「演じる理由」パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー よしたださんの映画レビュー(感想・評価)

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー

劇場公開日 1999年3月20日
全23件中、10件目を表示
  •  
映画レビューを書く

演じる理由

 こうしたいくつもの、心に闇を抱えた役を演じたのち、自ら命を断ったロビン・ウィリアムス。
 彼の押しの強い演技が苦手だったので、生前は彼の出演作を観ることは稀だった。ほとんど意識的に避けていたと言ったほうが正確である。
 いま、映画の中の彼を見ていると、一体どんな思いで演じていたのかと思う。
 自身が役の苦しみを知っているからこその、あの演技だったのか。それとも、俳優の抱える苦しみはもっと強かったのか。
 もしかしたら、役になりきっている間は、そうした自分自身の苦しみを忘れることができるということが、彼が俳優という仕事を選んだ理由だったのかも知れない。

よしただ
さん / 2017年5月1日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報