冬のライオン

劇場公開日

0%
25%
62%
13%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ヘンリー2世一族の複雑な家族関係を通して人間の権力欲、色あせた恋、陰謀などを描いた、舞台劇の映画化。監督は、これが監督第2作目のアンソニー・ハーヴェイ。自らの舞台劇を脚色したのはジェームズ・ゴールドマン、撮影はダグラス・スローカム、音楽は「華やかな情事」のジョン・バリー、編集はジョン・ブルームがそれぞれ担当。製作はマーティン・ポール、製作指揮はジョセフ・E・レビンが当っている。出演は、「チップス先生さようなら」のピーター・オトゥール、「招かれざる客」のキャサリン・ヘップバーンの二大スターのほかに、ジェーン・メロウ、ジョン・キャッスル、ティモシー・ダルトン、アンソニー・ホプキンズ、ナイジェル・テリー、「将軍たちの夜」のナイジェル・ストックなど。カラー、パナビジョン。1968年作品。

1968年製作/アメリカ
原題:The Lion in Winter
配給:アブコ・エンバシー

ストーリー

1183年のクリスマスも近い日。後継者問題で落着かぬ日々を送っているイギリス国王ヘンリー2 世(ピーター・オトゥール)は、忠臣マーシャル(ナイジェル・ストック)に命じ、例年のごとく一族--幽閉の身の王妃アキテーヌのエレナー(キャサリン・ヘップバーン)、長子リチャード(アンソニー・ホプキンズ)、次男ジェフリー(ジョン・キャッスル)、末子ジョン(ナイジェル・テリー)--を集めさせた。それぞれの野望に燃えるこの4人に加えて今年は、フランス国王フィリップ(ティモシー・ダルトン)とその姉で、王の愛人であるアレース(ジェーン・メロウ)が加わっていた。全員が集まるやいなや、ジョンを溺愛するヘンリーと、リチャードを嫡子であると主張するエレナーは口先の言葉にかくして互いの憎しみをぶつけあった。また、ジェフリーとフィリップはこの葛藤を利用して、漁夫の利を狙うべく、ひかえていた。そしてこの一族の有様に心悩ますアレースをよそに、王室一族の策謀はめまぐるしく変転。リチャードに愛情を押し売りし、それを盾にアキテーヌの領地返還をヘンリーに迫るエレナー。フィリップと組んで、王と王妃の排撃を計るジェフリーは、ジョンをも仲間に誘い込んでしまった。この茶番劇に失望したアレースは、皆をはげしくののしるが、そんな言葉が、ますます内紛に油をそそぐことになってしまった。問題解決の鍵を、フィリップとの同盟に求めたエレナーは、リチャードを彼の部屋に行かせた。政治家としての術策にたけるフィリップは、先にやって来ていたジェフリーとジョンをカーテンの陰にかくし、リチャードの背徳を二人に示した。そこへ現れたヘンリーは、フィリップの底意を知って、これをなじった。だが逆にフィリップは、リチャードの堕落ぶり、ジェフリーの裏切り、ジョンの不実をことごとく王の眼前に並べたてた。傷心の王は冬の冷気につつまれた屋上に出て、孤独をかみしめ、やがて、3人の息子を地下牢に閉じ込めてしまった。そして、求婚したアレースの求めで、ヘンリーは3人の息子を処刑するため、自ら地下牢へ入っていった。そこには、3人の息子の他に、危機を知って短剣をしのばせ3人を助けに来たエレナーがいた。剣を手にして向い合った親子。ヘンリーはリチャードを斬ろうと剣をふりかぶる。だが、ついにわが子を斬ることはできない。くず折れるヘンリーを残し、3人の息子はそれぞれの領地へもどって行った。そして、宮廷のクリスマスは終った。アレースが去り、再びソールズベリー塔に幽閉されるエレナーも、ヘンリーと、2人の奇妙な愛のかたちを確かめ合いながら。去っていった。あとには人生の冬を迎えたヘンリーが、ほえることを忘れたライオンのように、ひとり川辺にたたずんでいるのみであった。川面をそよ風が渡っていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第41回 アカデミー賞(1969年)

