ニューヨーク東8番街の奇跡のレビュー・感想・評価

ニューヨーク東8番街の奇跡

劇場公開日 1987年12月25日
4件を表示 映画レビューを書く

当時も

今観ても、やはりつまらん・・・

REpower
REpowerさん / 2016年3月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  幸せ 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館、VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

消化不良

製作総指揮スピルバーグのSFファンタジー
地上げ屋に抵抗する老人達とUFO型宇宙人の
話です

80年代の作品なので今の映画と比べ展開がゆったりしています
食堂の手伝いをする宇宙人がかわいいです

アパートの住民が死んでしまった宇宙人の
子供を生き返らせるシーンや放火を指示した
人たちに何の罰も無いところなど微妙に スッキリとしない作品だなと思いました

karakorum2
karakorum2さん / 2014年12月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

80点 知性と生命をもったハードウェア

(2013/1/21)

小学生の頃か、
  この作品にすごく感動した記憶。

現在みても胸が温まるまでいかないが、
                楽しい。

 優秀な可愛い三男△

2013年2月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛情という電池

「生命の美しさ」をテーマにファンタジーの域をこえる名作

「ファンタジー」と聞くと、現実ではありえず子供たちに夢を与えるようなイメージがあるが
このファンタジー映画はもはやファンタジーをこえスピルバーグからのメッセージカードのような映画だ。
犬や猫を使って、"愛情が生命に息を吹き込む"そういった映画にしてもいいのかもしれない。
が、ここで使われたのはUFOだ。しかも自分の意思があり生活をするのだ。一見UFOと共に過ごすファンタジーだが、愛情という大きな要素で映画がどんどん展開されていく。矛盾しながらもファンタジーで不思議な感覚にはならず、むしろ人を納得させるのだ。
これだからスタッフも今となっては大物になっていくのだと思う。

トーレス
トーレスさん / 2011年5月23日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi