暮らしていたが、ある日彼の留守中に、妻は四人のトルコ人に殺される。九年後、イワンは四人の殺人者に復讐するため、娘マリア(カーチャ・パスカレーワ)を男として育て、格闘の訓練をほどこす。村の祭りの日、イワンは殺人者の一人を連れ出し、「山羊の角」で一突きのもとに殺した。次に狙われた男は、マリアが銃に細工したとも知らずに引金をひき、銃は暴発して死んでしまう。マリアは父に命じられるまま生きていたが、何故か虚しかった。羊飼いの若者と出会ったある日、彼女は女として初めて目覚める。三番目の男を父の命令でいやいや射殺したものの、男の恋人の絶叫から逃げるように、マリアは羊飼いの若者の元へ走っていくのだった。イワンは、マリアがこんな事では復讐出来ぬと知り、若者を殺してしまった。翌日、マリアは若者の家を訪れるが、そこには無残な死体が一つ。彼女は家に火をつけ死のうと決意した。紅蓮の炎が家を包み、イワンが駆けつけた時にはマリアは既に息絶えていた。そして、山にはイワンの号泣がこだまするだけだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く