受賞

女優賞 キャサリン・ヘプバーン
脚色賞 ジェームズ・ゴールドマン
作曲賞(ミュージカルを除く) ジョン・バリー

ノミネート

作品賞  
監督賞 アンソニー・ハーベイ
男優賞 ピーター・オトゥール
衣装デザイン賞 マーガレット・ファース

第26回 ゴールデングローブ賞(1969年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) ピーター・オトゥール

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) キャサリン・ヘプバーン
最優秀助演女優賞 ジェーン・メロウ
最優秀監督賞 アンソニー・ハーベイ
最優秀脚本賞 ジェームズ・ゴールドマン
最優秀作曲賞 ジョン・バリー
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5観終わって残る印象は、「バージニアウルフなんか怖くない」と似たものがあります

あき240さん
2020年12月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

もともとブロードウェイの演劇
それを映画にしたもの
だからかなり舞台劇ぽいです
しかしセットや野外ロケは映画らしくなっています
時は1183年のクリスマス
場所はフランスはパリの南西250キロのシノン城
お話はプランタジネット朝イングランド王国の初代国王ヘンリー2世とその王妃エレノアが、二人の3人の王子、愛妾アレース、フランス王フィリップを駒にして繰り広げるチェスのような権謀術数、裏の裏の裏を読みあう物語

当時のイングランドはヘンリー2世によって、イングランドのみならず、アイルランドの一部、そしてピレネー山脈に至る南フランスに広大な領土を獲得しており、後世に「アンジュー帝国」と呼ばれる時代

そう言った歴史を頭に入れてみると、興味を維持できると思います

これからどうなるのか?、三人の王子の誰が王位を継ぐのか?
それはまた歴史の本を読み返す楽しみにしましょう

本作はその歴史を背景に、ヘンリー2世と王妃エレノアとの夫婦の物語です
観終わって残る印象は、「バージニアウルフなんか怖くない」と似たものがあります

ピーター・オトゥールは、アラビアのロレンスやおしゃれ泥棒の時のようなスマートさはなく、正にヘンリー2世の姿として伝えられる猪首、大腹の姿になっています
熱演です

そしてエレノア王妃のキャサリン・ヘプバーンが彼に負けない名演技を見せて、正に名演合戦と化します

夫婦のなれの果て、行き着く先はこれかと、これから結婚しようという若い人には夢も希望もないテーマですが、結婚も長くなった方ならリアリティがありすぎて、身につまされることでしょう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

4.0エレノア

2020年11月2日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jarinkochie

3.0俳優たちの迫力

2016年8月5日
Androidアプリから投稿

歴史の一幕と意識してみるのも面白い。
俳優の、どの人をとっても見事なセリフと表情に圧倒される。
ただ、英語のライムや、言い回しの妙がわからないのが、悲しいかな、この映画の良さをわかりきれないところ。元来、日本語でも言葉遊びはあまり味わえないので、母語だったとしても堪能できたかは、疑問だけど。

それと、当時の宮殿や王の居室などが、どこまで歴史考証されているのかわからないが、素朴で、興味深くみた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マッターホルン

2.5科白の洪水で動きのない舞台劇

Cape Godさん
2013年11月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

総合50点 ( ストーリー:60点|キャスト:70点|演出:40点|ビジュアル:60点|音楽:70点 )

 一つの城の中で王家の一家がその他少数と王位や領土や権力をひたすら言い争う話で、映画としての動きが殆どない。調べてみると元々が舞台劇の映画化らしく、それも当然か。感情を表すのも状況を説明するのも科白を言い続けることで進む物語はまるで言葉の洪水で、台本はさぞかし分厚かったことだろう。舞台劇が好きな人にはこういうのもいいだろうが、映画としての面白みには欠ける。賞もいくつかとった作品ということだが、見どころはその後有名になった若手俳優たちと実力派女優による長科白をやたらたくさん覚えた出演者の演技力くらいで、作品自体は特に面白くもない。いくら基が舞台でも、映画化するからには映画としての良さを生かす躍動感のある演出をするべきだと思うが、そのあたりの工夫が見られない。「クレオパトラ」も似たような作品で退屈だったが、少しは映画としての見せ場も作った。本作品は最初からそのようなことをする気すらもないようだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る