劇場公開日 1992年9月23日

「原材料は愛100%」美女と野獣(1991) Ririさんの映画レビュー(感想・評価)

4.129
42%
46%
11%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0原材料は愛100%

Ririさん
2020年7月7日
iPhoneアプリから投稿

小さな頃は火曜の夜に家族でディズニー映画を観るのが日課でした。
小さいながらに野獣"に恐怖すらありましたが、
私が人に対して見た目で判断しない人格が形成されたのは、この映画で育まれたと自負してます。それくらい小さな子供にも愛が伝わる作品なんだと思います。

悲しみや楽しさ苦しさ愛しさ。
全てがこの映画で学べて心に響き刻まれる。
アニメーション映画だがそれ以上の価値がある。
世界共通といえば愛です!

大人になってから観るとまた見方も変わるから、
これからは大切な人と観たり家族ができたら必ず選ぶ作品となるでしょう☆

Peabo BrysonとCeline Dionのデュエット
今きいても痺れます。名作のサントラは重要ですね!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Riri
「美女と野獣(1991)」のレビューを書く 「美女と野獣(1991)」のレビュー一覧へ(全29件)
「美女と野獣(1991)」の作品トップへ