美女と野獣(1991)

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
美女と野獣(1991)
美女と野獣(1991)
42%
46%
11%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

野獣に姿を変えられた王子と聡明な娘ベルの愛の行方を描いたディズニーの名作アニメ映画。森の中の城で暮らすわがままな王子は、魔女によって醜い野獣に姿を変えられてしまう。魔法のバラの花びらが全て散るまでに“真実の愛”を見つけなければ、永遠に元の姿に戻れないのだという。数年後、城に閉じこもって暮らす野獣のもとに、美しく聡明な娘ベルが現れる。呪いで家財道具に姿を変えられた城の家来たちは、彼女こそ呪いを解いてくれる人物ではないかと考え快くもてなすが、野獣とベルは反発しあってばかりで……。第64回アカデミー賞でアニメ映画として初めて作品賞にノミネートされ、作曲賞と主題歌賞を受賞した。

1991年製作/84分/アメリカ
原題:Beauty and the Beast
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第64回 アカデミー賞(1992年)

受賞

作曲賞 アラン・メンケン
主題歌賞

ノミネート

作品賞  
音響賞  
主題歌賞
主題歌賞

第49回 ゴールデングローブ賞(1992年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀作曲賞 アラン・メンケン
最優秀主題歌賞

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

4.0もはや神話😌❕

2020年8月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

完璧な計算の元で作られた完璧なるエンターテーメント。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mark108hello

5.0名作

2020年7月19日
iPhoneアプリから投稿

個人的名作ディズニー映画はアラジン、美女と野獣、トイストーリー!これは絶対的に変わらない!!
実写は実写、アニメはアニメでしか表せれない華やかさ豪華さ迫力、繊細さがありますね
やっぱりディズニーって素敵だな〜って毎度思う
そんでもって音楽が本当に良過ぎるんじゃあ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
わんわんお

5.0原材料は愛100%

Ririさん
2020年7月7日
iPhoneアプリから投稿

小さな頃は火曜の夜に家族でディズニー映画を観るのが日課でした。
小さいながらに野獣"に恐怖すらありましたが、
私が人に対して見た目で判断しない人格が形成されたのは、この映画で育まれたと自負してます。それくらい小さな子供にも愛が伝わる作品なんだと思います。

悲しみや楽しさ苦しさ愛しさ。
全てがこの映画で学べて心に響き刻まれる。
アニメーション映画だがそれ以上の価値がある。
世界共通といえば愛です!

大人になってから観るとまた見方も変わるから、
これからは大切な人と観たり家族ができたら必ず選ぶ作品となるでしょう☆

Peabo BrysonとCeline Dionのデュエット
今きいても痺れます。名作のサントラは重要ですね!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Riri

4.0あの名シーンはプリンセス映画No. 1!

2020年5月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

興奮

萌える

30歳を過ぎて初鑑賞。魅せる映画でさまざまなシーンがとても印象に残りました。

驚いたのが、野獣(と狼)がなかなか本気で怖い…。野獣の言動に本気で驚いて、中身も野獣だけど大丈夫?と思いました。
でも、ベルの愛の力で優しさを知っていって…という展開で、私世代の女性はこんな風に非現実を叶えられると思い込んでしまったような気がする…とつい思ってしまいました。

冒頭でベルが美女!美女!と騒がれてて、昔は美女絶賛主義の価値観が強かったな、と。今のディズニープリンセスはそばかすや白人以外だったり、どんな女性でも美しいと描かれてて、いい時代になったなと思いました。

家財道具に変えられた家来たちが個性豊かでかわいい!
魔法の時間が迫ってる中で、必死じゃないところもおもしろくてほんわかした気分で観れました。

なんと言っても、ふたりのダンスシーンは素敵過ぎて!
一瞬でど真ん中を射抜かれた気分です。音楽も素敵で、ずっとこの気分に浸っていたい。

昔の価値観に不満はあるものの、家来たちと美女と野獣のダンスシーンがかなり高得点!今も大人気なのは納得。
野獣が人間に戻った後のふたりの様子をもう少し観たかったな。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
りりまる
すべての映画レビューを見る(全29件)